西麻布Worm(ワーム)のビール王国

西麻布のビアバー・ワームのビールやウィスキー、料理に関するブログです。
世界のビールの写真や味、香りに関することを事細かに書いていきます。
テースティングノートは1から5の5段階評価です。


テーマ:

今回ご紹介するビールは日本に未入荷のアメリカ

ビールになります。

コロナド州・フォート・コリンズにある

ニュー・ベルギウム・ブルワリー

ファット・タイヤ

です。名前のインパクトがありますよね。


この醸造所はジェフ氏とキム氏によって1991年に設

立されました。創業当初はベルギービールに憧れ、

施設はベルギー使用にしたほどだ。

創業してから数年で頭角を現し、数年前のデータだが

アメリカクラフトビールの中で第3位の規模にまで成長

した。


現在ではベルギー系のビールをはじめとして約30種

類ものビールを製造している。

その中でもこのファット・タイヤは、この醸造所

の代表作品である。

ジェフ氏が創業前にベルギーを自転車で旅をしていた

事からファット・タイヤと言うビールが命名された。

ラベルにも誇らしげに自転車が画かれている。

個人的に飲むのは2回目だが、本当にアメリカのビー

ルを飲んでいると言う感覚はなく、ベルジャンビールを

飲んでいるかのようだ。


この醸造所のもう1つの名物は木樽熟成のビールだ。

ベルギーのローデンバッハを除けばトップに君臨して

いる。これは本場ではない、と言う事を考えれば物凄

い事だ。

ニュー・ベルギウム

ファット・タイヤ

New Belgium Fat Tire
西麻布Worm(ワーム)のビール王国

西麻布Worm(ワーム)のビール王国


タイプ・・・・・・アンバー・エール

アルコール・・5,2%

原材料・・・・・大麦麦芽、ホップ(他は不明)

IBU・・・・・18,5

    

テースティングノート

甘み・・・・・3

苦味・・・・・2

酸味・・・・・3

ボディ・・・・2

香り・・・・・3


香りはパン、ナッツ、イーストなど。

麦麦しい香りもしっかりあるが、全体的には穏やかで

柔らかい香り。


口に含んでみると最初に柔らかい麦の甘みが広がり、

次に酸味がくる。

ビールを飲んでいると言うより、麦茶を飲んでいる様だ。

余韻はホップの苦味と酸味。


残念だがバランス感にやや欠けているところがある。

よく言えば繊細だが悪く言ってしまえばビールとしての

パワーがまるでない。


食事に合わせるのなら、脂が滴り落ちるほどのステー

キがお薦め。


何度も言うがアメリカビールだと思って飲むと面を食ら

う。どちらかと言うとベルギービールを飲むものだと思っ

て飲めば何の違和感も感じないと思う。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード