聖なる7

テーマ:

ちいぽんが、オレンジと藍が好きな理由を、チャクラの方でさらにさぐってみた。にひひ  元の記事: 「アレルギーに効く色」



聖なる7


霊的な発達を扱うさまざまな学派で、ライフサイクルは7年続くとされてきました。オーストリアの学者であり、神秘論者、人智学(人と宇宙の霊的な本質の研究)を提唱した予見者でもある、ルドルフ・シュタイナー は、1913年、人の成長を7年サイクルでとらえることが人の発達の基礎になると考えました。


※「智」って字は、宇宙の叡智って意味で使われるんだね。
  そういえば仏教の経典でも「智慧」って使うっけ。



7年サイクルの基本的な考え方

----------------------------

年  <チャクラのサイクル>

キーワード


0-7歳/50-56歳  <第1>
生命エネルギー/地球とのつながり/物質界/安定


8-14歳/57-63歳 <第2>
官能/創造/熱意/探求


15-21歳/64-70歳 <第3>
性格と感情の発達/英知


22-28歳/71-77歳 <第4>
愛/思いやり/無私無欲/自分と他人を癒す術の発達


29-35歳/78-84歳 <第5>
コミュニケーション/自己表現/霊感/自立/より高い発達を受け入れる


36-42歳/85-91歳  <第6>
透視力・直感など内なる感覚の気づき/責任感


43-49歳/92-98歳  <第7>
内なる働きかけの時/悟り

----------------------------


生物学的にも7年ごとに人は新しくなるそうです。
7年の間に体の細胞が新しい細胞に生まれ変わるそうです。



1年サイクルの基本的な考え方


  各年には次のような色が対応し、らせん状に発達を繰り返します。

----------------------------

人生1年目:赤のエネルギー
 基本原理/活気づけ/行動


人生2年目:オレンジのエネルギー
 探求/創造


人生3年目:黄のエネルギー
 発展/無限の可能性


人生4年目:緑のエネルギー
 愛/内なる善の表現


人生5年目:ターコイズのエネルギー
 保護/コミュニケーション


人生6年目:藍のエネルギー
 深める経験


人生7年目:紫のエネルギー
 内なる変遷と熟考

----------------------------

自分が年代別にしてきたことを、最初の表と、二番目の表と組み合わせて見てみたら、すごーーーーーく興味深い結果が出ました。私は。(笑)



さて、最初の色の話に戻ると、


オレンジに関しては、あたしは、昔からオレンジが好きで、たしかに探求はいつでもだいすきだった。


ブルーに関しては、三好和義さんの写真集 で「黒いぐらいの青い空」とモルジブのブルーの世界に魅入られ、シュノーケリングで海の世界をみて、ほんとうに、世界観がかわった。これが、深める経験。にあたるのかなあ。

なんかちょっと読み違えてる感じだけど、今日はこれでおしまい。

お月様

半月すぎたおつきさまももう沈むころだしね。

AD

藍-眉のチャクラ

テーマ:

注: この記事は、ひたすら「眉のチャクラ」の説明です。(汗)

   元の記事 「アレルギーに効く色」

     
第6のチャクラ: 眉のチャクラ

影響色:藍
力: 洞察。直感。
内分泌腺: 下垂体
感覚: 第6感/ESP


このチャクラは眉の中央に位置し、内なる目を表し、第3の目や知恵の目と呼ばれます。

シンボルの蓮の花は2枚の花びらをもちますが、実際は2面を表し(右脳と左脳など)、それぞれ48枚ずつの花びらを含んでいます。この2面は、光と闇、男と女、暑さと冷たさなどふたつの面をもつものすべて、つまり二面性を表し、このチャクラで起きる自我と魂の闘いも示します。自我は、私たちに必要なものすべてを与えていると考えさせるため、チャクラは発達せず閉じたままになります。このバランスを整えれば、チャクラは大きな可能性に向かって完全に開き、魂が現れます。自我はローワー・セルフ、魂はハイアー・セルフと呼ばれることもあります。


※あ。ちいぽん、この記事書くまえ、PCデスクトップの壁紙、蓮の花にしてた・・・


体の指揮センター


眉のチャクラと宝冠のチャクラは、多次元の宇宙エネルギーを変化させるのを専門にしています。細胞遺伝子から中枢神経系の機能までを含む、体の生理学に影響を及ぼす内分泌腺のの管理体系とつながりがあります。


眉のチャクラは下垂体と関係があります。分泌物は脳と免疫システムに深い結びつきを与え、脳によって経験され、記録された情緒的なトラウマがどうして肉体的な病気を引き起こすのかを示しています。最終的に宝冠のチャクラが開かれると、光に敏感な松果体が活発になります。下垂体と結びつき、霊的なレベルを高め、人が内なるものを見たり、透視力をもったりするのを助けます。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

ちいぽんは、オレンジと藍の組み合わせがだいすき。ニコニコ
  オレンジについて 「オレンジ-仙骨のチャクラ」

  元記事       「アレルギーに効く色」  

AD

オレンジ-仙骨のチャクラ

テーマ:

注: この記事は、ひたすら「仙骨のチャクラ」の説明です。(汗)

   元の記事 「アレルギーに効く色」


第2のチャクラ: 仙骨のチャクラ


影響色:オレンジ
力: 浄化。喜び。女性原理。自然への理解
内分泌腺: 副腎
感覚: 味覚


第2の主のチャクラは仙骨のチャクラです。食べ物とアイデアの吸収と関係があり、自然な喜びの感覚をもたらします。性が自己表現を使った創造的な芸術に変わるチャクラです。



水元素と月が象徴するもの


仙骨のチャクラは、水元素と関係があります。また体の中で腎臓を含む泌尿生殖器とつながりがあります。消化のためには水が必要です。食べ物を消化して引き出したエネルギーを取り入れます。その後、水は不要な副産物を腎臓から外に排出します。関係する感覚は味覚です。


月が地球上の、また私たちの内部のすべての液体の流れに影響していることはよく知られています。仙骨のチャクラが完全に機能しているとき、体に取り入れる水は、月によって変換された宇宙の力を表します。潮の流れや月相や人生に起きる霊的な変化と調和を保てるようになります。ネイティブアメリカンのシャーマンの教えでは、仙骨のチャクラはすべての水棲生物とつながりがあるといいます。その中には高度に進化し、最高の喜びを表現できるイルカも含まれます。


※ちーぽんは、仙骨のちゃくらにパワーたりないのか? すぐむくむのは。 疲れているとすぐむくむ。
※潮、月相、人生に起きる霊的な変化



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

ちいぽんは、オレンジと藍の組み合わせがだいすき。ニコニコ
  藍色について   「藍-眉のチャクラ」

  元記事       「アレルギーに効く色」  

AD

アレルギーに効く色

テーマ:

「体からアレルギー反応をとりのぞいて健康な状態にしてくれる色」というのを考えてみました。


調べ物しようと思って何気なく本棚から出したアロマテラピーの本の表紙が、オレンジとネイビーブルーの組み合わせでした。

気持ちいい。。。


ちいぽんの大好きなニールズヤードのコーポレートカラーでもあります。

 → NEAL'S YARD REMEDIES


オレンジとブルーの組み合わせははアロマテラピーの効果をを象徴するような色の組み合わせなのかな。


気が付くと、家のなかも、オレンジとブルーの組み合わせでモノをおいているのがすごく多いことに気づいた。


ちいぽんはむかしからオレンジが好き。
ブルーは、モルジブに行ってから好きになった。


色に関する本は何冊かあるけど、色マーケティングの本を見てもピンとこなかったので、最近マイブームのチャクラの本を出してきた。オレンジとブルーにあたるのは、


  オレンジ 第2のチャクラ: 仙骨のチャクラ

  ブルー  第6のチャクラ: 眉のチャクラ


だって。