世界一周!World hoppin' blog

ガールズバックパッカー・マナの、世界一周記録ブログ。


テーマ:


なめていた。



完全になめていた。




こんな、壮絶な祭りだなんて、知る由もない。




「死ぬかもしれない」って思った。


本気で思ったからこそ、涙が溢れた。


恐怖で泣いた。


恐怖で叫んだ。




そして、



興奮で泣いた。


興奮で叫んだ。




こんなことって、もうたぶん、一生ない。




----------------------------------------------------------------------------





朝、寒さで目が覚めると、



小さな町に、


人が溢れかえっていた。



世界一周!World hoppin' blog




トマトが来る2時間前から、ずっと、ずっと興奮状態が続く。



人々は叫び、手を振り上げ、持っているビールやワインを空に投げ、飛沫が舞う。




世界一周!World hoppin' blog




ゴーグルと水着になり、準備を整える。


そう、この時はまだ、かろうじて笑顔を保てていた。




世界一周!World hoppin' blog




そのうち、ハムをくくりつけた、10メートルはありそうな木の棒が広場に立てられる。



トマト祭りの合図、ハム取り合戦だ。



棒倒しの要領で、男たちが叫びながら、次々棒に飛びついていく。



しかし、その棒にはせっけんや油が塗りたくられ、なかなかハムに到達できない。




群集は大興奮だ。




それもそのはず、



この中の誰かがハムをもぎ取れば、



トマトがやってくるのだ。





しかし・・・・




1時間たっても取れない。




もう興奮は狂気となる。





そして、誰かがハムに触った、そのすぐ後、







世界一周!World hoppin' blog



待望のトマトトラックが、


人で埋め尽くされた道に無理やり流れ込んできた。





世界一周!World hoppin' blog




凄まじい狂気の叫び。



皆が一斉に手を空に挙げる。




世界一周!World hoppin' blog




「La Tomatina~~~~~~!!!!!!!!!!」




世界一周!World hoppin' blog




もう何が起こったのか、分からなかった。




せっかくだし、一番メインの広場に行こうよと、


ど真ん中に待機していた私たちは、



文字通り、押しつぶされていた。





世界一周!World hoppin' blog




気がつけば、トラックに対し、一番の最前列にいた。



足の親指、1センチほどの所を、大型トラックのタイヤが通る。




「押さないでーーー!!!!」



絶叫した。



でもそんな声は誰にも届かなかった。



トラックに手を付き、必死に、轢かれないようにふんばるしかない。




世界一周!World hoppin' blog




トラックが通り過ぎた後、私はどうなるか。


そんなことは容易に想像できた。





群集の大絶叫と共に、



後ろから、人が押し寄せる。



もちろん、対面する道からも、人が押し寄せる。




私たちはど真ん中に押し出され、




人の群れと群れに、プレスされる。





世界一周!World hoppin' blog




私の身長は150センチに満たない。



そんなのが、この欧米人ハンバーガーの中でどうなるか。



もちろん、足なんか付かない。




息が出来ない!


苦しい!!


苦しい!!!


痛い!!





1分ほど、息の出来ない状態が続いた。



自分の腕の力を総動員して、周りの奴らとの間に、


呼吸が出来る程度の空間を保とうとしたが、上手く出来ない。



その間にも、口の中には、トマトや、巨大ホースから噴出される水が流れ込む。





「私は、圧死する。」





ゴーグルの中に、涙が溢れた。



声にならない声で、出来る限りの大絶叫をした。




世界一周!World hoppin' blog




「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」



誰のものか分からない大絶叫と共に、


後ろからどっと人が流れてきた。




この状態で倒れたりなんかしたら、本気で、本気で、死んでしまう。




もういい、


腕なんか折れていい。


足なんか折れていい。



とにかく私は死にたくない!!!!!





世界一周!World hoppin' blog




「マナーー!!!!!!」



やっと、抜け出た私の耳に、聞きなれた声が聞こえた。




ホナミちゃん、コウスケ、アズサさん。



近くに居る見知った顔は、この3人だけだった。




それでも、心強かった。



正直、この3人が名前を呼んでくれていなければ、


私はどっかで倒れていたに違いない。




お互い、名前を叫び続け、



はぐれても、何度はぐれても手を伸ばし、



必死に、しがみつく。






世界一周!World hoppin' blog




「痛ぁぁぁぁぁあああああいいいいいい!!!!!!」



ビーサンなんかとっくに脱げた、私の裸足の足は、


トマトの海の中で、プラスチックの破片を踏んだ。



その上を、欧米人の大きな足が、思い切り踏みつける。




「ぎゃああああああああああああ!!!!」



もう形振り構ってられない激痛。



叩いて、押しのけて、何とか脱出する。




しかしそれは、皆一緒だ。




世界一周!World hoppin' blog



もう訳の分からない興奮状態で、

また、3台目、4台目と、トマトを乗せた大型トラックが押し寄せてくる。




無我夢中で、叫び、ガンガンとトラックを叩いた。



ゴーグルの中が、涙で一杯になり、視界が白くぼやける。





その度に、ハンバーガーの繰り返しだ。






コウスケが叫んだ。



「エスケィプ!!!!エスケィーープ!!!」


女3人をかばっているコウスケも、もう極限だと見てとれる。






なんとしてでも逃げ出したかった。


とりあえず、この、ど真ん中から。





しかし逃げ道なんかない。




それでも必死だった。



必死に、逃げて、押して、押されて、逃げて。




気が付けば、ホナミちゃんと二人になった。




二人で手をつなぎ、なんとか、広場から抜け出た。





しかし今度は、興奮した奴らに、


二人ともTシャツをビリビリに破かれる。




もういい。



もうどうでもいい、なんでもいい!!!



とにかくこの場から出してくれ!!!!





------------------------------------------------------------------------------------



1時間という短い時間だったが、



興奮と狂気の渦の中じゃ、それが永遠のように感じられた。




全身脱力

満身創痍




しかし、ちらほらと仲間たちと合流し、なんとか笑顔を取り戻した。




帰り道には、救急車や、担架を運ぶ人がいた。



そりゃそうだ。


けが人が出ない訳がない。



死人が出ないのが、不思議なくらいだ。




世界一周!World hoppin' blog



こんな経験はもう二度とないだろう。



凄まじかった、トマト祭り。




世界一周!World hoppin' blog


最後は、ホースの水でトマトを洗い流し、



興奮収まらず震える体を、温めるくらいのことしか出来なかった。




-----------------------------------------------------------------------------------


本日の写真はすべてホナミちゃんの万能防水カメラより拝借w


ホナミちゃんのトマティーナ記事も、すっごく伝わるので、是非一読をw

http://ameblo.jp/sekaitabi-honami/entry-10630316736.html




AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

マナさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。