環境省は20日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのつがい1組が新たに産卵している可能性が高いと発表した。これまでにこの1組を含め3組が巣作りをしている。別の1組は卵が確認されており、この週末にひなが誕生する可能性がある。

 新たに抱卵しているとみられるのは3歳の雄と1歳の雌。ただ、約250メートル離れた場所から観察しているため、卵は確認されていない。

 抱卵していた別のペアは4個の卵を産んでいるとみられ、早ければ24日にもひなが誕生するという。

【関連記事】
愛のキス トキ、さらに1組擬交尾
放鳥トキが初の産卵か 佐渡、ひな誕生へ期待
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断
順化ケージ内でテン1匹捕獲 トキ9羽襲撃か
鳥のミイラ、2千年前のトキと判明 京都大総合博物館

恒久減税案を否決=市議報酬半減案も-名古屋市議会(時事通信)
首相動静(4月19日)(時事通信)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
舛添氏ら午後に離党届 大島氏からは議員辞職要求(産経新聞)
ローソン本社に脅迫文、3000万円要求(読売新聞)
AD