偏差値30からの中学受験コンシェルジュ

模試E判定から合格を勝ち取りたい。
落ちこぼれを脱却して、内部進学を叶えたい。

そんな願いを叶えます。
決して平坦な道のちではありませんが、
偏差値30→60までUPして
憧れの人気校に合格しよう!
これまでの様々な生徒のドラマを
お届けします。


テーマ:
まず、最初の例は、E判定から見事に合格を勝ち取ったKちゃんの家をご紹介します。Kちゃんから家庭教師の依頼を受けたのは、中学受験もすでに、残り半年をきった秋のことでした。Kちゃんは、当時日能研と算数の専門塾に通っていました。第一志望校は、神奈川県で人気の女子校Sでした。ところが模試の結果は、いつも決まってE判定。それもそのはず、偏差値が15も届いていないのです。日能研の面談では、至急、志望校の変更を求められていました。苦手克服のために、夏から通い始めていた算数の専門塾からも、志望校を諦めるように強く迫られていました。それでも、どうしても第一志望は変更したくないという思いで、何とか学力をあげる術はないかとかけあっていたようでした。が、塾からの返答は「無理」という厳しいものでした。それでも、どうにかしたいという必死な思いで、週4日の塾通いに加えて家庭教師を依頼したという経緯でした。
 ここまで聞くと、確かに志望校を適切に変更するのが妥当な気がします。今、冷静になって考えてみると私自身そう思うのです。しかし、なぜか私は、何とかしてご家庭の熱意にこたえたいと思いました。当時は今よりも若さがあったからかもしれません。でも、その家に招かれてお話を伺い、家庭全体から伝わってくる何かが私の心を動かした、とも思うのです。そこで、Kちゃんの部屋、家を詳しく分析して考えてみることにします。Kちゃんの家族は5人家族です。Kちゃんとお父さん、お母さん、一つ歳下の妹、三歳の弟でした。お父さんは実業家、お母さんは専業主婦。家の中では一番末っ子の弟が元気に走り回り、非常ににぎやかであわただしい毎日でした。Kちゃんとの学習は、Kちゃんと妹の子ども部屋で行いました。私との学習の間、妹と弟はすぐ隣のリビングで遊んだり、宿題をしていました。そして、2時間の学習が終わるとリビングへ戻り、家族と会話をするという形式で行っていました。その流れは一見するとよくある家庭のように思われます。しかし、Kちゃんの家庭は他とは違う1点がありました。
 それは、「line」(導線)への徹底的な工夫がなされていたことです。「合格する子どもに共通のお部屋」に見られる「line」(導線)があったのです。Kちゃんの家のリビングには大きなコルクボードが壁に設置されていました。
 注目すべきは、リビング。
テレビの横に大きなコルクボードが立てて
ありました。

そのボードには、毎日、子どもたちが
自由に好きなものを貼りつけていました。
ちょっとしたお絵かきや、学校の手紙。
お気に入りのキャラクターなどなど。

テレビの横にあるので、必ず家族みんな
の目に入るように、自然に導線が作られ
ていたのです
さらにすばらしいことは、子どもたちの
貼ったものについて、お父さんとお母さ
んのどちらかが必ず、はなまるやニッコリ
した顔のマークを書いていたことです。


ボードを中心に家族が集まり、会話をす
る。そんな流れができていました。3人
兄弟のお世話に忙しいお母さんの目も、
ボードを通して偏りなく3人に行きわた
ります。夜帰りの遅いお父さんとの交流
もはかることができます。

そんなKちゃんの家には、あたたかい
ハーモニーが流れていました。


そして、偏差値15差を乗り越える試練は、
このボードから始めることになりました。

私は志望校の過去問題の中で、
できなかった箇所を切り取って、
ボードにはりつけることを進めました。


そして1問ごとに吹き出しの付箋を
用意して、一緒にはりつけたのです。
すると、即座に他の兄弟が付箋にはなまる
をつけたり、シールを貼ってくれました。
次にお母さんが「がんばりました」の
コメント。夜になるとお父さんのコメント
が書かれました。


こうして、ボードを中心に家族みんなが
Kちゃんを励ますという良い循環が
導かれました。
1か月、2か月と続けていくうちに、
不思議なことに塾から見放されたという
絶望感も消え、プレッシャーも消えて
いきました。


過去問題のみを徹底して行いましたので、
模試の成績は最後まで最悪でしたが、
受験を前にしたKちゃんの目の前にある
ものは、もはや家族の絶対的な応援と
過去問題を徹底したことへの自信でした。
こうして受験を迎えた結果、見事Kちゃんは、
第一志望校へ合格したのです。
忙しい毎日の中、見過ごしてしまいがちな
お部屋づくり。
しかし、そこを見直してみることで、
意外な合格への抜け道が見つかるかもしれません。


Kちゃんのボードは、一例ですが導線の
作り方にこたえはありません。

あなたのご家庭にぴったりの導線は、
どのようなものでしょうか。
激安印刷なら通販【プリントネット
AD
いいね!(341)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。