波動の魔術師

願望実現の実践記録や精神世界についての考察記


テーマ:

これまでの仕事を振り返ると、

 

一緒に働いて来た人たちの年齢層は

 

自分よりもひと回りか

時にはふた回りも上の人が多かった気がします。

 

その人達の中には、

 

既に現役を引退して

年金生活をしている人も沢山おられ、

 

久しぶりに再会でもすると

一気に老け込んで目を疑う人もおれば

 

その一方で、

 

最後に会った時よりも

もしかすると若返っているのでは?と

驚かされる人も稀にいます。

 

 

現在仲のいいジム仲間の一人は

既に83歳という高齢なのですが、

 

どこから見ても60代にしか見えない

特別なオーラを放っています。

 

両者の違いは一体何だろうと

自分の両親も含めて考えた時、

 

決定的な違いを作る要因の一つは

 

やはり好奇心ではないかと

最近痛感するのです。

 

不思議なことに、

 

現役時代ある程度の地位まで登り

それなり責任を持って生きて来た人には、

 

どこか抜けきれないプライドが邪魔して

好奇心をブロックする人が多い一方、

 

組織の創業者や

肩書きなど気にせず生きて来た人達は

 

逆に余計なしがらみから解放されて

老後も柔軟的に生きている人が多いのではと

感じる時があります。

 

そういう人達を見ていると、

 

もう自分は歳だからとか

君も僕の年齢になったら分かる等言う人の言葉が

一瞬で色褪せて説得力を失うのです。

 

先日彼女に連れて行ってもらった

水玉の女王の展示会。

 

 

歳を追うごとにエネルギーを増していく

この女王の作品を前にすると、

 

それまでのイメージなど吹き飛んで

ただただ圧倒されてしまう。

 

変わり者で

お茶目なお婆ちゃん画家くらいの認識しかなかった自分は

その作品を見て度肝を抜かれ、

 

彼女が辿った命懸けの人生の軌跡を知って

言葉を失ってしまった。

 

 

壮絶でありながらも美しく

 

美しさと死が隣り合わせになった究極の世界。

 

 

 

 

はるか昔から変わらぬ目の光は、

この世界に何を見ていたのだろう。

 

そして、

 

自身の内なる世界に何を感じ取っていたのだろう。。。

 

 

多くの人が、

 

特別な存在や現象に対して

例外という言葉を多用しがちだけれど、

 

時にはその言葉を

もっと懐疑的に見ても良いではないかと思います。

 

ここに来て、

 

世界の高齢者は

私たちに何を伝えようとしているのでしょうね。

 

 

 

 

草間彌生展「わが永遠の魂」

2017年2月22日(水)- 5月22日(月)

東京・六本木の国立新美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「想念観察」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。