【民進党】 価値観かもしれないが

テーマ:








皇族についての考え方は国民1人1人で違うかもしれない。



しかし、今もなお継続している血筋についての伝統と、男女平等論を同じテーブルに上げて議論すべきなのかは疑問である。



世界一長い王族という伝統を手放してまでなのか?



そういう考え方の人も多いだろうし、男女平等がここまで進化している現代にナンセンスだという考え方の人もいるだろう。



個人的には、女性宮家には賛成です。



皇族が減るほどに公務負担が大きくなっていくのは避けられない事実。



公務に携わっていただける宮家の数は増やすべきだと思う。



血筋の伝統を重く考えている自分は、女系天皇には賛成できませんね。



これまでの伝統を蔑ろにしてしまうと思うので。



男女問わず、経済的に余裕がある人は2人目の伴侶が持てれば良いと思う。



結婚しない人の多くは、経済的理由でしないというのが多いと聞きます。



ある一定の資産を超える人は、1夫1婦でなくても犯罪にならないようにするのも、問題解決の方策の1つになり得るのでは?



日本は相続税が非常に高い国ですので、代変わりですぐに一般人になっていくだろうから、格差問題も少なくなっていくかもしれないですね。(笑)
AD