男性の遺体が茨城県稲敷市の工事現場に遺棄された事件で、茨城県警稲敷署などは25日、死体遺棄容疑で稲敷市駒塚、無職、宮本竜也容疑者(21)と同市伊佐津、とび職、岩崎大希容疑者(24)を逮捕した。2人とも「死体を埋めたりしていない」と容疑を否認している。

 同署などの調べによると、2人は飯嶋翔太容疑者(20)=同容疑で24日に逮捕=と共謀し、22日午後9時ごろ、稲敷市新橋の圏央道工事現場で男性の遺体を埋めた疑いが持たれている。遺体は龍ケ崎市の溶接工の少年(18)とみられ、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、3人は21日、宮本容疑者の交際相手の女性とのトラブルから稲敷市内で少年に暴行を加えた。宮本容疑者と岩崎容疑者は「暴行を加えたら死んでしまった」と供述しているという。これまでの調べに対し、飯嶋容疑者は「遺体は1人で埋めた」と供述している。

 同署は少年が死亡した経緯についても調べている。

【関連記事】
18歳少年?の遺体を工事現場に埋める 容疑の知人男逮捕 
乳児殺害容疑で父親を再逮捕 宮崎の母子ら3遺体事件
妻の遺体と同居1カ月半…元海自隊員に実刑判決
歯科経営者殺害の被告に懲役23年、大阪地裁
能古島の切断遺体 6日から行方不明の32歳女性会社員 福岡
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<雑記帳>海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
【集う】第5回渡辺晋賞に作詞家の秋元康さん(産経新聞)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
盗撮未遂の名古屋高検検事に罰金50万円(読売新聞)
<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)
AD