words of hearts 「コトダマ」

札幌で活動中の劇団words of heartsのいろいろ


テーマ:
まちだです。
WOH第10回公演「今度は愛妻家」が無事に終わりました。
ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。
取りあえず片付けも一段落し、ちょっとだけ一息ついているところです。
今回も色んな課題に立ち向かった公演でした。
毎日のように自分を叱咤激励しながら、遅い歩みを一歩ずつ繰り返して取り組んできました。
何度も高く分厚い壁に阻まれました。
それを全てクリアできたかどうかは解りませんが、逃げることなく立ち向かいました。
その結果、自分がどう成長できたのかは、きっとこれからの活動ではっきりするのだと思います

見て頂いた方々からも様々なご意見を頂戴しました。
お褒めの言葉もあれば、当然ながら厳しいご批判もあります。
僕も人間ですから、そのたびに気分の乱高下があるわけですが、決して逃げることなく真っ向から受け止めようと思います。 

役者陣、スタッフ、今回も人に恵まれました。
本当に感謝いたします。
ここで得た成果を次の劇作に活かして行こうと思います。
次回は11月パトスにて。
更に進化した舞台をお見せできるよう精進します。
皆さんのお越しをお待ちしています。
今後ともwords of heartsをよろしくお願いいたします。



小屋入りしてからは余り写真が撮れなかったので。
打ち上げの様子です。
こうして役者5人がそろっての写真は珍しいですね。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今回の役者紹介は最年少の倖田直機君です。
……これ何してんでしょ。
顔は見えませんが、ちょっかいを出しているのは、ご存じ極悪王子の村上君です。
まあ、倖田君もまんざらではないようです。

倖田君との出会いは昨年参加した「コレカラの人・G’」でした。
チームが違ったので、直接一緒にお芝居をしたわけではないのですが、舞台上で走り回る彼を拝見しました。「若手でこういう人がいるんだあ」と興味深かったのを覚えています。
それ以降の彼の大活躍は言うまでもありません。
今年は何本の舞台に出演するんでしょ。
現在、札幌で一番の注目株ですよ。



今回、彼は主人公である北見の弟子である『誠』を演じています。
この役をお願いするためにお会いしたときが初めて話したときでした。
僕は倍以上も年上なのに、結構緊張しました(笑)。
そのときに知ったのですが、彼自身もこの作品が元々好きで(映画のほう)、突然のお願いも快諾して頂き、本当にありがたかったです。
本編でもナイーブで純情な青年を「らしく」演じてくれています。
稽古場での彼は割とやんちゃです。
特に村上君には敵意剥き出しです。
と言うのも、村上君が大人げなくちょっかいを出すためで、周りも倖田君に同情気味です。
いつあの二人が殴り合いを始めるかひやひやしています。
どうか何事もなく時が過ぎますように。

とにもかくにも倖田直機君の存在感にやられてください。



ポーズをお願いしたらこうされました。
リアクションに困ります(笑)。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
連休中も稽古を続けています。
まだまだ散漫な部分も多々ありますが、確実に進化しています。
火曜日からは遊戯祭に参加していた倖田君も復帰し、ますます稽古に熱気が出てきました。
実は本番までもう少しです。
それまでやるべきことが山積みです。
焦りがちになりそうな気持ちを上手くコントロールして、まだまだ先にあるゴールを目指します。
稽古場の雰囲気は上々です。
昨日は稽古後に焼き肉を食べに行きました。
食べ飲み放題と言うことだったので、張り切ってがっついたら、すぐにお腹いっぱいに。
ペース配分、大事ですね。
参加した方々も大いに食べ、飲み、喋っていました。
結束がより強くなったんじゃないかなと思います。
この勢いで本番まで頑張ります。


松橋さん&彩乃さん。寄り添う姿は親子のようです。
舞台上での二人の関係は見どころですよ。



袖山です。新しい役どころに試行錯誤の日々です。
ここでは可愛らしく飲んでいます。


村上君。カメラを向けるとこの表情。
胡散臭く肉を焼いていました。何かたくらみがあるのかもしれません。


今回の座組で最年少の倖田くん。。
僕は早々にリタイアしたのですが、彼はさすがの若さで時間ぎりぎりまで食べていました。

劇団wrods of hearts第10回公演『今度は愛妻家』は5月20日からパトスで上演します。
皆さんのお越しをお待ちしています。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
今夜の役者紹介は番外編。
今回は演出助手として参加している、劇団員・河井秀晃です。



彼はある意味とても重要な役割を担っているのです。
稽古に来れない役者の代わりにその役を演じてくれるのです。
時には複数の役を一日にこなすこともあり、とっても大変なのです。
それでも彼は真摯に取り組んでくれます。
回を追うごとに上手くなっていきます(笑)。
代役がないときは稽古の様子を写真に撮り、台詞や段取りの変更を伝えてくれているのです。
そんな彼は他の役者陣の信頼も厚く、稽古が順調に進んでいるの彼のおかげと言っても過言ではないのです。ありがたいことです。

ただ、彼も人間です。
これだけ稽古に参加していたら、人前でやりたくなるのは必然です。
実はここだけの話なんですが、彼は密かに誰かを降板させて自分が出演しようと画策しているらしいのです。他の役者陣は戦々恐々ですね。

そんな頼もしいスタッフに支えられている『今度は愛妻家』です。
素敵な舞台にならないわけありません。
是非とも劇場にお越しくださいね。



どうですか。この表情。
代役の迫力ではありません(笑)。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
4月も終わりだと言うのに、とても寒い札幌です。
今日からGWなんですよ?それなのに冬に逆戻りしたようです。
早く暖かくならないですかね。

さて役者紹介の第3弾。
今回は吉沢蘭子役の劇団員・袖山このみです。



これまで劇団でも客演でも様々な役を演じて来た彼女ですが、今回は今までにないチャレンジをしています。
特に蘭子いう人は感情の起伏がコロコロ変化するのです。
笑ったり、強がったり、苛立ったり、怒ったり。
自分が台本を書く立場だったら、こんな風にさせるだろうかと最初の頃は思っていました。
でも最近になって、とても素直な女性なのではないかと思っているのです。
すっかり大人になった人がいつの間にか忘れてしまったものを、まだギリギリのところで持っているみたいな。
袖山もその気持ちの流れを模索しながら試行錯誤を続けています。
稽古のたびに上手くいったりいかなかったりして、その原因を探るのです。
その甲斐あって、徐々にではありますが、袖山の中に蘭子が色濃く入って来つつあります。
袖山、いい感じですよ。



稽古場の袖山は末っ子気質を存分に発揮して、松橋さんに甘え、村上君にはツンデレをかましています。寺元さんとは姉妹のようです。
そんな自由に振る舞う袖山このみを劇場で目撃してください。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
シリーズ役者紹介その②
今日は北見さくら役の寺元彩乃さんです。



いやーかっこいいですね。
自らを「おっさん」と名乗り、豪快なその立ち振る舞いは稽古場に活気をもたらせてくれます。
おっさん……、いやいや彼女との出会いは今や大人気の人形劇集団「トランク機械シアター」の現場でした。
当日のお手伝いに伺ったときに、出演者としていたのが寺元さんでした。
失礼ながら、僕は彼女のことを知らなかったのですが、彼女は僕の噂をさんざん聞いていたようで、ほぼ初対面の状態で「ああ、あんたがまっちぃか!」と言われました(笑)。
ちなみに、どんな噂を聞いていたかは怖くて聞けません。

そこで彼女の芝居を見て、その存在感はとても印象に残りました。
ついにと言うか、満を持してWOH初参戦です。
今回は主人公の妻、北見さくらを演じてくれます。
実は、彼女の存在がこの物語の根幹だったりするのです。
彼女を取り巻く人々の物語と言い換えてもいいかもしれません。
それだけに彼女への要求はほぼ無理難題です。



彼女の魅力はクレバーなところです。
こちらの要求の意図を素早く読み取ってくれます。
勿論、時にはすぐに解決しないようなことでも、しっかりと考えてくれるのがありがたいですね。
こちらとしても遠慮なく「こんな感じに出来る?」と、取りあえず言うことが出来るのです。
無理難題の出し甲斐があるというか。
向こうにしてみればいい迷惑かもしれませんが。
いずれにしても、寺元彩乃が演じる「北見さくら」にぐっと惹きつけられてください。



稽古の後のお楽しみ。
彩乃さんは酒好きです。
酒が入ると「おっさん度」がアップします。
個人的には彼女の「乾いた下ネタ」が大好きです。
もし聞きたい方は、一緒に飲みに行きましょう(笑)。

劇団words of hearts第10回公演「今度は愛妻家」は、5月20日から22日@パトスです。
皆さんのご来場、心よりお待ちしています。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
本番まで一か月を切り、稽古も徐々に熱量が上がっています。
そこで不定期更新ながら役者紹介をしようかと。
第1弾はやはり今回の主演、村上義典くんから。



今回の出演のために、初めて彼に連絡をしました。
それまでは舞台の上にいる彼を拝見するだけで、ほとんど話をしたことがなかったのです。
知人から連絡先を聞き、いきなりメールをして、「お時間頂けませんか」と札幌駅構内のカフェに呼び出しました。
話をしているうちに、村上君もこの作品が元々好きだということで、一気に主役をお願いしたい旨をお伝えし、一週間ほど焦らされ、晴れて今回WOH初出演となりました。

初めて村上君のお芝居を観たのは8年ほど前でしょうか。
僕はまだ舞台造りを始めていない頃です。
舞台上を所狭しを走り回り、汗を迸らせている姿に目を奪われました。
僕が「舞台をやってみたい」と衝動的に思うきっかけをくれた一人になるわけです。
そんな人が参加してくれるというのは感慨深いものがありますね。
ただ稽古場の彼は予想以上にアホなことばっかりしていて、下品な下ネタや、女優陣へのセクハラなど悪行三昧です。そろそろ堪忍袋の緒も切れそうです。本番までは忍の一字ですね。



本作品で村上君は主演の北見俊介を演じます。
ナイーブでだらしないぐうたら亭主です。
でも村上君が演じるとそれもまた愛しく感じてしまうのです。
必見ですよ!


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
当ブログをご覧の皆さん、お元気でしょうか。
座組にちらほら体調不良の人が出て来ています。
まあ、天候が不安定ですからね。
そろそろ温かくなってほしいものです。

なのでいない人の代役を立てながらやりました。
他の人の役をやると、別の視点から見えてくることがあります。
今日の稽古でも新しい発見がありました。
まだまだ荒削りの中に、ちょっとした別の色が滲みだすというか。
それが正しいのかどうかは解りません。
もう二度とやらないかもしれません。
でも稽古の場ではその積み重ねがとても大事なのです。
そこからどれを選択するのか。
どれをお客さんにお見せするか。
ギリギリまで試行錯誤しようと思います。
その作業はとてつもなくしんどいのですが、とてつもなく楽しいことでもあるのです。
日が変われば、本番までちょうど一カ月。
長距離を戦力疾走する日々はまだまだ続きます。

あ、写真を撮り忘れた。
稽古場はいつもでフルオープンです。
ご希望の方はwords_of_hearts@yahoo.co.jpまで。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
昨日の稽古の様子です。



そうです。取材を受けているのです。
札幌のサブカルチャーを紹介している「のぼちか」というYouTubeの番組で、我々の劇団がと5月の本公演が紹介されるのです。オレンジ色がまぶしいメインMCはバスタバディさん。札幌で活動しているミュージシャンです。


主役の二人が喋っています。なかなか板についてますね。


僕も取材を受けました。画面の真ん中は仲野です。何故かわからないけどいい笑顔です。


この模様は5月ごろにアップされるそうです。
そして番組を見て初めてWOHw知った人が公演を見に来てくれるなんてことになればいいなあと思うのです。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちだです。
今日は稽古の序盤にちょっとしたゲームをしました。

まずは稽古場に椅子やカバンなどの障害物をランダムに配置します。
二人一組になって、片方が目をつぶり、もう片方出す指示に従って障害物を越えていくのです。

伝える側がしっかりと情報を伝えないと、障害物にぶつかってしまいます。
しかも両組同時にやったので、他チームの指示に惑わされないようにしないといけないのです。


意外に盛り上がるんですよ。
ちょっと時間の空いたときにやってみてください(笑)。

勿論、これで終わるわけではありません。
これまでの取り組みを踏まえて、最初から行けるところまでやってみました。
進歩しているところと、まだまだ精査が必要なところと徐々に色濃くなってきました。
これが全編を通して高いレベルで均一な濃度になるように取り組んでいきます。
改めて、この物語は面白いです。染み渡ります。
見逃さずに、来月の予定を決めておいてくださいね。


前にいるのが倖田君。ここのところ色んな公演に出演している売れっ子です。
遊戯祭が目前なのにこちらの稽古に参加して頂きました。


あ、これ休憩中ではありません。これもれっきとしたシーンなのです。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。