伝わる文章の書き方 文章の講師・山口拓朗

伝わる文章の書き方を解説。ライターで文章講師の山口拓朗が、伝わる文章、買わせる文章などライティングに関する情報を発信中。


テーマ:
主体的に文章力を向上させたい方は、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」「人力検索はてな」「OKWave」といったQ&Aサイトで、「質問」……ではなく、「回答」をするといいでしょう。文章作成のトレーニングになります。
 
「回答」するのは、自分の得意ジャンルで構いません。
 
歴史が好きな人は、歴史に関する質問に答える。

料理が好きな人は、料理に関する質問に答える。

クルマが好きな人は、クルマに関する質問に答える。
 
しかし、なぜ「回答」すると、文章力が向上するのでしょう?
 
質問者に喜ばれる「回答」をするためには、以下のような能力が必要だからです。
 
■読解力(状況把握力)
回答するためには、質問者が何を求めているのかを把握していなければなりません。
 
■知識力(情報力)
質問者が知らない知識(情報)を提供できなければいけません。
 
■論理的思考力
質問者が納得できる書き方をしてあげなければなりません(構成や流れが大切です)。
 
■分かりやすく伝える力
素晴らしいことを書いていても「何がいいたいの?」「分かりにくいなあ…」と思われたらアウトです。質問者のレベルに合わせて、分かりやすく書く必要があります。
 
■具体的に書く力
質問者に納得してもらうには、具体例やエピソードが有効です。
 
つまり、質問に答えることによって「文章力に必要な要素」が自然と鍛えられていくのです。
 
自分の得意ジャンルであれば、ムリなく回答できるはずです。
 
質問者から「よく分かりました!」「なるほど!」「そうなんですね!」「納得です!」といった反応をもらえれば、及第点でしょう。
 
どんな文章にも、多かれ少なかれ「読み手のニーズに応える」という側面があります。その能力を総合的に磨けるのがQ&Aサイトでの「回答」なのです。


書かずに文章がうまくなるトレーニング/サンマーク出版

¥1,512
Amazon.co.jp
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & la.../明日香出版社

¥1,512
Amazon.co.jp

【山口拓朗の講演・セミナー情報】
講演・セミナーの日程


【人気記事】
なぜ、あなたの文章は分かりにくいのか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)