生後3ヶ月を迎えちょっとだけホッと一息つけるかも、

と思っていたその時にやってきた娘のteething。

下の歯が2本同時に生えてきていて、

あまりにも急に2本も一緒に生えてくるものだから、

娘の機嫌も急降下…

自分の指や手を口の中に入れてしばらくしゃぶったり噛んだりしては大泣き。

見てるこっちも悲しくなってしまうほどの叫び+涙。

息子の時はもうちょっとあとで

しかも1本ずつだったからここまで酷くなかったけれど、

やはり2本同時にはかなり不快な様子。

まだ3ヶ月で、やってあげられることも限られているので親としても不甲斐ない。

先週1本目、2本目共に触ると歯がしっかり歯茎からでてきたのがわかるようになりました。

これで娘のteethingが終わるはずもなく、

やはりまだまだグズグズが続いています。

特に夜。


記録までにですが私の周りではteethingにはパナドールとボンジェラが主流のようなのですが、

ボンジェラは4ヶ月から使用できるようになるので娘には使えず、

パナドールはお腹がゆるくなるようでしかも効果がほとんどないようだったので2回ほどあげて止めました。

マッサージもteething ringも効果がなく、

1番娘に合っていたのはsm・33という歯茎に塗るタイプのジェルでした。

できるだけ薬を使わない方法がよかったのですが、

月齢が小さく食べ物を噛んだりすることもできず、

あまりの叫び泣きに少しでも不快感が軽減されればと使用しました。

今は使用してよかったと思います。

まだ夜中もかなりの頻度で起き、

むずがゆいのかなかなか眠りにつかずグズグズすることが多いですが、

一時期あったような叫び泣きは若干減りました。

というわけでここ数週間ほどほとんど眠れず、

ブログはちょっとおやすみします。
AD
1月最後の週に始まった息子のキンディ。

すでに5週目が終わり、息子も毎日元気に登校しています。


そんな息子の学校生活ですが、

キンディといえども宿題がすでにでています。

月曜日に学校から持って帰ってきて金曜日までに提出する宿題が1つ。
これは主に、writingとmathの宿題。

1セット16個の単語をすべて覚えてきて、できたら学校へ持っていきテストを受けて合格したら次のセットをもらって帰ってくるものが1つ。
これは各自のペースで行うものなので、特にいつまでというのはなし。

そして最後がreadingで、1週間に1冊学校から本を持って帰ってきてそれを繰り返し読み1週間後にテスト。合格すれば次のレベルの本を持って帰り、またそれを1週間それぞれのペースでやってくるというもの。
これも各自のペースでやっていいので、ちょっとレベルが上がってきてもうちょっと家で読みこんでからテストを受けるのもあり。

単語と本読みは各自のペースで家庭でやっていくものなのですが、

その量と頻度に不満のある保護者もいるようです。

私も最初はキンディ(日本の保育園幼稚園の年長組)だけどこんなにやるんだー、

とちょっと驚きました。

ですがやれないほどでは全くないですし、

自分のペースでやっていくものが多いので

いいんじゃないかなと思うんですが…

学校としてはこの量を減らすことは全く考えていないようですが、

校長に苦情を言った人もすでに何人かいたようです。

これを多いか少ないか、

キンディで宿題なんていらないと思うかも人それぞれですね。
AD
生後3ヶ月を迎えました我が家の娘。

ありがたいことに産まれてから夜だけは比較的よく眠ってくれていた娘でしたが、

ここ1週間ほどかなりの頻度で起き、しかも起きると大泣き。

若干鼻風邪ひいたのもあって苦しくて起きちゃうのかと思っていまいたが、

咳も鼻水もおさまった今でも5分、10分ごとに起きるので

さすがにおかしいと思っていたのですがやはりあれでした。

それは…








下の歯茎にうっすら2つも白いものが見えるではないですかー。

まだ歯茎に埋もれた状態ですがよくみれば見える。

よだれの増加や手をまあよく口に入れてモグモグしたり

夜何度も泣いて起きる理由は歯でした。

息子は4ー5ヶ月頃からティージングが始まったので

娘はちょっと早かったようです。

まだまだと思って油断していた私がいけなかった…

3ヶ月だと野菜スティックをガジガジさせることもできず、

ボンジェラなんかも4ヶ月からなので、

とりあえず綺麗な手で歯茎マッサージ。

全然効果なさそう。苦笑

昼間は腕の中以外で寝ない娘が夜まで寝なくなってしまい、

これからどう戦っていこうかJamesと戦略会議。

とくに作戦も思い付かず、撃沈。


ティージングが始まったのと同じぐらいから、

叫びにも似たような娘のおしゃべりが昼間は連日続いています。

決して機嫌が悪い叫びではなく、

自分の声に酔いしれているかのような奇声をあげる娘。

時には歌をうたっているかのような抑揚のつけかた。

一緒になっておしゃべりしているとおもしろい!

誰も聞いてくれないとわかると、とたんに泣き出すのも成長の証。

このよくわからない叫び声がいつか言葉に変わるなんて。笑

とにかく今日は10分でも長く寝てくれないかと願うばかりです。
AD

Dads in school day

テーマ:
先週息子が風邪をひき、

それがしっかり娘にもうつってしまい

息子は完治しましたが、

娘はまだちょっと咳がでています。

よく2人目は上の子の病気をもらうって聞きますが

本当にその通りでした。

早く娘もよくなってくれるといいのですが。



さて、木曜日に息子の学校ではキンディのクラスのみ

Dads in school dayという父親参観がありました。

こちらでは父親のみならずお爺ちゃんやおじさんなども参加できます。

それにしても平日の午前11時50分開始ってところがいかにこの国らしく、

しかもみんな仕事があってもその時間にちゃんと参加するところがすごいな、

と思わずにはいられません。

Jamesも仕事を抜けて参加してきました。

息子は何日も前から

いつ来るの?と楽しみにしていました。

いつもは私が息子の送り迎えをしているので、

Jamesは普段見られない息子の学校での様子が見られてよかったと言っていました。

息子が普段どんな子とどんな風に遊んだり、

クラスの様子がよくわかるいい機会だったそうです。

息子がいつも仲良く遊んでいる男の子の1人は当日お父さんが来られなかったようで、

Jamesをその男の子とシェアしたんだー

と自慢気に話してくれました。

お父さんが来られない子がいたらどうするの?

と子どもたちは先生から話をされていたようで、

そういう時はお父さんをシェアすることになっていたんだそう。

Jamesは2人分のお父さんで大変だったけれど楽しかったそうです。

Mums in school dayがないのがちょっとさみしい私です。笑
今日で生後2ヶ月半になる娘ですが、

最近はラグの上で寝転がっていると

気付けば寝返りしてとんでもない方向を向いていることも増えてきました。


そしてなんと昨日、一晩通して寝ました!

夜8時に寝てから翌朝6時ちょっと前まで。

驚きました。

息子が初めて一晩通して寝たのは

2歳近くになってからだったし、

今回も息子の時同様に完母で育児をしているので、

まさかこんなに眠ってくれるとは。

さすがに2時ぐらいからは

そろそろ起きるんじゃないかとか、

ブランケットが顔にかかって息ができないんじゃないだろうかとか

色々心配になって30分おきに起きて確認してしまいました。

今回のはたぶん偶然だと思うのですが、

それにしても驚きました。

昼間はやはりなかなかぐっすり眠ってくれませんが、

夜だけでも少しでも長く寝てくれると本当に助かります。


それにしても兄妹なのにこんなに違うなんて、想像もしませんでした。

最近は生活のルーティーンもできてきて、

それがあるだけで

あ、そろそろ眠くなってきたなとか

お腹空いてきたかな

などとある程度予測ができるようにもなり、

新生児の頃よりずいぶん楽になりました。

息子はお腹がいっぱいでも泣いて、

眠くても泣いて、

散歩に行ってもプレイグループに行っても泣いている赤ちゃんでしたが、

娘は泣いている理由が解消されれば

あとはニコニコしてるような赤ちゃんで同じ親から産まれてきたのにねー

とJamesと笑っています。

子育てって1人1人全く違って本当におもしろい!


さて今夜はどうなるかな。