米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)による工業用事故米の不正転売事件で、不正競争防止法違反(用途偽装)に問われた元同社顧問・宮崎一雄被告(78)の判決が12日、大阪地裁であった。

 西田真基裁判長は「組織ぐるみの計画的犯行で、食の安全に対する国民の信頼を失墜させた」と述べ、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金300万円(求刑・懲役2年6月、罰金300万円)を言い渡した。

 判決によると、宮崎被告は元同社社長・冬木三男受刑者(74)らと共謀、基準以上の農薬に汚染された工業用のベトナム産うるち米を含む876トンを食用と偽り、2008年1~7月、鹿児島、熊本両県の酒造会社6社に販売した。

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
第三者組織WGの取りまとめ案を了承―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
北教組不正資金提供で小林議員が小沢氏に状況説明 進退は言及せず(産経新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
<鴻巣市移動支局>「お誕生日新聞」3600人が利用…閉局(毎日新聞)
AD