ゆずバブ

テーマ:
ゆっくりお風呂に入って、ゆずバブで汚れ落とした感じする。体の中のよごれちゃん、血液でちゃんと運ばれていった。
AD

健康増進について

テーマ:

ジョナサンケイナーのサイトより。

転載していいんだろうか。。。

でも、リンクはってもきえちゃうし。。。


野生動物の健康法
マーク・ウィンター


 動物の生態を研究しているシンディ・エンゲルさんによると、自然に親しむことが健康の増進につながるとのことです。彼女は野生動物が病気にならないことに注目し、その理由を探ろうとしました。彼女の結論は「動物から学ぶことは多い」ということでした。動物は植物のみならず、土、岩、ミネラルの豊富な水、太陽光、有毒の昆虫、樹皮などを医学的な目的で利用しているのです。

 チンパンジーは注意深く折った葉を飲み込むことで腸内の寄生虫を体外に排出します。

 毛虫は致命的な寄生虫の攻撃から身を守るため、有毒のドクニンジンを食べます。

 渡り鳥のニワムシクイは移住する前に食べ物を昆虫からイチジクに替えます。イチジクを食べることで体内に脂肪を蓄え、長期の飛行に備えるのです。

 家庭で飼われている動物が自然の中に放り出されたら、同じような生存能力を発揮します。でも野生の動物は気楽な生活に対する免疫ができていません。そのため、すぐに自堕落な生活習慣におちいってしまうのです。クマやヒヒは禁猟区で旅行者が置き去りにした食べ物をあさることで、ものぐさの肥満体になり、その果てに病気になってしまいます。

 「自分の体が何を必要としているか」ということに波長を合わせることによって、栄養に関する知恵を育てることは可能です。エンゲルさんは次のように語ります。「私たちは自分の体が求めていることにもっと注意深く耳を傾けなければなりません。病気を予防し、健康を維持するため、意識的に努力する必要があります。野生動物の健康法を観察すると、すべて同じ方向を指していることがわかります。もっとたくさんの野菜や果物を食べなければならないということです。野菜と果物から栄養分とエネルギーを得るのが唯一の目的ではありません。栄養以外の要素も健康の増進に多大な貢献をしているのです。」

AD

今日sakusakuを見た。

ヴィンちゃんが、おもしろいこといってた。


おれ、おきてるときは超健康体なんだけど、寝てるときは超不健康体になるの。ねるときは、夏でも、Tシャツの上にトレーナーきて、エアコンもつけず、窓もしめて、ねるの。じゃないと、翌朝、ゴッドファーザーが死ぬときの声みたくなるの。だいすきなみんなにあえなくなっちゃうわけ!!


って。


ねるときは、無理して、あつくても、トレーナー着てねるんだけど、寝たらもうわかんないから、それで朝おきてちょうどいいんだって。


ちいぽんも、なつでも、のどにタオルまいてねたり、ちょびっとさむいだけでも、フリース上下きて、寝たり。


ヴィンちゃん!!! ちいぽんも、おなかまだよっ!! (おかまではない)

AD

ちいぽん、ぼく

テーマ:

ねむらなくてもへいきだよ

たくさんたのしいことしよう

絵をかいて、設計図をかいて、ものをならべて、

いろんなふうに、おんがくをきこう、あさまで。


と言ってくれるちいぽんのkaradaちゃん、とってもけなげ。

いいこ。

ロックと解放

テーマ:


ちいぽんの体は、ロックと解放を毎日何回となく繰り返している。恐怖を感じて、体がカキンコキンに硬直して、息も浅くなって苦しくて、恐怖が頭の中をぐるぐるまわって…

でもどこかで、「気にしすぎ気にしすぎ」って声が聞こえて、どーにか普通をとりもどそうと、いろんなジャンルの本を読んだりして、そうすると何かのきっかけで、ふっと解けていって

こわい思いは外に抜けていって、なんだか体は柔軟だし気分が楽しくなってくる。

この性格、どこかで見たことがある… と思ったら 漫画ぼのぼのでした…

友達が貸してくれたけど、最初は面白いと思うんだけど、読み進めるほど息苦しくなって…

ぼのぼのの気持ちに完璧同調してたからなのね…

ぼのぼのの感じる恐怖がすごいよくわかった。

恐怖あんま感じない人たちって、脳内幸せホルモンがいっぱい出てるのだろうか?

いーなー