2016-01-17 21:12:29

新体制、始動!

テーマ:日常
本日、東京ヴェルディは新体制発表会見を行った。
詳細をリポートしたいところだが、諸事情によりできない。

クラブの方針により、今後は個人のブログやSNSにおいて、監督や選手、チーム関係者の談話は使用しないようにお達しがあった。
広報部のスタッフによると、一般の商業媒体との線引きをきちっとしたい考えだそうだ。
僕だけではなく、出入りするメディア関係者全員ね。
新加入選手はこんな人がいて、こんなことがあったよ、といった事実を並べるのはやってやれないことはないけども、骨子であるコメントを抜きにして面白く書ける自信がない。

新聞社の記者がツイッターの個人アカウントを駆使し、「個人がメディアになる」といわれる時代、ましてヴェルディのように露出の少ないクラブにおいて制限をかけるのはなぜだろうと思うが、人にはそれぞれ考え片や力点を置くポイントがある。
当ブログは、気が向いたとき、いま書かねばいつ書くのだと思い立ったとき、企画を売り込んだけどダメだったとき、こんな書き方も面白いんじゃないかしらと実験したくなったとき、便利に活用してきたがそうもいかなくなった。

さて、困った。
僕だってヴェルディの記事を商業媒体にじゃんじゃん書いて稼ぎたいのは山々だが、一般的にはそのバリュー、需要がない。
近年、サッカーメディアが後退戦を余儀なくされている影響もある。
沖縄キャンプの準備は万端整えた。
しかし、原稿を出す確約が取れているのはWeb媒体に1本だけだ。
一方、キャンプ中に面白い話、楽しいエピソードはわんさか出てくるよ、きっと。
発信しなければ、腐るだけである。
自分にとっては憧れの沖縄、初上陸でテンションは異常に高まっている。
かりゆしウェアに身を包んじゃうかもしんない。

ああ、新たな商業媒体を立ち上げるしかないのか。
で早速、その気があったらいつでもどうぞと言ってくれていた有料メルマガの業者と明日打ち合わせである。
無料メルマガも考えたけど、それって結局はブログと何も変わらないからね。
クラブ側の説明では、だったらオッケーとはならない。

ただ、有料メルマガには、ひとつ釈然としないことがあるんだよ。
たとえば、選手が僕に対してサッカーの話をしてくれたとする。
その行為は僕を儲けさせようとしてくれているのではなく、後ろに応援してくれるファンがいるからなんだよね。

サービス精神の塊のような冨樫監督は、おしゃべりそのものを楽しんでいるように見え、実際、楽しむことに旺盛なんだけど、対面する記者を媒介し、広く伝播することを念頭に置いている。
そこで確保されるべきものは何か。公共性である。
誰も意識していないだろうが、それが担保されることで報道の基本は成り立っている。
公共性を満たす条件のひとつは、その情報に誰もが平易にアクセスできることだ。

ブログはその点よかった。広く開かれ、
読者を選ばない。
吹けば飛ぶよな個人メディアだけど公共性を欠くことだけはしたくなかったから、めんどくさいことになりそうなエントリーも、アメンバー機能(特別な読者登録が必要)を一切使用してこなかった。
カネにはならないが、楽しく読んでもらい、多くの人の目に触れることに価値を見出していた。
ファンだけではなく、ヴェルディってこんなんだよ、面白いでしょと、外部に向けて書いているつもりもあった。

有料メルマガは公共性の基準を満たしているか。
いまのところ僕の答えは否なんですね。
が、こうなった以上はどこかで折り合いをつけるしかないのだろう。
特定の読者に届けるぶん、まどろっこしい説明が省けてラクだが、ヴェルディを知らない人にステキと言わせたい野心は行き場をなくす。
そっち方面の張り合いは減るんだろうなあ。

メルマガをやっている知り合いのライター数人に、どんな感じなの? やっぱ大変だよね? と電話した。
「いいじゃん、ヴェルディワッショイやんなよ」とのたまったのは、青赤野郎の後藤勝である。
やだよ、バカかよ、死ぬまでワッショイやってろよ。
Jリーグ界隈で有料メルマガは広まっているが、名称を使用する場合は当然クラブの認可がいり(半オフィシャルの扱い)、対価も発生する。
読者に満足してもらうには、ボリュームも相当いるんだろう。
考えるだけで気が重いが、行き詰まり感は間違いなくあったし、きっかけが向こうからやってきてくれたと無理やり考える。

鈴鹿ランポーレに移籍した渋谷亮の話は書き残したかったが、それもできない。
一般的には価値がないが、このブログの読者にはぜひとも伝えたい内容だった。
僕がだらだらしていたせいだ。
すまん。
なお、沖縄キャンプにメルマガの始動はまず間に合わない。
そっちもすまん。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。