近鉄百貨店(大阪市阿倍野区)は4日、全従業員約4500人分の名前や生年月日などの個人情報が入ったハードディスクを紛失したと発表した。同社営業推進本部内のロッカーで管理していたところ、なくなったという。悪用されたという報告はないという。

 同社秘書広報部によると、07年5月末時点の社員や契約社員、パート従業員の性別や職位、入社年月日など雇用管理用のデータが入っていた。社内のコンピューターが不調になり、営業推進本部の男性社員がデータを外付けハードディスクに移し、ロッカーで保存していたが、28日午前になくなっていることに気付いたという。【土本匡孝】

【関連ニュース】
ジブラルタ生命:契約者情報記録のPC盗難
都立広尾病院:USBメモリー紛失 患者138人分
顧客情報紛失:近畿大阪銀が150人分 名前など記載
カード情報流出:アリコジャパンに改善命令
個人情報:契約者情報PC盗難--ジブラルタ生命保険

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
<チリ地震>支援準備を…鳩山首相が指示(毎日新聞)
宙の会 1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え(毎日新聞)
春秋社
郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
AD