福岡でワールドカフェを開催されている方がいらっしゃいましたら、どうぞご連絡下さい。こちらのブログでもご紹介させていただきます。もちろん、フリーですので、どうぞお気軽に!


マリーロータス
尉川太尊
AD
みなさん、こんにちは。さて、いよいよ第2回のワールド・カフェを開催します。第1回目の参加者の方の感想は、こちらをご覧下さい 。想像以上に楽しく創造的な体験をしていただいたようで、とても嬉しく思っています。さて、早速、第2回の開催をお知らせします。今回から広くいろいろな方々にも参加していただきたいと思っていますので、ぜひご参加下さい。


参加の条件はありませんが、「楽しく、ハッピーに、想像的」な感じでご参加下されば嬉しく思います。では、みなさんとの出会いをお待ちしております。



開催日時:2010年3月12日(金曜日)19時から概ね3時間程度を予定

開催場所:福岡市内(追ってご連絡)

費用:3150円(税込)
    特別価格です。本物のカフェで開催できるようになりましたら通常価格5250円を予定しています。

最低催行人員:12名

テーマ:この時代をどう生きるか

ゲスト:大江亞紀香さん

お申込み:ワールドカフェ福岡お申込みフォーム

お問い合わせ:マリーロータス まで。


お問い合わせは、twitterで、@ikawa_hiroto宛にダイレクトメッセージ送っていただいてもOKです。
AD
ご承諾いただいた方の中からいくつか抜粋してご紹介します!



ワールド・カフェとは、「発想のポップコーン製造機」です!



ワールド・カフェとは、想像力が活性化されるもの。



ワールド・カフェとは、誰もが参加でき、自分の発想を超えるものが得られる場所。



ワールド・カフェとは、クリエイティブで本質的な会話が生まれる場。



ワールド・カフェとは、人と人を結わえて、何かを生み出す場所。
AD
第一回ワールド・カフェ福岡に参加して下さった方の中から、掲載にご承諾下さった方の声を抜粋してご紹介します。今回のテーマは、「地域から社会を変える」でした。


★みんなが主役に!
参加者のみんなが主役になれるところが良いと思います!(吉原さくらさん:キャリアコンサルタント)


★想像を超えた空間!
いろいろな意見を交換できました。年齢や性別を超えて楽しめました。日頃、出会うことができない人達が集まると、さらに楽しそう。私からは想像できないような考え方を持っている人がいるといいな!(ひきさん:デザイナー)


★実際、ワールドカフェってどういうものか分からずに「なんか面白そう!」と思って参加しました。テーマである「地域から社会を変える」ってテーマについての、受け取り方もさまざまで、自分の考えの偏りにも気づかされました。いろいろな人のご意見を聞いたり、そして自分が話したりしているうちに、いろんな考えがポンポン浮かんできたり、初めて会う人の話を聞くのも楽しかった!そう、自由な感じがとってもよかったです。(M.Nさん:自由業)


★これからの時代にフィットしたシステム
ワールド・カフェは、これからの時代にフィットしたシステムだな~と思いました。一人だけの発想ではなく、その場に集積された知恵によって、各個人の持っている本質の扉を必ずや開いてくれるものだと確信しました。これから多くの場所で開催されるであろうワールド・カフェに可能な限り参加したいと思いました。(H.Uさん:公務員)
2010年2月20日に、はじめてのワールドカフェ福岡を開催。「地域から社会を変える」をテーマに楽しくいろいろなトピックに話が膨らんでいきました。



めんたいカフェ@ワールドカフェ福岡-ワールドカフェの様子2


















冒頭、「こうしたワールドカフェというコミュニティが、ティクナットハントのいう「次なる覚者は場に現れる」という「場」になるのではないでしょうか」というゲストの大江亞紀香トレーナーの言葉に触発されて、さまざまなアイデアが湧き出てきました。



たとえば、地域というと、つい地理的なものや行政区画などを連想してしまいがちですが、「そうした枠から抜け出ることも、ひとつの地域の捉え方として面白いんじゃない」というアイデアや、「それなら、いっそ店まるごと地域にしちゃえ」というアイデアなどが出て、とても創造性に満ちた場となりました。




めんたいカフェ@ワールドカフェ福岡-ワールドカフェの様子




また、マッシュアップの会を開催していらっしゃる吉原さくらさんも、「あらためてワールドカフェ、やったけど、これやっぱおもしろい!」と、一緒に共同で企画していこうという話で盛り上がりました。


次回は、いよいよ本物のカフェでやります。お店探しからですが、いろいろ探してみることにします。ご参加下さったみなさま、ありがとうございました。


尉川太尊