165165

テーマ:
不思議な数字。117227の数日前に出てきた数字。

165
あなたの物質界への対処のしかたが変わりつつあり、必要なものがもたらされる方法を学んでいます。あなたの願望について前向きな思考とビジョンをもち続け、どんな疑念もスピリットの世界にゆだね、それを癒し、変えてもらってください。あなたには思考を実現させる強力なパワーがあるのです。


この本を買ったばかりの頃に出てきた数字の意味は「あなたのそばにはいつもアセンデッドマスターがいます。」がほとんどすべてだった。ちいぽん、レベルがあがったんだね。海彦に、「ちいぽん、アセンションしたんじゃない?」と最近言われたんだ。あの日は透明な空気に包まれていたっけ。
AD

117227

テーマ:
不思議な数字。合計したら出てきたの。

117
プラスのアファーメーションと意思のおかげで、あなたは正しい道にいます。最善を期待するから、最善となるのです。

227
天使は、自分も自分が選んだ道も信じるように言っています。それは、あなたにとっての聖なる正しい道だからです。
AD

今日

テーマ:

全体運

チャンスに恵まれます。思ったとおりに行動しましょう。

(明日:何事も今がチャンス!努力しだいで、さらに運気もアップ!)



仕事運

仕事のツキは抜群ですね。ツキがチャンスを自然と呼び込んでくれそうです。しっかりと環境を整えてチャンスに備えてください。あなたの今あるポジションを上手に活かして仕事をすると良いでしょう。思った通りの行動が一番面白い答えを出してくれそうです。

(明日:仕事のツキは今から絶好調に向かいます。環境が整ってさえいれば、たくさんのチャンスがやってくるでしょう。上司に仕事ぶりを認められて出世をする可能性も大きいですね。)


すごい。やっときた。

さいきんまでずーーーーーーうと運気どんぞこだったから。


AD

今日の運勢

テーマ:

モヤモヤしていた事がすっきり解決しそう。開放感があなたに積極的な行動力を与えてくれます。前から気になっていた「あの事」を勢いよくスタートさせましょう。


だって。いやー。そうなんだー。なんだか天からおりてきたんだよねー。ひらめきがー。



握手するときがやってきました。和解するときは今です。同意に到達してください。敬意を持ってお互いの違いを認めあってください。そして共通点を静かにたたえあいましょう。妥協して協定を結んでください。棍棒を置いて、計画を取り上げてください。水に流して前進しましょう。同じことを繰り返しても進歩は望めません。反発しあうのではなく、協力しあいましょう。

 とてもその可能性はない?手を握り合うことはあなたが考えているほど無理な業ではありません。握手の手を差し伸べ、伸ばしたままにしておいてください。たとえ当初、相手が手を伸ばしてくれなくても……。

棍棒を置いて、計画をとりあげてください。

水に流して前進しましょう。

同じことを繰り返しても進歩はのぞめません。

この言葉。

ちいぽんに、しっかりきざまれた。

だから今朝、ふいにおりてきて、くちから言葉として発したんだ。

7角形

テーマ:

楽園の幾何学について。
ジョン・ミシェル さん


 四回にわたり幾何学の基本的な形を見てきました。これまでに解説した四つの形は、神聖な円、理性的で現世的な四角、空間を埋める六角形、そして生命と人類の象徴である五角形です。

 次にご紹介する形は七角形です。これは神秘の象徴であり、最も興味深い形です。その理由の一つは、誰も定規とコンパスを使って完璧な七角形を描くことができないからです。完璧な七角形を描いた人に賞を与える企画がありましたが、受賞者はいませんでした。

 七角形は魂と永遠の女神に関係しています。古代の都市は合理的に12分割されましたが、その中心にあったのは数字の7でした。7は国家の神託の象徴だったのです。そこでは女性の神官が直感に従って国の統治者にアドバイスを与えました。

 幾何学のシンプルな形はそれぞれ魔法的な機能を持っています。それぞれの形を適切な位置に配して図形を作ると、宇宙の完全かつ理想的なパターンができます。「類は友を呼ぶ」ということわざがあります。だからこそ昔の大工さんは特定の数や形に従って町や寺院を設計したのです。理想を模倣することによって、大工さんは天国を地球に近づけたのです。

 楽園の幾何学的なシンボルは12面体です。それは12面からなる安定した形であり、それぞれの面は五角形になっています。五角形は人類の象徴ですので、12面体では12の人種……言い換えれば12星座が完璧な秩序と調和の下に配置されているのです。12面体は幾何学の何たるかを物語っています。それは地上に天国を実現させること……もしくは時おり天国を垣間見ることなのです。

むうむむむう

楽園の幾何学

テーマ:

ジョン・ミシェルさん。


にょ~~

みゅ~~~

PCのまえにすわる時間がすくないぽん得意げ


 四回にわたり幾何学の基本的な形を見てきました。これまでに解説した四つの形は、神聖な円、理性的で現世的な四角、空間を埋める六角形、そして生命と人類の象徴である五角形です。 次にご紹介する形は七角形です。これは神秘の象徴であり、最も興味深い形です。その理由の一つは、誰も定規とコンパスを使って完璧な七角形を描くことができないからです。完璧な七角形を描いた人に賞を与える企画がありましたが、受賞者はいませんでした。  七角形は魂と永遠の女神に関係しています。古代の都市は合理的に12分割されましたが、その中心にあったのは数字の7でした。7は国家の神託の象徴だったのです。そこでは女性の神官が直感に従って国の統治者にアドバイスを与えました。  幾何学のシンプルな形はそれぞれ魔法的な機能を持っています。それぞれの形を適切な位置に配して図形を作ると、宇宙の完全かつ理想的なパターンができます。「類は友を呼ぶ」ということわざがあります。だからこそ昔の大工さんは特定の数や形に従って町や寺院を設計したのです。理想を模倣することによって、大工さんは天国を地球に近づけたのです。  楽園の幾何学的なシンボルは12面体です。それは12面からなる安定した形であり、それぞれの面は五角形になっています。五角形は人類の象徴ですので、12面体では12の人種……言い換えれば12星座が完璧な秩序と調和の下に配置されているのです。12面体は幾何学の何たるかを物語っています。それは地上に天国を実現させること……もしくは時おり天国を垣間見ることなのです。

2008年について

テーマ:

 2008年は多数の人々にとってジェットコースターに乗っているような様相をすでに呈しています。これからも上がり下がりが起こるでしょう。どの方角に進んでいるか見極めたと思った途端、事態が変わります。そんな状況は、物事を今のままとどめておきたいと願う人々の神経をすり減らします。占星術師にしても然り。「ほとんどの人々は、ほとんどの場合、最も明らかなことをする」という前提の下に予報を立てている占星術師は難問に直面していると言えるでしょう。今の世の中では「最も明らかなことは何なのか」ということが見極めにくくなっています。でも、あなたが浅薄な世界に住むことを好まない限り、それというのはいいことなのです。複雑な状況から深みと成長と知恵が生まれるのですから。

フェイズ2

テーマ:


たしかに刺激的な1週間だった。
とつぜんやってきた来訪者。
とつぜんかわる外の景色。
そして詳細に教わるD。2日間にわたりシャメで記録。
そしてDがどうでも1日くらいなら売りあがる不思議。
おもしろいからやってみな。って。

そして車がこわれ、ケミーの気配が近くに感じられ、そして突然の評価。

おもしろかったなあ。
来年もますます面白そう。
飽きないわ。この仕事。


評価がきたことで、フェイズ2へ進めという啓示。

全員にとって。