一人でガンバる女性起業家・独立したいキャリア女性のための「文章で叶える集客とブランディング」

今のあなたで満足ですか?サクッとブレイクスルーしませんか?
楽しみながら仕事して、人生のステージをアップさせましょう。

女性はもっと自由にのびやかに生きよう
こんにちは。ブログへの訪問ありがとうございます。

このブログは外資系企業に25年勤めた後独立した女性が、プライベートを大切にしながら、ビジネスも飛躍させたい女性を、キレよく誠実にサポートするブログです。

【無料冊子】自由に生きながらビジネスを飛躍させたい女性起業家のための価値の伝え方・心のあり方100リスト


8月分あとお一人!未来のための戦略づくり・ブリリアントセッション

NEW !
テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

 

毎日、大忙しの女性の起業家のあなた、お疲れさまです!

 

忙しいと言っても、その割には売り上げが上がっていない・・・。

 

なので、この先もうまくいくのか不安。

 

でもこれ以上をお客様を増やすのも難しいし・・・。

 

自由になるために独立したはずなのに、こんなに毎日いっぱい、いっぱいなんて・・。

 

 

 

 

それ、あなたのビジネスが次のステップに差し掛かっているサインです!

 

今の延長線上でガンバっていたら、きっとあなたは行き詰まってしまいます。

 

そんなのイヤですよね?

 

 

 

そんなときは、売り上げを上げようとするのをやめましょう。

 

えっ?お客様をとらなくするの?

 

いえいえ、そうではないんです。

 

売り上げを上げようとすると、あなたはもっと働こうとしちゃいますよね。

 

そうしないために、

 

あなたの単価を上げるのです!!

 

 

単価が上がれば、時給が上がりますよね。

 

そうすれば、働いている時間は増やさなくても、売り上げは上がっていきます。

 

最高でしょ?

 

あなたにピッタリな単価の上げ方、考えみてくださいね。

 

難しいな、どうしようかなと思う方は、こちらをご覧になってみてくださいね。

 

理想の未来への道筋を見つけながら、一緒に考えていきますよ。

 

 

 

 

 

このとおりに書いただけで、お申し込みが3倍になった方も!
【無料メール講座「セミナーにお客様が集まる告知の書き方5つのコツ」】


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

毎日、必死でブログを更新しているのに、メルマガ読者が増えない。

 

メルマガも書いているのに、お申し込みがない。

 

いい加減、もう書くのはうんざり・・・。

 

なのに、ある日急に、反応が出るようになって、書くのが楽しくなる。

 

そういうこと、本当に起きるんですよね。

 

 

 

 

その分岐点、なんだと思いますか?

 

「お客様を説得しようとしない」

 

ということ。

 

伝えたいことを「なんとかわからせよう」とすると、相手を説得するモードになりませんか?

 

「なぜ、この良さがわからないの?わからせないと・・・」と思いが強すぎると、

 

相手の気持ちや悩みそのものに焦点を合わせることから、それてしまいがちです。

 

たとえば、

 

とにかく毎朝5キロ歩く、歩けば痩せます。健康にもなる。歩くなんて簡単なこと、なぜやらないの?これが一番簡単なんです。歩きましょう。

 

と言っても、やらない人はやらないままですよね。

 

今の時代、悩みの多くは、その解決策はネットにも雑誌にもあふれています。

 

なので知識は大概あるのです。

 

問題は方法はわかっているのに、なぜやらないのか?できないのか?だったりすることも多いですよね。

 

 

あなたもそうではありませんか?

 

ブログやメルマガの使い方や効果もわかっている。

 

でも、なぜか続かない、うまくいっていない。悩みはそこだったりします。

 

なので説得するのではなく、本当の悩み(なぜかうまくいかない、続かないなど)にも焦点を合わせていきましょう。

 

 

先ほどの例も、

 

・なぜ、痩せたいのか?
 

・痩せてどうなりたいのか?

 

・なぜ、(痩せようとすること)はなかなか続かないのか?

 

といったことに焦点を当ててみる。

 

それだけで「説得モード」ではなくなります。

 

やってみてくださいね。

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

「メルマガが書けなくて・・」 日々、お客様と接していると、こうおっしゃるかた、多数。

 

まだ駆け出しという方に限らず、もう、十分ご活躍じゃないですか!という方も。

 

 

 

そんなときは、こんなことから聞いちゃいます。

 

XXさんにとって、メルマガ書く目的って???

 

目先のことは、

 

・ブログは、いつ読んでくれるわからないから、告知をしてもタイムリーに読んでもらえない。メルマガは自分のタイミングで送って読んでもらえる。

 

・お客様との距離感を縮める。

 

・自分の価値観も伝わりやすい。

 

なので、「お知らせをするとお申し込みにつながりやすい」

 

といったことがあります。これはあなたもわかっていますよね。

 

では、その先は描いていますか?

 

半年後、1年後、3年後、どうなっていたいか?

 

そこにメルマガは力になりますか?

 

それはそうでしょ、と思うなら、

 

「書けるか、書けないか?」ではないか、ではなく、まず「書く!」と決めましょう。

 

そして、自分は「どうしたら書けるか?」を考えてみましょう。

 

ネタに困る

→ネタをメモする習慣をつける

 

書くのに時間がかかる

→ざっと書く時間とまとめる時間を分けて書く(一気に書きあげようとしない)

忙しすぎる

→週に1回でも書くと決める。スキマ時間を真剣に探す。

(忙しいと言っても始まらないもんね)

 

売れていて忙しすぎる!

→リアルに人と会ったり、紹介で、もうお客様は十分います、という方は、もっと長期的な視点で今後どうしたいか考えてメルマガを無理して今やる必要があるかな?と振り返っていいと思います。

または、メニュー記事や告知の時は、プロに頼むとかね。時間はお金で買うというのも、ありです。(あなたがこれなら、相談してもらって大丈夫ですよ)

 

なんでも完璧を求めず、あなたができることをやっていきましょ。

 

 

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

台風ですね。無理せず安全に過ごしてくださいね。

 

私も今日はお客様とお会いする予定を変更しました。お客様の安全最優先。

 

交通機関もどうなるかわかりませんし、台風が気がかりなようだと、せっかくの時間も集中できないですからね。

 

 

 

ビジネスをするときは、「自分がどうしたい」より、「相手がどうなりたいか?」を常に優先。

 

もちろん、自分の信念や人生でどうしたいか?というのは大切。


そのためにビジネスをするのもありです。

 

ただ、あなたの自己実現とお客様は別のお話なのです。

 

 

 

どういうことかというと・・・

 

あなたがある素晴らしい心理学のメソッドを体得しているとします。自分の人生もそれで変わったので、「ぜひ、そのメソッドを広めたい」「メソッドの素晴らしさを知ってほしい」と思っている。

 

その思いは大切にしてください。

 

ただ、お客様にとっては、自分の悩み、課題を解決したり、願望を実現させたいのです。そのメソッドを知ることが望みではなくて、方法は何でもいいのです。

 

本でも、セッションでも、動画でも、セミナーでも。何なら、あなたでなくても・・。

 

 

 

あなたがビジネスをするなら、「メソッド」を売る(=自分がどうしたい)のではなく、

 

「相手がどうなりたいか?」(=お客様の悩み、課題を解決したり、願望を実現する)ことを売るという意識が大切。

 

 

そう考えたとき、自分が理想のお客様と思うのはどんな人か?です。

 

何に悩み、どうなりたいのか?

 

 

そこがはっきり意識できたとき、お客様の様子が浮かんでくるはず。

 

リアルに浮かんでくれば、目の前にいる困っている友達(お客様)に書くというのも、自然にできるようになっていきます。

 

そうなるとお客様は、「この人、自分のことわかってくれている」と、惹きつけられるのです。

 

 

そこがどうしてもうまくいかないというとき、「広めたい」「知ってほしい」という思いがまだ前面に出すぎていないか?

 

お客様にとって「ニーズ」があるか?「提供できる価値」が伝わっているか?を見直してみてください。

 

 

 

 

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、熊谷です。

 

駆け出しのコーチやコンサルは、まずは友達や知り合いに声をかけてみよう!と言われることが多いですよね。

 

ごく普通のことですが、サービスの内容によっては友達や知り合いは無理、という場合もあるし、もし対象がいそうでも、

 

「友達や知り合いに言うのは恥ずかしい」「売り込んで嫌われたらどうしよう」という思いがあると、なかなかいい出せません。

 

 

というか、駆け出しの頃、知り合いに自分から勧められる人って、どのくらいいるものなのでしょうね?

 

私も最初は、無理!と思っていたので、出来る人を見ると「すごいなー」と思っていました。

 

(ちなみに、今は平気です。といっても、売り込みはしませんが、絶対に力になれる、その人のためになると思えれば、知り合いであっても言える、ということです。

 

わかっていることが言わないのは、かえって冷たいように思うので)

 

さて、知り合いや友達に声をかけるのは無理!という方、

 

で、どうしますか?

 

・無理だなと思ってもやるのか?

 

・無理だから他のことを人の何倍も頑張るのか?

 

大事なのはそこ!

 

苦手、できない、やりたくない、だけなら、まあ先は見えちゃいますよね。

 

 

私は、「最初は、友達に声をかけなさい」と言われても、「最初からブログやHP経由で申し込んでいただくんだー!」と決めていましたから、そちらをガンバりましたよ。

 

 

よく、「xxxしないとダメですか?」という質問を受けますが、

 

やったほうがいいとわかっていてできないなら、

 

・自分はやらないと決めて他を頑張る

 

 

・出来るようにする

 

このどちらかしかないですからね、でしょ?

 

自分の気持ちと得たい結果を考えると、答えはシンプルなのでした。

 

 

 


お客様の声
お問い合わせ
個人メニュー一覧

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)