鳩山首相の突然の辞任、菅新首相の選出など政局がめまぐるしく動く中、今夏に迫ってきた参院選用の選挙ポスター掲示板の製造がピークを迎えている。

 「シナノスクリーン工芸」(長野県千曲市)では、予想されていた最短の投票日「7月11日」の日付が入った掲示板2万6000枚の製造を急ピッチで進めていた。今国会の会期延長によるずれ込みにも備え、「11日」の文字の上から張る「25日」のシールも準備している。

 同社の山口和紀会長(70)は「有力視されていた7月11日に合わせて5月の連休明けから準備してきたが、鳩山首相辞任のニュースを聞いた瞬間に日程のずれ込みが頭に浮かんで対応を急いだ。早く日程を確定してほしい」と話している。

4日、首相指名の本会議(時事通信)
「嵐」の二宮さんが人身事故 東京・目黒の交差点(産経新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
本社・FNN合同世論調査 「菅新首相に期待」57% (産経新聞)
AD