2017-05-06

アトリエのバラが咲くまで。 その7

テーマ:アトリエ 管理と庭仕事 

バラの庭 東大和市

 

 

深まる緑の葉に たくさんの蕾を並べる フロントガーデン。

 

 

バラのアーチ 木製

 

 

冬のイメージが形と成り始める中・・

 

気になる対象となる、カーディナル ド リシュリュー。

 

 

カーディナルドリシュリュー バラ

 

 

移植後から調整を重ねて来ましたが、芽吹きの遅れる枝も増え・・

 

春の景色を崩しかねないと判断し、一面の組立を見直すことに。

 

 

カーディナルドリシュリュー バラ

 

 

取り回せるであろう枝を見極め、芽を傷めないよう解いて行きます。

 

 

カーディナルドリシュリュー バラ

 

 

芽吹きを見込める枝を軸に形を組み替えたところ。

 

数える程度の花でも 色合いを掴めるので、枯れ込みさえしなければ良しでしょう。

 

 

ヴァイオレット バラ

 

 

花後や夏場に調子を崩す事もあるので、状態に見合う管理をしばらくは。

 

 

rose garden wood chips

 

 

3号館のシジュウカラとは、このところで顔見知り。 近くに居ても大丈夫だと覚えてもらえました。

 

 

バードハウス シジュウカラ

 

 

3年目になるヒルズのバラは、調整が追いつかない程の勢いで伸びてきました。

 

管理は春の形を崩さないためだけでなく、広がり行く景色の初期設定であったりも。

 

 

バラの庭 窓

 

 

シーズンの開幕は・・ 明日にでも最終調整しておかないと。

 

 

オリビアローズオースチン バラ

 

 

倉庫前の花壇もそろそろ。

chopotaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります