あなたの本音の物語

小説家LULU(≒Fumie)が、小説を発信。恋愛、仕事、結婚、出産・・・女の人生のそれぞれの選択を切り取ります。その答えは、片付けなのか、整理なのか、未練を断ち切ることか、本当の自分探しをする女性の物語。

リンク→r「小説を読もう!」 迷うダンシャリアンシリーズを加筆修正してUPキラキラUP

リンク→pk「エコトバ」 不定期に写真と詩を発信中 !

リンク→gr書評ブログ 好きな小説家は吉田修一さん

リンク→brドラマブログ ドラマ大好きなわたくしがドラマ評・ドラマ情報を届けます !

リンク→p気ままなブログ 映画評、食べ歩き報告など気ままに発信中!

リンク→o電子書籍 パブーにて、LULUという名前で電子書籍発売中! 飲み物と女シリーズ「コーヒーの女」他絶賛発売中お手上げ新道るいの著書「捨てる前に読みなさい!」好評発売中!わーい




テーマ:
LULU(≒FUMIE)です。いつもブログをご覧いただきましてありがとうございますスキ


パブーというところで小説・エッセイの販売をしています。(一部無料)試し読みもできますので、ぜひお立ち寄りください
パブーKindle(一部除く)楽天ブックスkoboいずれかで購入可能。ご都合にあわせてお選びください

小説は現在"飲み物と女シリーズ"として、5冊発売中。テーマが、コーヒー矢印紅茶矢印ビール矢印炭酸水矢印ココアと続きます。


まず第一弾

「コーヒーの女」コーヒー
「Kindle版コーヒーの女
楽天ブックス版「コーヒーの女」


「コーヒーの女」/パブー
Amazon.co.jp

調子に乗って、PV作りました・・・
「コーヒーの女」By LULU

第二弾

「紅茶と女」紅茶
Kindle版「紅茶と女」
楽天ブックス版「紅茶と女」


紅茶と女/パブー

Amazon.co.jp

第三弾は・・・

「ビールと、オンナ」ビール
楽天ブックス版「ビールと、オンナ」

※Kindle版確認中

ビールと、オンナ【電子書籍】[ LULU ]
¥300
楽天

そして第四弾・・・

「炭酸水、女とオンナ」ジュースsoda
Kindle版「炭酸水、女とオンナ」
楽天ブックス版「炭酸水、女とオンナ」


炭酸水、女とオンナ/パブー
Amazon.co.jp

第5弾!!

「ここあ、という女」
Kindle版「ここあ、という女」
楽天ブックス版「ここあ、という女」

ここあ、という女/パブー
Amazon.co.jp

渾身のエッセイ

「ミミドク」
楽天ブックス版「ミミドク」

※Kindle版確認中
ミミドク~エコトバールLULUのヒトリゴヨリ~【電子書籍】[ LULU ]
¥1,000
楽天

冷やかしでもいいのでぜひお立ち寄りくださいませ
パブーでは、LULU名義で上記以外にも、エッセイやドラマ談義などを発表していますので、ぜひご覧ください(無料のものはダウンロードしても、課金されません)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このたび「物語のタネ」を募集します。

お話は「あなたの物語」として連載予定

※ストーリーは全て一任していただき、必ずしも事実を踏まえた結末にならないことはご了承ください。
作品は、ブログ・電子書籍・小説サイトでの発表を予定していますが、あくまでもわたくし名義での公開となりますことをご承諾ください。

(私怨・復讐・特定の方への攻撃などは一切お断りします)


私と繋がりのある方は、LINEやメール、メッセージなどなどどんな方法でも良いですし、コメント欄、またはプロフィール欄にある「メッセージを送る」にお願いします。

作品になるかどうかはあなた次第!!
こんなの書いてみたら?という気楽な感じで、どしどしご応募くださいませ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダンシャリアンシリーズは「小説を読もう」に加筆修正してUPしています。
過去の作品はぜひ「小説を読もう」をチェックしてください
他の作品もUPしていますので、ぜひお読みください!


「おめでとう、楠美」

 連(レン)は町田(マチダ)とささやかに、楠美(クスミ)のお祝い会を開くことにした。


「二次会があれば招待するところだけど、簡単なレストランウエディングで済ませるつもりだからごめんねー」

「招待されてノコノコ出かけるほど、神経図太くないんですけどー」

 連は楠美を睨む。

「まあまあ、痴話喧嘩しない」


 とりなした町田は、「誰が痴話喧嘩だよ」と
2人から声を揃えられて「相変わらずだな」とメニューに視線を落とした。


「それにしても、おばさん全然変わらないわよね。相変わらず息子ラブだし〜」

「勝手に会って盛り上がってんじゃないよ」

「で結局、カモられた金は戻ってこないわけ?

 町田が呼びボタンを押しつつ、連に視線を向けると、シンと空気が止まる。


「前から思ってたけど、お前って潔癖性なのに無神経だよな」

「本当、しょっちゅうテーブルの上綺麗にするのに、時々無神経なこと言うよね」

「潔癖と無神経関係ないでしょ」

 町田が不貞腐れたように、枝豆を口に含みながらサヤを飛ばした。


「ねえ、ついでだから聞いちゃうけど、被害届出してないって本当
?

「お前も便乗するなよ」

「やっぱり楠美だって聞きたいんじゃん。カッコつけていい人ぶるのやめろよな」

 そう言いながら町田も連の言葉を待っている。


「もう今更って感じだし。あの人たち捕まったみたいだから、もういいよ。何かこれ以上落ち込みたくないんだよ。マジで」


 母親はしばらくはうろたえて、親戚のツテで弁護士に相談しようかとまで思っていたらしいけれど、ある日突然すっぱりと気持ちを切り替えたのか、何も言わなくなった。


「おばさんは、何て言ってるの
?

「しばらくはワーワーしてたけど、もうすっかり落ち着いたよ。引っ越すって言ったら、その時また手伝いに来るって張り切ってる」

「そうかぁ、やっぱ母は強しだね」

 楠美はようやく納得したように、ジョッキを美味しそうに飲み干した。

「もうおばさんがそう言ってるならいいや。さぁ、心置きなく祝ってよ。元カノの幸せを」

「切り替え早すぎるだろ」


 正直、咲耶(サヤ)には未練のような怒りのような曖昧な気持ちが残ったままで、時々夢に出てくる。あの時
2人で仲良く家電を見に行った時のこととか、いつでも連の言葉をうんうんと聞いてくれた眼差しのこととか。


 だからもうあれは工藤何とかという、詐欺で捕まった女ではなくて、突然現れて突然別れを告げられた咲耶と言う女だったのだと思い込もうとしていた。それが正しくないとしても、連は完全に自分を取り戻すまでは、真実と対面する勇気は持てそうにない。


「そう言えば母親から変なものもらったんだよなぁ。部屋片付いてるってのにさ」

 連はバッグから先日母親のとし美から渡されたものを取り出した。

「何それ、片付け本?新道るいって誰?

「おー知ってるぞ。片付け指導してるおばさんだろ?どうしたんだよ、そんなもの買って」

「いやいや、母親からもらったんだって。しかもさぁ、サイン本」

「ははははは、連くんへだって。こりゃどこにも売れないね」

「じゃあお前も本出したら?カモられてミニマルってどうだ」

「町田、今マジで友達やめたくなった」

「町田くん、タイトルのセンスやばい」


 町田と楠美が肩を震わせる横で、連は「生ビールお代わりね
!」とやけになって叫んだ。



これで良かったのかわかりません。ただ、片付けにはその人の今が映し出されるのかもしれないとは思います

 とし美からの丁寧な手紙を、新道るいは何度も読み返す。
 詳しいことはわからないし、片付けることによって連が何を求めていたのか、それは本人にしかわからないことではあるけれど、
本人曰く、カーテンと冷蔵庫はあったほうがいいかも、ということでしたという記述を読む限り、彼なりの片付けにたどり着けるだろう気配はした。

 新道るいはほっと息を吐く。

「何、今度は汚部屋男子かー」

 佐川太一(サガワタイチ)が呆れた声をあげた。

「何でこう、中間がいないんですかね」

 市川沙蘭(イチカワサラン)の恋はゴールが見えないようだ。

「中途半端な男は嫌だ、とか言うくせに」

「部屋に関しては困りますね、極端なのは」

「わがまま〜」

 佐川太一が苦笑いするのを聞き流しながら、新道るいはメルマガの続きに取り掛かった。
 今回のテーマは片付けにゴールはない、だ。(了)


お読みいただきありがとうございました。ミニマリスト連編はこれで終了です。いかがでしたでしょうか。感想などお聞かせください。
ランキングに参加していますので、クリックお願いします
sei


Web小説 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。