一人でガンバる女性起業家・独立したいキャリア女性のための「文章で叶える集客とブランディング」

今のあなたで満足ですか?サクッとブレイクスルーしませんか?
楽しみながら仕事して、人生のステージをアップさせましょう。

女性はもっと自由にのびやかに生きよう
こんにちは。ブログへの訪問ありがとうございます。

このブログは外資系企業に25年勤めた後独立した女性が、プライベートを大切にしながら、ビジネスも飛躍させたい女性を、キレよく誠実にサポートするブログです。

【無料冊子】自由に生きながらビジネスを飛躍させたい女性起業家のための価値の伝え方・心のあり方100リスト

【満員御礼→増席しました!残席1名!10/14開催
会う前に申し込みたくなる高額メニューの書き方セミナー


10月分受付開始・先着5名→残3・未来のための戦略づくり・ブリリアントセッション


テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

最近買ったニューバランス、グレーがかったネイビーとワンポイントのカーキに近いゴールドがツボです^^

 

 

 

(ニューバランスは、これで4代目。先代のグレーも、すっごく愛用して、かなりくたびれてきました^^)

 

セッションにもよく履いていってるんです。

 

ネイビーやグレー、シルバー、クールピンク、といったウィンター、サマーカラーが、私のパーソナルカラー。

 

身につけているととっても気分が上がりますラブ

(それ以上に、ニューバランスの履き心地が最高なんですけどね)

 

物事にはこだわった方が良いことと、こだわらない方が良いことがあるなって思います。

 

何が正解か不正解ということではなくて、そのこだわりが、その人の価値観や人生で大切にすることの優先順位につながっているかなって。

こだわり、っていうとピンとこなかったら、まずは、あなたがご機嫌になれるもの・場所から思い浮かべてみてはどうでしょう?

 

仕事で迷うことがあったら、そのご機嫌な感覚になれる方向を選んでみるのも一つの方法です。

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

起業して懸命に駆け抜けて、そこそこ売れたけど、この先の自分が描けない。

 

経験を重ねたからこそ見えてくる新しく方向性があるけど、迷う。

 

まあ、仕事をしているといろんなシーンを迎えます。

 

いつも迷わない人なんていないですからね。

 

私は、ここは節目だなと思うとき、何か啓示がきているかなと思うとき、将来のあり方・プランを考えたいな、というとき、必ずお会いする方がいます。

 

それが、運勢行動学 鑑定士の片野由美子さん 算命学とプロセス構築法を使いながら、人生の好機の活かし方などをアドバイスしてくれます。

 

    (ちょっとアップになりすぎちゃったかな)

 

 

先日も、1〜3年後にこんなふうにしたい!というのが徐々に固まってきたので、ベストなタイミングやすすめかたについて、鑑定していただきました。

 

実は、由美子さんとは、2010年にNLPの講座を受けに行ったときからのお友達。

 

当時から、心理学、ビジネスコンサル、パーソナルカラーと多才。その頃は、まだこのお仕事はされていなかったのですが、その後、4年かけてこの道を極めたことを知り、みていただくようになりました(本物です)。

 

鑑定は、アクセルと踏むといい時期、充電する方がいい時期、特性、生まれ持っていることなど、はっきりとわかりやすく教えてくれます。

 

いい時も悪い時も、人は自然の一部、こだわりすぎず、抗わず、好機は活かす。そんな感覚で、自信を持って前に進ませてくれる。そんな方です。

 

あなたも人生の好機を知りたかったから、鑑定オススメですよ。

 

そして、そんな好機を最大に活かすなら、なりたい未来へたどり着くための戦略が必須かも^^↓

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

多少はゆとりをもってスケジュールを決めているつもりなのに、いつも忙しい。

 

忙しいのは嬉しいけど、結構疲れ気味。どうしたらいいんでしょう?

 

                (こんな空間で仕事したらはかどりそうですね^^)

 

 

そんな頑張り屋の女性起業家さん、お疲れさまです!

 

やることを忘れないようにTO DOをピックアップして、毎日こなす(それはもちろん大事。私もやっています^^)。

 

多少は、ゆとりをもってスケジュールしている。

 

なのに、なぜか行き詰まる。

 

なぜ、でしょうね?

 

 

私が会社員時代からやっていることで、忙しい!と悲鳴を上げているクライアントさんにもお伝えしているのは・・・

 

「かかる(処理)時間を把握する」

 

ということ。

 

・資料を作る時間

 

・告知を書く時間

 

・移動時間

 

・調べものをする時間

 

・支度の時間

 

などなど。

 

あなたは、セッションやセミナーのような時間が拘束される予定以外に、実際の作業にかかる時間を把握していますか?

 

あなたの仕事をもう少し細かく分類して、それにかかる時間を知る。

  ↓

それを考慮して、スケジュールを組む。

 

こうすると、本当にゆとりの時間が生まれます。

 

そして、自分がどんなペースで仕事をするといいのか? 限界のレベルは?というのがつかめてきます。

 

明日、途中で○○分空くなら、△△の仕事をするとちょうどいいな、ということもできるようになって、時間もより上手に使えますよ。

 

そんな、賢く、気持ち良く働きながら、売り上げアップ!の女性起業家のための100のヒントを冊子にまとめています↓

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

最近、お客様からいただきものが続きました♡

 

 

 

私のために立ち寄っていただいたその気持ちが本当嬉しいです。

 

さて、さて、

 

ブログやメルマガ、書こうとすると時間がかかってしまって。

 

この悩み、後を絶ちません・・・。

 

このブログでも、時間がかからないプロセス(段取り)は何回か紹介していますが、今回は、「書きたいことはあるけど、時間がかかる」についてです。

 

 

「あっ、でも、その前にプロセスもカンタンに触れておきましょうか」

 

1)お客様の悩みや願望、それにあなたが言ってあげられることをリストアップしておく。(ネタが無い時用)

 

2)何を書くかは、PCに向かう前に決めておく。仕事に行く電車の中、カフェでお茶している時、お風呂の中、など。

3)PCに向かう時は、何を書くか決まってから。

 

4)書こうかどうしようかと迷うのではなく、時間を決めてとにかくその時間は、何も考えずに無理やり書き出してみる。

 

 

で、今回のメイン、「書きたいことはあるんだけど、時間がかかってしまう」

 

このパターンは、書こうとしていることが多すぎることが多いです。

 

ご本人にとっては、1つのことなのですが、実際にはいろんな要素が含まれている。

 

だから、いざ書こうとするとまとまらない。

 

なので、「書きたいことはあるんだけど、時間がかかってしまう」という方は、こんなふうに考えてみてください。

 

「一言で言えば、何を伝えたいのか」

 

一言では無理。いくつも出てくる。

 

と思ったら、やはり一つに盛り込もうとしすぎなんです。

 

そこで思い浮かんだいくつかのこと、それ1つずつをテーマにして書くことができますよ。(一気にネタが増えますね、ラッキーでしょ)

 

 

このとおりに書いただけで、お申し込みが3倍になった方も!
【無料メール講座「セミナーにお客様が集まる告知の書き方5つのコツ」】


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

あっという前に満員→増席して受付中の「会う前に申し込みたくなる高額メニュー記事の書き方」セミナー。

 

9日前に募集をスタートしたのですが、昨日満員になってしまい、早々にキャンセル待ちの方をしていただく方も。

 

10/14のセミナーまでまだ日があり申し訳ないので、セミナールームを変更。増員することにしました。

 

あと、3人お受けできますので、迷っている方は、お早めに!

 

 

 

セミナーまでまだ1ヶ月近くあるうちに満員。

 

これ、セミナーを開催している方はよくわかると思いますが、すごく気がラクですよね。

 

もう1つのメリットは、次のセミナーやイベント、体験セッションなど、別の集客にスムーズにうつれること。

 

これが結構大事です。メルマガなどで告知をするときは、リンクがいろいろあると、結局どこも見てもらえない。ということも、起きます。

 

1つに集中して告知できるとやっぱり見てもらいやすいのです。

 

では、どうやったら、告知して、メルマガで2〜3回お知らせすると、セミナーを満員にできるのか?

 

ポイントはこんな感じ。

 

・お客様の悩みのシーンからスタート

 

・お客様がそうなりたい未来を見せる

 

・お客様が申し込もうか悩むときに浮かぶ不安をなくす

 

・あなたが言いたいことではなく、お客様にとっての価値を伝える

 

・気になって惹きつけられてしまうタイトル

 

知っている方も多いですよね。「それなら知っている、わかっているけど、できない。だから困っているのに」って。

 

そんな方は、こちらの無料メール講座「セミナーにお客様が集まる告知の書き方5つのコツ」をご覧になってみてください。

 

ここで挙げたことを、わかりやすーく丁寧に、具体的にお伝えしていますよ。

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)