郵便料金の障害者割引制度が悪用された事件に絡み、実体のない障害者団体に偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元雇用均等・児童家庭局長、村木厚子被告(54)の初公判が27日、大阪地裁であった。

 村木被告は罪状認否で「私は無罪です。共謀もありません」と述べ、起訴事実を全面否認し、無罪を主張した。

 起訴状によると、村木被告は障害保健福祉部企画課長だった2004年6月、部下の元係長・上村勉被告(40)(起訴)や自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)(公判中)らと共謀。凛の会に障害者団体の実体がないことを知りながら偽の証明書を発行した、とされる。

 事件を巡っては、捜査段階で容疑を認めていた倉沢被告が、自らの公判で村木被告との共謀を否定。村木被告の指示を認めていた上村被告も、自らの公判前整理手続きで「指示はなかった」と供述を翻した。

元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)
第三国定住 ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)
<航空機部品落下>エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田(毎日新聞)
2次補正、午後に成立=参院委で可決(時事通信)
「子の奪取」条約加盟を要請=外相「国内法整備が必要」-米英大使ら(時事通信)
AD