ワールド・フォーラム経済レポート
ワールド・フォーラム 佐宗邦皇代表
2006年12月17日撮影
ワールドフォーラム12月特別シンポジウムにて






 
ワールド・フォーラム経済レポート

各界のリーダーを輩出する教育・実践の場である「ワールド・フォーラム」代表の佐宗邦皇氏(さそう・くにお=本名・佐宗邦夫)が9日午前11時、脳出血のため東京都足立区の病院で死去した。59歳。東京都出身。自宅は東京都新宿区若葉1-9。葬儀・告別式は12日午前10時から台東区池之端2-4-25、東淵寺(とうえんじ)で。喪主は妻多鶴子さん。


74年、東京大学法学部卒。日本航空に入社し営業や機内誌編集を担当する傍ら、1970年代末に勉強会「ワールド・フォーラム」を立ち上げ、真実発表の場を守ってきた。ジャーナリストの木村愛二や山岡俊介、ベンジャミン・フルフォード、環境問題評論家の船瀬俊介、平和運動家のきくちゆみらが、ここでの発表を足掛かりに世に出ている。

2002年には環境NGO「屋上緑化普及協議会」(現NPO法人地球緑化推進機構)を設立。代表として地球規模の森林再生と緑化に努めてきた。交友関係は広く、保坂展人や松原仁などの国会議員は旧知の仲だった。

歴史研究者の顔も持ち、テレビ東京の歴史番組に出演。雑誌『ムー』(学研)8月8日号では「蘇我王朝の復活」と題し、日本史の真相について寄稿している。

近年は国際金融資本に隷属した国内政治を厳しく批判。小泉・竹中改革の犯罪性を問うとともに「ワールド・ブロガー協会」を組織し、強まるインターネット規制に対抗しようとした矢先だった。

倒れたのは、8日の月例会で話している最中。救急搬送されたまま、帰らぬ人となった。【了】


■関連記事
ネット監視が強まる中、ブロガー同士の連携始まる=ワールド・ブロガー協会が設立記念講演・第1回取材会を計画

「1万人のブロガーが日本を変える」=ワールド・ブロガー協会が設立記念講演会・第1回取材会を開く

三男「正雲」後継はガセネタ、北朝鮮後継者問題=元公安調査部長が情報力不足を憂える

■関連情報
ワールド・フォーラム公式HP
ワールド・フォーラム経済レポート
ワールド・フォーラムYoutubeチャンネル
ワールド・ブロガー協会
高橋清隆の文書館


パブリック・ジャーナリスト 高橋 清隆



AD