2016-02-13 12:59:05

小林節・慶大名誉教授の批判にはガッカリ... Disappointed at Keio...

テーマ:ニッポンの新常識

【ニッポンの新常識】 Common Knowledge Revisited 53

小林節・慶大名誉教授の批判にはガッカリした 主張は空論にすぎない
Disappointed at Keio Honorary Professor Kobayashi; Arguments Are Empty Theory


 憲法学者で、慶應義塾大学の小林節名誉教授が先月、神奈川県・鎌倉で開かれた講演会の中で、私を名指しで批判したという話を聞いた。「ついに本格的な論客と議論できそうだ」と大いに期待した。
 I heard that last month Mr. Setsu Kobayashi, a constitutional scholar and Honorary Professor at Keio University, had some critical things to say about me personally in a speech which he delivered in Kamakura, Kanagawa Prefecture. I was excited thinking I might be able to have a serious debate with a critic.


 さっそく、動画サイト「ユーチューブ」上で講演動画を見つけて、視聴した。結論から先に言えば、がっかりした。ツッコミを入れたい場面は数限りなくあったが、話が散漫にならないよう論点を2つに絞る。
 I immediately looked up the video site on YouTube and watched the speech. To state the conclusion at the outset, I was quite disappointed. There were innumerable things with which I wanted to take issue, but for the sake of orderly discourse, I will boil it down to two points.


日本語の続きはこちら。http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160213/dms1602131000006-n1.htm

160213-01 


 The first point was his criticism concerning the “Association of Audiences Seeking Adherence to the Broadcast Law” of which I am a founding member. Mr. Kobayashi took issue as follows with the paid opinion advertisement which we ran in the newspaper calling upon the broadcast media to observe the provisions of Article 4 of the Broadcast Law.


(1) The Broadcast Law is only an ethical guideline.
 On this point, Minister of Internal Affairs and Communications Sanae Takaichi testified in budget committee hearings of the Diet on February 8th that the Broadcast Law which provides for broadcasts to be “politically fair” is “not merely an ethical guideline but rather has the force of law,” and that broadcast suspension in the event of repeated violations by a broadcaster “cannot be entirely ruled out in the future.” Mr. Kobayashi must be very displeased.


  (2)The paid opinion advertisement will invite post-censorship such as existed before the war.
 Mr. Kobayashi argued that “Imperial Japan and the Nazis practiced both pre- and post-censorship, but after the war, Article 21(2) of the Japanese Constitution strictly prohibited censorship.” Could it be that he is not aware of the fact that immediately after the end of the war, GHQ promulgated a Press Code listing 30 subjects which were the object of thorough censorship? If he is aware of that fact but went out of his way to ignore it, then we must conclude that “his object is to control or mislead people who lack historical information.”

 This censorship, which continued even after the promulgation of the Japanese Constitution, Article 21(2) until the end of the occupation, warped the Japanese media. Self-censorship for fear of violation of the Press Code spawned a Japan where pluralistic information became unavailable, and the situation persists to this day. Mr. Kobayashi’s arguments are empty theory if not grounded in historical fact.
 

  (3)The Yomiuri Newspaper and Sankei Newspaper, who ran the paid opinion advertisement, were parties to censorship.
 This is incomprehensible. The forces opposed to the paid opinion advertisement are themselves putting pressure on the newspapers and attempting to engage in blatant post-censorship to suppress opposing opinions. It is typical of leftist critics that they cannot recognize the simple self-contradictions in their own arguments.


 The second point was a criticism of my argument that “the Japanese Constitution should be amended.” He seems to be objecting to allowing an American to participate in the constitutional debate, but the draft constitution itself was written in one week by a group of amateur Americans. There is no way he could not know that.


 Beginning as long as 30 years ago Mr. Kobayashi openly advocated the revision of Article 9 of the constitution and the exercise of collective self-defense, but during the last few years he has taken to calling the security bills “ the war bills.”


 Which countries will be most happy about the huge loss to both Japan and the U.S.?



やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人/PHP研究所
 

¥1,620

Amazon.co.jp


危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告/産経新聞出版
 

¥1,404

Amazon.co.jp

 


毎週日曜日発行 まぐまぐメルマガ:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/
放送法遵守を求める視聴者の会:http://housouhou.wix.com/tvwatch

  

 


 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

7 ■無題

電波は総務省の認可を受けて放送局に与えられます。
公共の福祉を目的に公平な両論を紹介するのが放送局の役割でありましょう。

放送局に求められているのは公正さであります。

価値判断の主体は視聴者であり国民であって、放送局で偏った一方の意見を押し付けがましく述べるキャスタ―であるはずがない。

言論の自由と民主主義を盾に反自民、反権力のプロパガンダに奔走する誤った地蔵集団に電波を独占されてきたこれまでのテレビ、ラジオでした。

傲り昂りも甚だしいことです。国民を馬鹿にしていますし、民主主義を履き違えています。

新聞や雑誌などのメディアでは、思想信念に基づいた報道や主張は自由に社会的責任の範囲内で表現する自由が補償されていますが、電波は放送法を根拠に認可されるのですから、法は守らねばならないのです。

高市早苗大臣よ!よくぞ言ってくれたと言いたいです。


古舘伊知郎さん、岸井成格さん、国谷裕子さん、古賀茂明さん、サヨウナラ!(笑)

おっとまだ関口宏さんが残っていますね。

6 ■案ずるより産むが易し

いつもあれこれ心配しすぎて、必要以上に細かいことに注文をつけすぎると、かえって周りの皆が不安になってくるものです。ケント様のように、どーんと太っ腹で悠然と構え正々堂々と戦う姿に人々は安堵と心意気を感じるものではないでしょうか?

5 ■新しい出発

夫婦別姓の隣国。家、イエを重んじる日本。先祖、血縁の古いしがらみよりも、新しい出会いの、夫、家、イエ、組織、会社との共同作業を重んじる日本。家、イエを中心とした血縁のみならず地縁の村社会での農業の共同作業。日本人は、徳のあるお殿様、組織、会社に忠誠を尽くして今日の日本があるのかもしれません。すべてのしがらみを捨てて、血縁、同族運営を見直して、新しい日本を目指すべきではないでしょうか?

4 ■荒城の月

同床異夢の平和の大行進はいったいどこへいったのでしょう。ケント様の米国の労働組合は会社ごとにあるのでしょうか?日本の場合は、○色の濃淡によって社長をさん付けで呼ぶ組合と呼び捨てにする組合とがひとつの会社に存在する場合もあるようです。両者は互いにあまり仲が良くない場合が多いようです。日本の労働組合数は二万五千とも言われますから、全国行脚を続けたとしてもどのぐらい掛かるのか、纏め上げるのは国際政治よりも難しいのではないでしょうか?

3 ■無題

 竹田恒泰氏の師匠という事で有名になった方だと思いますが、戦勝国史観からの脱却が済んでいないようですね。

2 ■小林節先生について

大学が法学部で、民事訴訟法のゼミに入っていました。他大学(当時は上智大学)の小林節先生は、ずっと、民事訴訟法を研究しておられ、最近憲法も、勉強しているとのこと。しかし、一流の憲法学者の方とくらべると、論理的なツメが感じられず、はっきりいって2流、いや3流どころという感じです。民事訴訟法もご著書を拝見したかぎりではたいしたことなかったけど。このヒトの本職は民事訴訟法です。去年の安保法制の主張もたいしたことなかったですけどね。

1 ■「敗戦利得者」

渡部昇一氏の造語で、「敗戦利得者」とは、GHQの「公職追放令」によって後釜に座った左翼的な官僚、大学総長・教授、「農地改革」で農地を取得し土地成金に成った元小作人、「土地を強奪した在日朝鮮人」等を言います。

戦後の日本はこの一語で完結できる環境だと思いますが、どうでしょうか。
この学者もその一人でしょうね。
こんな人間ばかりが楽をして生きている国ってなんなんでしょうね。
真面目に暮らしている多くの国民はまるで無能のようです。

立ち上がらない、怒らない、私たちがいけないんですが・・・。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み