2016-01-29 22:13:21

自虐史観のオンパレード、NHK「戦争証言アーカイブス」(NoEnglishAvailable)

テーマ:書籍・動画・資料等

ほんの少しだけ見ましたが、まさに「自虐史観」のオンパレードでした。
すっかり染まりたい方は、是非ご利用下さい。


NHK「戦争証言アーカイブス」

160129-01 
http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/


どうも最近のNHKの歴史番組を見ていると「反米色」が強いみたいだから、そろそろWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)に基づく終戦後のGHQによる徹底的な検閲や、プレスコードの話も放送して良いのでは?


それから、最高司令官を解任されて帰国したマッカーサー元帥が、1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で、
「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security(=日本が戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだった)」
と証言したことの特集も、「NHKスペシャル」あたりで放送した方がいいんじゃないのかな?


もちろん、終戦直後にラジオ番組「真相箱(or 真相はこうだ)」で、南京大虐殺の大嘘を流した件の反省も、表明して下さいね。(^^)



やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人/PHP研究所

¥1,620
Amazon.co.jp

 

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告/産経新聞出版
 


 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■無題

>ケント・ギルバート様
正直言って、私にもわかりません。桜井氏はろくに調べずに思い込みで言ってるだけですから。そのあたりを指摘されても、全然気にしてないようですし。
冤罪問題では「思い込みにとらわれずに調べろ」と言ってるのに。
やはり、左派勢力の影響が強いのでしょう。
ただ、なぜ冤罪問題の市民運動に左派勢力の影響が強いか、といえば皆さんが無関心だからでしょう。当然、左派系の意見以外には耳を傾けなくなります。
桜井さんのような冤罪被害者は警察や裁判所で理不尽な思いをしているから、戦前の政府や軍隊は非道なことをしたに違いないと考えやすくなってしまうものなのでしょう。
そして、この人たちが国連の人権問題を扱う場で「日本は被疑者の人権を尊重しない」と訴えるし、「慰安婦は性奴隷だ」という主張に同調することになるわけです。

犯罪捜査も歴史問題も、「思い込みを捨てて、記録や証拠を吟味して真実を明らかにすべきだ」ということは共通しているはずなのですが、それができずにいるため、お互いに足を引っ張り合い、取り調べの可視化や弁護士の同席といった被疑者の人権を守る法律もできないし、歴史問題の解決もできないというわけですから、ばかばかしい限りです。
ここに集う皆さんは、どう思われますか?

11 ■日本の真の自立はWGIPからの覚醒教育だ

WGIPの日本人の東京国際裁判自虐症候群から覚醒しろとの警鐘に感謝しています。
日本でも以前から江藤淳の「閉ざされた言論空間」で存在を指摘されてきたところですが、やっと最近になってケントさんの書籍や関岡通夫の 『日本人を狂わせた洗脳工作-いまなお続く占領軍の心理作戦』の出版で実物の存在を明らかにされたところです。
戦後国民は中高齢者までGHQの戦争罪意識扶植計画に洗脳され、ましてや多くの若者は平和ボケで正しい近現代史の歴史認識を知ろうともしません。
護憲平和で丸裸九条の死守の平和念仏のお花畑ぶりがその最たるものです。
これらはNHKは元より民放・新聞メディアが偏向反日報道を連日続けていることも原因で組織内部が反日勢力に汚染されている事が原因で万死に値する大罪です。
これには時間が掛かれど日教組に汚染された近現代歴史教育を改革するしかありません。
慰安婦・南京など日本を貶めている反日利権者の捏造虚偽案件に対し世界に反証すべき課題はたくさんあります。一国民として是非ご協力いただきたいです。
今後も書籍、講演、TV、ブログ、虎ノ門ニュース8時入り等々で活躍され老若男女に覚醒喚起されることを祈っています。(gaschan)

10 ■流浪人というやつでしょうか?

もう秋になりましたね。ブログ拝見しました。どこにでもある日常ですが、それが私の心にしみました。私は普段から取り留めもないことばかりを書いていますが、もしよければ御覧下さい。

9 ■Re:自虐史観の話なら

>keigu-genbunさん

冤罪に苦しんだ人が、旧日本軍にかけられた冤罪を、「いい加減に安倍さんも素直に認めなよ」とおっしゃる意味が全くわかりません。

8 ■無題

そもそも、日米戦争という、理由のいまいちわからない戦争に突入したのは、ロシアスパイ、ゾルゲなどの活躍によるものでは、ないのか?
 
 それにって、当時、ドイツと日本で、ロシアをはさみうちにする計画を翻された。
 現在、これだけ、人権保障のない大きな国を放置できるのだから、当時、立憲君主国を急いで、潰す必要もなかっただろう。
 天皇家は、イギリスを見習って、民主主義に転換する計画もあったのだから。

7 ■無題

>終戦後のGHQによる徹底的な検閲や

前にNHKの他のドキュメンタリー番組でちょっとそれに触れてたけど、既に冷戦が始まってて共産主義者の監視の為でもあったとかナントカ言ってて「共産主義者が可哀想」みたいなトーンで解説してましたよ(笑。
NHKは労組の巣窟ですからねw

6 ■偽ユダヤ人の宿敵の、聖書で祝福が約束されている本物ユダヤ人と契約の箱が・・・

全朝鮮人帰国命令で朝鮮半島へ強制送還を中断させて朝鮮人連盟結成させたのは、マッカーサーを更迭した偽ユダヤだと思います。これらが後半のGHQを支配し占領統治の変質を伴い、自虐史観政策を朝鮮人連盟・日本共産党・日本社会党らと一体関係で、戦後日本の弱体化工作を進めて来て居ると思います。NHKも真っ先にGHQに制圧され、読売・日本テレビ網の正力松太郎は、岸信介・児玉誉士夫らと共にCIAの工作員として現在に至っています。
ドイツにしてない事を日本にだけ行った原因は、偽ユダヤ人の宿敵の、聖書で祝福が約束されている本物ユダヤ人と契約の箱が、日本に有るからなのは歴然だと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Lu8h_YWQXqI 

5 ■無題

 最近産経新聞でフィリピン特集があり、独立が日本の敗戦後と戦勝国史観に染まっていてガッカリしました。

 フィリピン最初の独立は日本軍占領下の1943年3月ですし、ビルマ(現ミャンマー)は同年8月、翌1944年3月にはインドシナ。

 インドネシアとマレーは終戦迄に独立は間に合わいませんでしたが、日本は両国独立の基礎となるインドネシア独立義勇軍(PETA)及びマレー興亜訓練所を設置し育成指導しています。

 また日本軍が編成させたインド国民軍は、悲惨な戦場となったインパール戦線を日本軍と共に戦い、インド独立の礎となりました。イギリスがこのインド国民軍を反乱軍だとして設けた軍事裁判はインド全土に暴動を呼び、その結果1947年にインドも独立しました。

 フィリピン特集ならば、ガナップ党ベニグノ・ラモス党首や老将軍アルテミオ・リカルテなどの記事を載せて欲しかったです。

4 ■3の続きです。

あまりのショックにURLを載せ忘れました。

http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-162.html

3 ■ケントさんは、こういうこともご存知でしょうか?

私たちが刷りこまれたのは自虐史観と国家否定だけではありませんね。
当時の米軍がどれほど残虐であったかも、全部伏せられてきたのです。
このサイトに載せられているものは、正直、私が想像すらしなかったことばかりで、
とても最後まで読み続けることができませんでした。

2 ■自虐史観の話なら

 下のリンクは冤罪問題に取り組んで日本中を奔走している桜井さんという人のブログの歴史問題に関する発言です。たいてい、冤罪問題とかの人権活動をしている人はこういう発言になりがちです。
 冤罪をなくそうと思ったら、思い込みにとらわれずに資料や記録を冷静に分析すべきなのですが、ケントさんや皆さんは読んでみてどう思われるでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/syouji0124/e/9673936a66fdb58998da42e996079fdf

http://blog.goo.ne.jp/syouji0124/e/88245e42439eb1c585c649f3bfbe0ef8

 一応言っておくと、桜井さんは冤罪による逮捕・有罪判決によって27年も投獄され、やっとの思いで再審無罪を勝ち取った経歴のある人です。
 権力の横暴の犠牲者ともいえるので、かつての日本が残虐なことをしたという話を信じやすくなるのかもしれません。また、この手の活動はどうしても左派系の独壇場になりがちです。
 
 ただ、「思い込みにとらわれない取り調べを」と訴える人がこういうことになるのはいかがなものでしょうか。

1 ■NHK。

NHK。

いつも見させていただいています。

NHKはロシアの権力下にあると言っていいでしょう。

前々からそう思っていました。

とても残念です。

じゃあ。
川影杉雄

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み