〜世界の先人たちの名言集~

あなたの心に響く名言に出逢えたら、

あなたの心にコピー&ペーストして、

ご自由にお持ち帰りください。

先人達の言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。


テーマ:


命令を質問の形に変えだけで、
気持ちよく受け入れてもらえるだけでなく、
その人の創造性も発揮される。

最高の思考は、
一人の時に生まれ、

最低の思考というのは、
混乱の中から生まれる。

不満こそが、
進歩するための鍵である。

人間の理性などに
頼ってはいけない。

まずは、頭の中を硬直させる
常識という理性を、
丸ごと捨ててしまいなさい。

私を天才だと言う人がいるが、
それは違う。

みんなが自分の力を
あらゆる方向に分散させているのに対し、

私は全てのエネルギーを
ひとつの仕事に
集中しているだけなんだよ。

発明家に必要なのは、
自分が発明したいものが、
人類にとって必要かどうか。

その判断さえ出来れば
十分なんだよ。

ほとんどの人の弱点は、
ほんの1、2回の失敗で
やめてしまうことなんだ。

わたしは自分が求めるものを
手に入れるまで、
決してあきらめるようなことはしない。

世の中の誰もが納得するような、
常識的な考え方をしていたのでは、
新しいものなど作り出せはしない。

成功に不可欠なのは、
自分の力を一点に集中することである。

あなたが普段行っている方法よりも、
もっとよい方法がかならず存在している。
それを見つけなさい。

一心不乱に働くこと。
これが気分転換には最高なんだよ。

作りあげたものがうまく機能しなくても、
それを無駄な物だと決めつけてはいけない。
それは次の一手になる。

一所懸命に働いている者は、
決して歳をとるということはない。

私は自分の葬式の日をもって、
人生からの引退の日とする。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、
首から上を働かせれば
無限の富を生み出せる。

1%のひらめきがなければ、
99%の努力は無駄である。

わたしの人生が、
一日八時間労働で
成り立っていたとしたら、

こんなに多くのことを
成し遂げることは、
出来なかっただろうね。

一日八時間労働制に感じた危機感は、
労働時間の不足などではない。

働くということが、
ただの決まりきった
作業になってしまうということだ。

わたしは、一日八時間労働制に
反対するつもりはない。

しかし、アメリカの勤勉な若者たちまで、
怠け者と足並みそろえることになるルールを
やみくもに認めるのは
どうだろうかと思っている。

慣性は、
創造性を殺してしまう。

わたしの人生哲学は、
仕事をすること。

自然界の秘密を引き出し、
人類の幸せのために応用するのだ。

われわれがこの世にいる短い間にできる
これ以上のサービスは、他にないだろう。






ペタしてね





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード