新潟県佐渡島で2008年以降に野生復帰を目指して放鳥された国の特別天然記念物のトキ計30羽(うち1羽死亡、1羽保護)のうち、2組のペアが同島内で営巣しているのを、環境省が21日までに確認した。
 放鳥トキの営巣確認は初めてで、雄が雌の背中に乗る「擬交尾」もそれぞれ数回確認された。
 営巣は擬交尾よりさらに進んだ産卵準備の段階といい、同省は「繁殖への期待は非常に高まっている」としている。 

【関連ニュース】
トキ検証委、4月に結論=小沢環境相
テンの写真公表=ケージ内のトキ襲撃
トキ、佐渡へ戻る=本州飛来の雌「繁殖期待」
トキ、9月の3次放鳥目指す=佐渡で専門家会合
瀕死の1羽、歩行可能に=予断は許さず

風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
実力伯仲 若手作家35人 「VOCA展」 東京・上野の森美術館で開幕(産経新聞)
河村市長のブレーン離反…放課後対策問題巡り(読売新聞)
<高木美帆選手>「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式(毎日新聞)
<将棋>久保棋王勝ち最終局へ 棋王戦第4局(毎日新聞)
AD