千葉県内の障害者支援施設で知的障害がある入所者の女性に暴行したとして、準強姦(ごうかん)の疑いで、同施設の元生活支援員榊田悠人容疑者(23)が逮捕、同罪で起訴されていたことが7日、分かった。
 県警によると、容疑を認めているという。女性は妊娠し、昨年8月に死産した。女性に障害があり意思表示できないことなどから県警が捜査。DNA鑑定の結果、胎児の父親が榊田容疑者と判明したという。 

【関連ニュース】
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑
「ヘッドホンの女性狙った」=わいせつ容疑で男追送検
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判

安住氏、息子を父と呼び間違えちゃった 進次郎氏を「小泉純一郎君!」(スポーツ報知)
<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
銀行本店に油まき放火=男を確保、けが人なしか-山形(時事通信)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
<阿久根市訴訟>元係長の懲戒免職処分取り消し…鹿児島地裁(毎日新聞)
AD