ボートレースなでしこ@cafe

女子レーサーの裏側に密着してレポートします。

NEW !
テーマ:


下関オールレディース
予選最終日のシリーズ4日目を迎えました。



(安定板を見つめる池田奈津美選手。
 今日は3Rで2着に入る活躍。水神祭まであと一歩です)


昨日までの追い風基調から一転、
今日は強い向かい風が吹き荒れる一日に。


5Rから安定板使用でのレースとなり、
12Rは2周戦で争われました。




今日のレース結果は、


1R ④茶谷  桜 4コースまくり (3連単22460円)
2R ④太田 雅美 4コースまくり (3連単10170円)
3R ④海野ゆかり 4コースまくり (3連単10920円)
4R ④谷川 里江 4コース恵まれ
5R ④寺田 千恵 4コース差し
6R ②山川美由紀 2コース抜き
7R ①喜井つかさ 1コース逃げ
8R ③松尾 夏海 3コースまくり (3連単51350円)
9R ①津田 裕絵 1コース逃げ
10R ①谷川 里江 1コース逃げ
11R ①山川美由紀 1コース逃げ
12R ⑤永井 聖美 5コースまくり差し (3連単13140円)



【今節上がりタイムベスト5】

1 清埜 翔子 1:49.6 (3日目4R)
2 松瀬 弘美 1:50.2 (3日目5R)
3 永井 聖美 1:50.4 (3日目8R)
4 岸  恵子 1:50.6 (初日11R)
5 樋口由加里 1:50.7 (3日目1R)
(※2周戦は除く)


【今節の部品交換状況】

宮本 紀美 ④リング2本
山川美由紀 ③電気一式、④ピストン2個・リング2本・ギヤケース・電気一式
柳澤 千春 ③リング1本
松瀬 弘美 ③リング2本
西村美智子 ③電気一式、④電気一式
樋口由加里 ②キャブレター
高橋 悠花 ①新プロペラ
清水さくら ④電気一式
(※○内の数字はシリーズ○日目。青地は準優組)


【今節支部別1着回数】

香川支部 7勝 (山川④、松尾夏②、西坂①)
岡山支部 7勝 (寺田③、喜井②、三松①、樋口①)
山口支部 7勝 (津田④、佐々木③)
愛知支部 5勝 (谷川④、大瀧①)
東京支部 4勝 (永井④)
大阪支部 3勝 (原田②、坂①)
福岡支部 3勝 (鳥居①、大山博①、深川①)
埼玉支部 2勝 (清埜②)
三重支部 2勝 (垣内②)
広島支部 2勝 (海野②)
佐賀支部 2勝 (太田②)
群馬支部 1勝 (松本①)
静岡支部 1勝 (松瀬①)
滋賀支部 1勝 (茶谷①)
徳島支部 1勝 (岸①)



なお4Rで永井聖美選手と松尾夏海選手がフライングのため返還欠場に。
松尾選手はプラス05のFで即日帰郷となってしまいました。


しかし松尾選手は後半8Rで3コースまくりを決めて5万舟、
永井選手も後半12Rで5コースまくり差しを決めて1万舟を提供する活躍。
Fさえなければ・・・と悔やまれる結果になりました。






注目のシリーズリーダー争いを制したのは谷川里江選手


今日2連勝で1・3・4・2・1・3・1・1着とし、
前日得点率3位から逆転で予選トップ通過となりました。


F2持ちの苦しい状況のなか、
前節の宮島オールレディースでは
予選21位で敗退していた谷川選手ですが、
今節は意地と底力を見せつけて予選1位の座に。


明日の準優は12R1号艇で登場です。


課題になるのはやはりスタート。
F2となって以降のイン戦は
5・6・2・1・6・2・2・1着の8戦2勝で、
その平均STはコンマ22という数字。


明日は隣の2号艇にスタート巧者の山川選手もいるだけに、
スリットでどこまで踏み込めるかが勝敗をわけるカギになるでしょう。



(左:津田裕絵選手、右:佐々木裕美選手の地元勢)


前日得点率トップだった津田裕絵選手は惜しくも予選2位に。
12Rで3着以内なら予選1位通過でしたが、
4着に終わってシリーズリーダーの座から陥落しました。


それでも1・4・1・1・1・4着
毎日白星を奪って節間最多タイの4勝をあげる大活躍。


自身3回目となる準優1号艇を手にし、
明日の準優は11R1号艇で登場です。


課題は津田選手もスタートになりそう。
今節平均STはコンマ23で、
実は予選突破組18人の中で最も遅い数字。
明日はどこまで踏み込んでくるのか注目です。


前々節の下関男女ダブル戦では予選3位通過も
準優4着で優出を逃しているだけに、
今度こそ下関4回目の優出を掴み取りたいところです。



(左:大山博美選手、右:寺田千恵選手)


予選3位に入ったのは寺田千恵選手
今日1着2着の活躍で前日得点率7位から急浮上してきました。


今節は5・1・3・3・2・1・1・2着で、
初戦でイン戦5着に敗れる最悪のスタートになるも、
ドリーム戦で3コースまくり差しを決めて流れを取り戻すと、
そこからオール3連対とさすがの走りを見せてきました。


明日の準優は10R1号艇で登場。


今節インの2走はコンマ28、29と立ち遅れているだけに、
やはり課題はスタートになってくるのでしょうか。


昨年の下関オールレディース覇者が、
大会2連覇へ一歩前進するのか目が離せません。
(※参照、http://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-12069147265.html







最終的な予選得点率ランキングと、
5日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)


1(3) 谷川 里江 8.75 7R③ 準優12R①
2(1) 津田 裕絵 8.67 4R④ 準優11R①
3(7) 寺田 千恵 8.00 6R③ 準優10R①
4(8) 松本 晶恵 7.63 5R③ 準優10R②
5(5) 大瀧明日香 7.29 6R④ 準優11R②
6(20) 山川美由紀 7.25 8R③ 準優12R②
7(14) 高田ひかる 7.17 4R① 準優12R③
8(2) 原田 佑実 7.14 1R① 準優11R③
9(6) 佐々木裕美 6.86 4R② 準優10R③
10(19) 海野ゆかり 6.86 3R② 準優10R④
11(10) 垣内 清美 6.43 6R① 準優11R④
12(15) 清埜 翔子 6.33 2R② 準優12R④
13(16) 三松 直美 6.29 3R④ 準優12R⑤
14(23) 西坂 香松 6.17 5R④ 準優11R⑤
15(21) 本部めぐみ 6.17 2R④ 準優10R⑤
16(12) 松瀬 弘美 6.14 7R① 準優10R⑥
17(25) 鳥居 智恵 6.00 3R① 準優11R⑥
18(18) 岸  恵子 6.00 4R⑤ 準優12R⑥
――――――――準優ボーダー――――――――
19(9) 池田 紫乃 6.00 5R① 9R②
20(11) 柳澤 千春 6.00 6R⑤
21(13) 樋口由加里 5.88 9R④
22(24) 渡辺 千草 5.86 8R①
23(31) 喜井つかさ 5.71 8R②
24(32) 茶谷  桜 5.71 5R②
25(17) 大山 博美 5.67 2R① 7R②
26(34) 太田 雅美 5.33 4R③ 9R⑤
27(30) 五反田 忍 5.33 3R③ 7R⑤
28(22) 深川麻奈美 5.17 1R③ 6R②
29(29) 高橋 淳美 5.14 5R⑥
30(26) 西村美智子 5.14 9R①
31(28) 坂 咲友理 4.57 3R⑤
32(37) 深尾 巴恵 3.20 4R⑥ 8R⑤
33(33) 加藤 奈月 3.17 1R② 7R④
34(35) 森田 太陽 2.83 3R⑥
35(38) 宮本 紀美 2.83 1R⑥ 9R③
36(42) 池田奈津美 2.60 1R⑤ 9R⑥
37(36) 前田 紗希 2.60 1R④ 5R⑤
38(39) 黒澤めぐみ 2.17 6R⑥
39(40) 渡邉 千晴 1.50 2R③ 8R④
40(41) 清水さくら 1.40 2R⑤ 7R⑥
41(43) 高橋 悠花 1.17 2R⑥
F(4) 永井 聖美 ―― 8R⑥
帰郷 松尾美和子 
帰郷 木村沙友希
帰郷 松尾 夏海
(※赤字はA1級、青字はA2級。緑は内枠2回走り。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)



びわこオールレディース覇者の喜井つかさ選手に加え、
女子賞金ランク11位の樋口由加里選手までもが
予選落ちを喫するという波乱の結果に。


びわこから中0日で転戦してきた岡山勢2人にとっては、
残念な展開となってしまいました。




松本晶恵選手は前日得点率8位から4位まで順位を上げ、
明日の準優は10Rの2号艇をゲット。


今期2コース18戦9勝で1着率50%を誇る松本選手にとっては、
"ほぼ絶好枠"ともいえる2号艇でしょう。
(※ちなみに今期インの1着率は52%です)


下関では今年3月のヴィーナスシリーズで
平山智加選手との98期ワンツーで優出2着に入っている松本選手。
当地2節連続優出を狙います。


大瀧明日香選手は予選5位に入り、
明日の準優は11Rの2号艇になりました。


大瀧選手といえば勝負どころでの強気のスタートが魅力。
今年の準優でのSTはコンマ20、07、06、06、07、08、11、10、03で、
実に9走でゼロ台スタートが6本です。


明日は1号艇の津田選手との対決が楽しみなところ。
前節の宮島オールレディースに続く2節連続優出となるのでしょうか。



前日得点率20位だった山川美由紀選手
ピストン2個、リング2本などを交換して4日目に臨み、
見事に2連勝を飾る活躍。


一気に予選6位までジャンプアップし、
明日の準優は12Rの2号艇となりました。


近況4節連続で準優敗退に終わっているだけに、
明日こそこの流れを変えたいところ。

女子賞金ランキング12位ということを考えても
是が非でも欲しい優出切符です。



高田ひかる選手が予選7位に入る大躍進。
昨年10月の芦屋ヴィーナスシリーズに続く2回目の準優出となりました。


今節は4・2・2・3・2・2着と白星こそないものの、
スロー4走をすべて2着にまとめてポイントを重ねる結果に。


明日は準優12Rの3号艇でスロー発進が予想されるだけに、
一気にデビュー初優出を掴み取るチャンス充分でしょう。



原田佑実選手は前日得点率2位から8位まで後退。
明日の準優は11Rの3号艇となりました。


今節は多くの選手がスタートで苦労するなか、
原田選手はトップスタート5本を量産し、
平均STコンマ12とナンバーワンの数字をマーク。
準優でもこのスタート力が展開のカギになってくるでしょう。



地元の佐々木裕美選手2・5・1・1・1・6・6着
リズムダウンして予選9位という結果に。
明日の準優は10Rの3号艇となりました。


2月の江戸川オールレディース(優出3着)を最後に
半年間も優出から遠ざかっているだけに、
明日こそ優勝戦への道を切り拓きたいところ。

女子賞金ランキング24位ということを考えると、
明日はベスト20入りへの大一番になりそうです。



女王・海野ゆかり選手は前日得点率19位の崖っぷちから
10位まで順位を上げて明日は準優10R4号艇に。


津レディースチャンピオン(優勝)と
宮島オールレディース(優出5着)に続く
3節連続優出を狙って青いカポックで臨みます。


14年下関オールレディース覇者
底力をそろそろ見せそうな気配は充分でしょう。



垣内清美選手は予選11位に入り、
これで近況4節連続の準優出とリズム上々。


明日は準優11Rの4号艇で、
3月の若松男女ダブル戦以来となる優出を狙います。



清埜翔子選手は予選12位に入る活躍。
今節は下関初登場でしたが、
平均STコンマ12と見事なスタート力を見せてきました。


【今節平均STベスト5】
1 原田 佑実 ST.12 ST順1.43
2 清埜 翔子 ST.12 ST順2.50
3 三松 直美 ST.13 ST順2.43
4 森田 太陽 ST.14 ST順2.83
5 池田 紫乃 ST.15 ST順1.86


明日の準優は12Rの4号艇で登場。
今節センターまくりで2勝をあげているだけに注目の存在になります。



三松直美選手は4Rでヒヤリ。
2艇Fが出るなかコンマ01でギリギリ生き残り、
なんとかF3は逃れて冷や汗をかく結果となりました。


F2持ちでコンマ18、12、18、15、11、01、16と好スタートを連発し、
前述したように今節平均STコンマ13は堂々3位の数字。

明日の準優12R5号艇でも
どこまで踏み込んでくるのか目が離せません。



西坂香松選手は前日得点率23位から逆転に成功。
予選14位に入り、明日の準優は11R5号艇で登場です。


前節準Vのモーター34号機が軽快な動きを見せており、
ここまで6走で展示一番時計5本という快速ぶり。


【今節平均展示順位ベスト5】
1 坂 咲友理 1.14
2 本部めぐみ 1.17
3 西坂 香松 1.67
4 松本 晶恵 1.75
5 宮本 紀美 1.83


昨年12月の若松ヴィーナスシリーズ以来となる
通算7回目の優出を目指します。



本部めぐみ選手もここまで6走で展示一番時計5本の韋駄天ぶり。
予選15位に入って明日の準優は10R5号艇となりました。


高田ひかる選手との師弟コンビで揃って準優に駒を進め、
三重支部勢は垣内清美選手も合わせて3人全員が予選突破する活躍。


準優は10Rに本部選手、11Rに垣内選手、12Rに高田選手とわかれ、
3人揃っての優出も夢ではなくなってきました。


三重支部といえば先日のびわこオールレディースでの
加藤綾選手の活躍も記憶に新しいところ。
勢いに乗って"三重旋風"を吹き荒らすのでしょうか。



松瀬弘美選手は予選16位で明日の準優は10R6号艇に。
今節はモーター2連対率36位の低調機でしたが、
リング2本を交換するなど立て直して軽快な走りを見せてきました。


前節の浜名湖お盆レースでは準優で5コースから
コンマ01をぶち込むも惜しくも3着だった松瀬選手。
明日もアウトから果敢に攻めてくるでのしょうか。



鳥居智恵選手は前日得点率25位から大逆転。
予選17位に入り、明日の準優は11R6号艇で登場です。


ときおり進入で動きを見せることもあるだけに、
まずはコース取りから注目しておきたいところ。

14年の江戸川男女ダブル戦以来、
約1年10カ月ぶりの優出を狙います。



前日得点率18位だった岸恵子選手は、
5Rでイン戦4着に終わって勝負駆け失敗かと思われるも、
ボーダーが下がって予選18位で生き残る結果に。


明日は準優12R6号艇で、
6コース巧者の本領を発揮するのでしょうか。







準優勝戦のメンバーは以下のとおり。


【準優10R出走表】
①寺田 千恵 (優出254回、優勝58回、下関3V)
②松本 晶恵 (優出49回、優勝7回)
③佐々木裕美 (優出56回、優勝5回)
④海野ゆかり (優出204回、優勝47回、下関3V)
⑤本部めぐみ (優出68回、優勝15回)
⑥松瀬 弘美 (優出42回、優勝2回)


【準優11R出走表】
①津田 裕絵 (優出11回)
②大瀧明日香 (優出72回、優勝4回)
③原田 佑実 (優出6回)
④垣内 清美 (優出121回、優勝16回)
⑤西坂 香松 (優出6回)
⑥鳥居 智恵 (優出23回、優勝1回)


【準優12R出走表】
①谷川 里江 (優出251回、優勝44回、下関1V)
②山川美由紀 (優出322回、優勝74回、下関4V)
③高田ひかる (優出0回)
④清埜 翔子 (優出2回)
⑤三松 直美 (優出5回、優勝2回)
⑥岸  恵子 (優出57回、優勝8回、下関1V)



10RはA1級3人が入る最激戦区に。


11RはA2級3人、B1級3人で、
波乱含みだった今節を象徴するような組み合わせとなりました。


12Rは色とりどりの顔ぶれに。
内枠にはA1勢、同世代の盟友2人が陣取り、
中枠にはB1勢、フレッシュな20代の2人が入り、
外枠にはA2勢、展開をつくのが巧い2人が並びました。




いよいよ終盤戦に入っていく下関オールレディース


オール3連対が一人もいない大混戦のV争いとなるなか、
果たして優勝戦ピットにはどんな6人が、
どんな枠番で並ぶことになるのでしょうか。





【'16女子賞金ランキング】 (8/30現在)
1 遠藤 エミ 25,402,000円 ('15)
2 海野ゆかり 23,913,000円★('13、'14)
3 平山 智加▼22,966,000円 ('12、'13、'14)
4 松本 晶恵 22,086,000円★('15)
5 小野 生奈 20,511,000円 ('14、'15)
6 長嶋 万記 19,548,000円 ('13)
7 寺田 千恵 19,319,000円★('12、'13、'14、'15)
8 中谷 朋子▼19,001,000円 ('12)
9 竹井 奈美 18,314,000円
10 渡邉 優美 18,211,000円
11 樋口由加里 17,528,680円★
12 山川美由紀 17,292,500円★('12、'13、'15)
――――クイーンズクライマックスボーダー――――――
13 細川 裕子 17,104,000円
14 魚谷 香織 16,654,000円
15 田口 節子▼16,210,000円 ('12)
16 藤崎小百合 16,117,000円
17 谷川 里江▽15,918,000円★('13)
18 平田さやか 15,306,000円
19 川野 芽唯 15,239,680円 ('15)
20 平高 奈菜▽15,134,000円 ('14、'15)
――――レディースチャレンジカップボーダー―――――
21 日高 逸子 14,947,000円 ('12、'13、'14、'15)
22 山下 友貴▼14,828,000円
23 今井 美亜▼14,757,000円
24 佐々木裕美 14,579,000円★
25 喜井つかさ 14,017,000円★
26 中里 優子▼13,865,680円
27 水口 由紀 13,686,000円 ('14)
28↑大瀧明日香 12,805,000円★('15)
29↓宇野 弥生▼12,763,000円 ('12)
30 西村  歩 12,644,000円
(※★は今節下関出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場年。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化。
 青地はレディースチャレンジカップF休みが確定)



【F休み中の女子レーサー】

松堂 留美 8/7~9/5
糸數 由里 8/8~9/6
中里 優子 8/8~9/6
中谷 朋子 8/8~9/6
田口 節子 8/8~9/6
金田 幸子 8/8~9/6
宇野 弥生 8/8~9/6
落合 直子 8/8~9/6
今井 美亜 8/8~9/6、9/26~11/24(F2、60日間)
喜多須杏奈 8/8~9/6
角 ひとみ 8/19~9/17
渋田 治代 8/19~9/17

藤原 菜希 8/25~9/23
伊藤 玲奈 8/25~9/23
戸敷 晃美 8/25~9/23
中澤 宏奈 8/26~9/24
平山 智加 8/29~9/27
西舘 果里 8/24~10/22(F2、60日間)
山下 友貴 8/26~11/23(F2、90日間)


【F休み未消化の女子レーサー】
谷川 里江★9/2~10/31(F2、60日間)
三松 直美★9/2~11/30(F2、90日間)
渡辺 千草★9/15~10/14
古川  舞 9/20~10/19
永井 聖美★9/24~10/23
平高 奈菜 9/26~10/25
松尾 夏海★10/3~11/1
森岡 真希 10/3~12/1(F2、60日間)
(※★は今節下関出場メンバー)



津一般戦(8/25~30)は最終日を迎え、
優勝戦に渡邉優美選手三浦永理選手が登場。


渡邉選手は4コースから2着
三浦選手は5コースから6着に終わりました。


それでも渡邉選手は2着賞金45万円の大きな上積みとなり、
ベスト12入りへ大きく一歩前進しています。


(渡邉優美選手。写真は8/6津)

(三浦永理選手。写真は2/4児島)


鳴門一般戦(8/27~31)は4日目を迎え、
堀之内紀代子選手が準優11Rに2号艇で登場。
惜しくも3着で優出はなりませんでした。


2Rでは池田浩美選手が5コースまくり差しで
万舟を提供する活躍を見せています。


(堀之内紀代子選手、池田浩美選手。写真は8/7津)


住之江一般戦(8/29~9/1)は
4日間シリーズの2日目が終わって予選が終了。


女子勢の最上位は塩崎桐加選手の得点率23位で、
予選突破はなりませんでした。


(塩崎桐加選手。写真は8/2津)


徳山一般戦(8/30~9/4)が今日開幕。


水野望美選手が初日2着3着の好走で
得点率7位のスタートとなっています。


(水野望美選手。写真は8/3津)



各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


下関オールレディースは3日目。



(6Rで3艇転覆のアクシデントが起こり、
 レース後は転覆整備のため整備室がフル稼働に。
 こういう時の選手たちの仕事の早さと
 抜群のチームワークにはいつも驚かされます)



雨が降ったり青空が広がったりと
不安定な天候のなか行なわれた今日のレース結果は、


1R ①樋口由加里 1コース逃げ
2R ②永井 聖美 2コースまくり
3R ⑥谷川 里江 4コース差し
4R ③清埜 翔子 3コースまくり (3連単14180円)
5R ①松瀬 弘美 1コース逃げ
6R ①深川麻奈美 1コース逃げ (3連単11200円)
7R ①垣内 清美 1コース逃げ (3連単10500円)
8R ①永井 聖美 1コース逃げ
9R ③佐々木裕美 3コースまくり差し
10R ②津田 裕絵 2コース差し
11R ①海野ゆかり 1コース逃げ
12R ①寺田 千恵 1コース逃げ



【今節の部品交換状況】

山川美由紀 ③電気一式
柳澤 千春 ③リング1本
松瀬 弘美 ③リング2本
西村美智子 ③電気一式
樋口由加里 ②キャブレター
高橋 悠花 ①新プロペラ
(※○内の数字はシリーズ○日目)


【今節支部別1着回数】

山口支部 6勝 (佐々木③、津田③)
岡山支部 5勝 (寺田②、三松①、樋口①、喜井①)
香川支部 4勝 (山川②、西坂①、松尾夏①)
東京支部 3勝 (永井③)
愛知支部 3勝 (谷川②、大瀧①)
大阪支部 3勝 (原田②、坂①)
福岡支部 3勝 (鳥居①、大山博①、深川①)
埼玉支部 2勝 (清埜②)
三重支部 2勝 (垣内②)
群馬支部 1勝 (松本①)
静岡支部 1勝 (松瀬①)
徳島支部 1勝 (岸①)
広島支部 1勝 (海野①)
佐賀支部 1勝 (太田①)






津田裕絵選手が今日もまた魅せました。
10Rで2コース差しを決めて今節3勝目をマーク。


これで1・4・1・1着として
シリーズリーダーの座を奪い返しました。


今節も凄まじいほどの下関巧者ぶりを見せている津田選手。
ちなみに現在デビュー通算185勝ですが、
そのうち実に45勝を下関でマーク。
およそ4分の1(24%)を下関で占めている計算です。
(※2位は徳山で29勝、3位は大村で10勝)


予選トップ通過に王手をかけ、
明日は9R1号艇と12R3号艇で登場。


もし準優1号艇となれば12年下関女子リーグと
15年芦屋男女ダブル戦に続いて自身3回目
予選1位通過は自身初になります。




(左:佐々木裕美選手、右:深尾巴恵選手)


もう一人の地元、佐々木裕美選手も魅せました。
9Rで3コースまくり差しを決めて今節3勝目をマーク。
2・5・1・1・1・6着で得点率6位につけています。


ここまで6走すべてトップスタート
気合に満ちあふれているような戦いぶり。
今節にかける思いが伝わってきます。


明日は1R1号艇の1回走りで登場。

近況イン戦は1・1・1・1・1・2・1・2・1・1着
10戦8勝と持ち前の安定感を見せているだけに、
明日もきっちり勝ち切って準優好枠を狙いたいところです。


今節は山口支部2人がともに3勝ずつをあげる大車輪の活躍。
たった2人で計6勝をマークし、
支部別トップの勝ち星を稼ぎ出しています。


"山口旋風"は明日以降も続くのでしょうか。





(左:永井聖美選手、右:大瀧明日香選手の83期コンビ)


今日2連勝をマークしたのは永井聖美選手
2Rで2コースまくり、8Rでイン逃げを決めました。


ちなみにこれでデビュー通算983勝に。
1000勝へのカウントダウンが急ピッチで進んでいます。


1・4・5・1・1着で得点率4位までジャンプアップし、
明日は4R3号艇と12R5号艇で登場。


昨年10月の常滑オールレディース以来となる
久々の準優1号艇が射程圏です。





谷川里江選手は3Rで4コース差し一閃。
1・3・4・2・1・3着で得点率3位まで上がってきました。


今節が終わると60日間のF休み(9/2~10/31)に入るため、
早くも今期ラストの節を迎えている谷川選手。


なお勝率は6.20をマークしているものの、
出走回数が現在81走でA1条件(90走以上)を満たしていないため、
来期A2級降格ほぼ確定となっています。


明日は4R4号艇と10R1号艇で登場。
F2持ちのためコンマ20前後のスタートで勝負しているなか、
どんなさばきを見せるのか注目です。





(左:垣内清美選手、右:西村美智子選手)


垣内清美選手は7Rでイン逃げ快勝。
これがデビュー通算1200勝の節目となりました。


【女子通算1着回数ベスト10】
1 山川美由紀 2253勝
2 日高 逸子 2080勝
3 谷川 里江 1822勝
4 寺田 千恵 1692勝
5 鵜飼菜穂子 1668勝
6 海野ゆかり 1526勝
7 角 ひとみ 1474勝
8 垣内 清美 1200勝
9 佐藤 幸子 1188勝
10 淺田千亜希 1122勝


4・1・6・1・3着で得点率10位まで浮上し、
明日は4R6号艇と11R5号艇の外枠2走。

津レディースチャンピオンで見せたような5コースまくり差しを
明日も期待したいところです。





(左:高田ひかる選手、右:清水さくら選手)


三重からもう一人、高田ひかる選手も準優圏内につける活躍。
4・2・2・3着の得点率14位で、
昨年10月の芦屋ヴィーナスシリーズに続く
2回目の準優出が見えてきました。


そんな高田選手ですが、近況目を見張るのが体重の激減ぶりです。


昨年まで50~51キロあたりで走っていた高田選手。
しかし今年に入ってから徐々に減り始めて48キロ前後に。
さらに7月のF休み中にまた一段と減り、
復帰戦ではとうとう46キロ台に入って自身初のオレンジベスト着用となりました。


そして今節は初日が47.0キロ、2日目が46.0キロで、
今日はついに45.5キロとデビュー以来最も軽い数字に。


陰で積み重ねた努力の成果が、
今節の快走に表れているに違いありません。


明日は6R3号艇と10R2号艇で勝負駆け。
2走12点で得点率6.33になる計算です。


これまで2コースは通算3走で3・5・2着
3コースは通算6走で4・4・4・1・3・2着
始めたばかりのスロー戦で準優への道を切り拓きます。





今日は朝から本体整備している姿があった松瀬弘美選手
リング2本を交換して5Rに臨み、
見事にイン逃げで今節初白星をマークしました。


後半11Rでも渡辺千草選手との見応え満点の2番手争いを制し、
今日1着2着の活躍を見せることに。


5Rでは1分50秒2の節間二番時計も出しており、
2連対率36位の低調モーターにパワーが宿ってきた印象です。


5・2・4・1・2着で得点率12位まで浮上し、
明日は5R3号艇と12R4号艇で登場。
まくり屋の松瀬選手が中枠2走。これは見逃せません。





(1R終了直後。左から喜井つかさ選手、①樋口由加里選手、津田裕絵選手)


樋口由加里選手は1Rでイン逃げを決めるなど今日1着3着の活躍。
前日得点率24位と予選落ちの危機でしたが、
3・5・4・2・1・3着で得点率13位まで挽回成功です。


今節手にしたモーター49号機は、
奇遇にも4月の一般戦で樋口選手自身が乗ったモーター。


前回は5・3・1・1・3・1・④・4・6着
節間3勝で準優4着とまずまずの結果でした。


約4カ月ぶりの再会となった相棒と
徐々にコンビネーションも合い始めた印象。


今日のレース後には本体整備している姿もありました。

明日は7R2号艇と11R4号艇でポイントアップなるか注目です。





(左:清埜翔子選手、右:高田ひかる選手)


清埜翔子選手は4Rで3コースまくり一撃。
コンマ01の際どいスタートから豪快に攻め切りました。


勝ちタイムは驚きの1分49秒6
ぶっちぎりの節間最速ラップを叩き出しています。


【今節上がりタイムベスト5】

1 清埜 翔子 1:49.6 (3日目4R)
2 松瀬 弘美 1:50.2 (3日目5R)
3 永井 聖美 1:50.4 (3日目8R)
4 岸  恵子 1:50.6 (初日11R)
5 樋口由加里 1:50.7 (3日目1R)


今節は初日に4コースまくり、今日は3コースまくりと
センター速攻が冴えわたる戦いぶり。
1・3・5・1・6着で得点率15位につけています。


明日は6R1号艇で勝負駆けに。
3着で得点率6.33となる状況ですが、
しっかり勝ち切って準優に駒を進めたいところでしょう。


もしオールレディースでの予選突破となれば、
あのデビュー初準優出・初優出で一躍ヒロインとなった
昨年9月の住之江以来で2回目です。
(※参照、http://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-12071043099.html







3日目を終えての得点率ランキングと、
4日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)


1(4) 津田 裕絵 9.00 9R① 12R③
2(1) 原田 佑実 8.60 6R⑤ 12R⑥
3(6) 谷川 里江 8.17 4R④ 10R①
4(17) 永井 聖美 8.00 4R③ 12R⑤
5(2) 大瀧明日香 8.00 7R④ 10R⑤
6(3) 佐々木裕美 7.83 1R①
7(13) 寺田 千恵 7.67 5R④ 9R②
8(7) 松本 晶恵 7.67 8R② 12R①
9(12) 池田 紫乃 7.20 8R④ 11R②
10(25) 垣内 清美 6.80 4R⑥ 11R⑤
11(23) 柳澤 千春 6.80 3R③ 7R⑥
12(30) 松瀬 弘美 6.60 5R③ 12R④
13(24) 樋口由加里 6.50 7R② 11R④
14(18) 高田ひかる 6.50 6R③ 10R②
15(20) 清埜 翔子 6.40 6R①
16(21) 三松 直美 6.40 4R② 9R④
17(16) 大山 博美 6.40 5R⑥
18(10) 岸  恵子 6.33 5R①
―――――――準優ボーダー―――――――
19(22) 海野ゆかり 6.20 3R④ 12R②
20(5) 山川美由紀 6.17 6R② 11R①
21(19) 本部めぐみ 6.00 3R① 11R③
22(34) 深川麻奈美 5.80 6R⑥
23(8) 西坂 香松 5.80 5R②
24(28) 渡辺 千草 5.80 1R③ 9R⑥
25(15) 鳥居 智恵 5.60 7R③
26(9) 西村美智子 5.60 3R② 10R③
27(27) 松尾 夏海 5.50 4R① 8R③
28(11) 坂 咲友理 5.40 1R② 8R①
29(26) 高橋 淳美 5.40 1R⑤ 10R④
30(32) 五反田 忍 5.20 2R⑥
31(14) 喜井つかさ 5.00 7R①
32(29) 茶谷  桜 4.20 1R④ 11R⑥
33(33) 加藤 奈月 4.00 2R③ 10R⑥
34(31) 太田 雅美 3.50 2R④ 8R⑥
35(37) 森田 太陽 3.50 2R⑤ 6R④
36(35) 前田 紗希 3.00 9R⑤
37(39) 深尾 巴恵 3.00 4R⑤
38(36) 宮本 紀美 2.75 2R② 9R③
39(41) 黒澤めぐみ 1.75 3R⑥ 8R⑤
40(41) 渡邉 千晴 1.60 2R①
41(40) 清水さくら 1.50 7R⑤
42(43) 池田奈津美 1.25 3R⑤
43(44) 高橋 悠花 1.00 1R⑥ 5R⑤
帰郷 松尾美和子 
帰郷 木村沙友希
(※赤字はA1級、青字はA2級。緑は内枠2回走り。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)



前節のびわこオールレディース覇者・喜井つかさ選手が
今日まさかの5着6着で得点率31位まで後退。
明日7R1号艇で1着でも得点率5.71という状況で、
予選突破が絶望的となってしまいました。



なお現時点で準優ボーダーは得点率6.33と高めの数字に。


昨年の下関オールレディースも
得点率6.17の上位着勝負という厳しい展開になっており、
今年もシビアな勝負駆けのバトルが予想されます。



勝負駆け戦線をより一層シビアにするのはこの2人の存在。
海野ゆかり選手が得点率19位
山川美由紀選手が得点率20位というまさかの展開です。


海野選手は今日11Rでイン逃げを決めて
ようやくリズムアップの気配。
明日は3R4号艇と12R2号艇で勝負駆けです。


山川選手は6Rで不運な転覆があり、
そのあと急いで転覆整備をして11Rに臨むも5着に。
明日は6R2号艇と11R1号艇の内枠2走で
一気に巻き返しを狙うのみです。




岸恵子選手も得点率18位とよもやの苦戦。
明日は5R1号艇で勝負駆けになりました。


岸選手は下関3優出1Vの実績。
その1Vはもちろん初代覇者に輝いた
14年のGⅡレディースチャレンジカップです。
(※参照、http://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-11958995250.html


岸選手、海野選手、山川選手がボーダー前後に並び、
もし3人ともポイントアップしてくるとなれば・・・、
勝負駆け戦線は凄まじいことになりそうです。




深川麻奈美選手は6Rでイン逃げ快勝。

当地前走となる今年3月の下関ヴィーナスシリーズでは
3日目にイン戦でフライングを切っていた深川選手。
今日は因縁の"3日目イン戦"で雪辱の逃げ切り成功です。


今日2着1着の活躍で得点率22位まで挽回し、
明日は6R6号艇で勝負駆けに。
1着で得点率6.50、2着で得点率6.17になる計算です。




大逆転の予選突破を狙うのは得点率27位松尾夏海選手
明日は4R1号艇と8R3号艇で、
2走16点で得点率6.33になる計算です


近況インは4連勝中と好調。
3コースも今期7戦3勝と白星量産中。
モーターは2連対率3位の好素性機。
逆転のチャンスは充分でしょう。




得点率28位坂咲友理選手も大逆転が射程圏。
明日は1R2号艇と8R1号艇の内枠2回走りで、
2走18点で得点率6.43になる計算です。
ここでエース機の底力を見せるのでしょうか。




森田太陽選手は7Rで3着連絡み。
昨日に続いてまたも3着で万舟に貢献する活躍ぶりです。


そして明日8月30日が22歳の誕生日
5月の若松オールレディースで初1着水神祭を飾ったのに続く
デビュー2勝目をバースデイウィンにできるでしょうか。






【'16女子賞金ランキング】 (8/29現在)
1 遠藤 エミ 25,402,000円 ('15)
2 海野ゆかり 23,777,000円★('13、'14)
3 平山 智加▼22,966,000円 ('12、'13、'14)
4 松本 晶恵 21,970,000円★('15)
5 小野 生奈 20,511,000円 ('14、'15)
6 長嶋 万記 19,548,000円 ('13)
7 寺田 千恵 19,177,000円★('12、'13、'14、'15)
8 中谷 朋子▼19,001,000円 ('12)
9 竹井 奈美 18,314,000円
10 渡邉 優美 17,709,000円
11 樋口由加里 17,464,680円★
12↑山川美由紀 17,107,500円★('12、'13、'15)
――――クイーンズクライマックスボーダー――――――
13↓細川 裕子 17,104,000円
14 魚谷 香織 16,654,000円

15 田口 節子▼16,210,000円 ('12)
16 藤崎小百合 16,117,000円
17 谷川 里江▽15,742,000円★('13)
18 平田さやか 15,306,000円
19 川野 芽唯 15,239,680円 ('15)
20 平高 奈菜▽15,134,000円 ('14、'15)
――――レディースチャレンジカップボーダー―――――
21↑日高 逸子 14,947,000円 ('12、'13、'14、'15)
22↓山下 友貴▼14,828,000円
23↓今井 美亜▼14,757,000円
24 佐々木裕美 14,549,000円★
25 喜井つかさ 13,922,000円★
26 中里 優子▼13,865,680円
27 水口 由紀 13,686,000円 ('14)
28 宇野 弥生▼12,763,000円 ('12)
29↑大瀧明日香 12,727,000円★('15)
30↓西村  歩 12,644,000円
(※★は今節下関出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場年。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化。
 青地はレディースチャレンジカップF休みが確定)



【F休み中の女子レーサー】

松堂 留美 8/7~9/5
糸數 由里 8/8~9/6
中里 優子 8/8~9/6
中谷 朋子 8/8~9/6
田口 節子 8/8~9/6
金田 幸子 8/8~9/6
宇野 弥生 8/8~9/6
落合 直子 8/8~9/6
今井 美亜 8/8~9/6、9/26~11/24(F2、60日間)
喜多須杏奈 8/8~9/6
角 ひとみ 8/19~9/17
渋田 治代 8/19~9/17
藤原 菜希 8/25~9/23
伊藤 玲奈 8/25~9/23
戸敷 晃美 8/25~9/23
中澤 宏奈 8/26~9/24
平山 智加 8/29~9/27
西舘 果里 8/24~10/22(F2、60日間)

山下 友貴 8/26~11/23(F2、90日間)


【F休み未消化の女子レーサー】
谷川 里江★9/2~10/31(F2、60日間)
三松 直美★9/2~11/30(F2、90日間)
渡辺 千草★9/15~10/14
古川  舞 9/20~10/19
平高 奈菜 9/26~10/25
森岡 真希 10/3~12/1(F2、60日間)
(※★は今節下関出場メンバー)



津一般戦(8/25~30)は5日目を迎え、
渡邉優美選手三浦永理選手が準優に登場。


渡邉選手が10R2号艇で2着
三浦選手が11R4号艇で2着に入り、
ともに優出切符を獲得する活躍となりました。


【優勝戦12R出走表】
①山室展弘、②新美進司、③石川真二、
④渡邉優美⑤三浦永理、⑥渡邉和将。


渡邉選手は追加斡旋での参戦でしたが、
前節の浜名湖一般戦に続く2節連続優出。


三浦選手は前々節の平和島一般戦以来、
2節ぶりの優出となっています。



(渡邉優美選手。写真は8/4津)


(三浦永理選手。写真は2/7児島)


芦屋一般戦(8/24~29)は最終日。


日高逸子選手がイン逃げと2コース差しで今日2連勝
価値ある上積みで女子賞金ランク21位に浮上し、
次節の地元福岡オールレディース(9/2~7)に弾みをつけました。



(日高逸子選手。写真は4/1芦屋)


鳴門一般戦(8/27~31)は3日目。


前日得点率トップだった堀之内紀代子選手
今日外枠2走で2着4着とポイントダウンするも予選を5位で通過。

明日は準優11Rに2号艇で登場します。

(※一部訂正いたしました)



(堀之内紀代子選手。写真は8/3津)


住之江一般戦(8/29~9/1)が今日スタート。


2Rでは小芦るり華選手が2着、
島田なぎさ選手が3着に入る好走を見せ、
3万舟の高配当に貢献しています。



(島田なぎさ選手。写真は4/23大村)


徳山一般戦(8/30~9/4)が明日開幕。


東郷晴美選手、小杉志津江選手、新田芳美選手、
笠野友紀恵選手、栢場優子選手、大澤真菜選手、
藤堂里香選手、水野望美選手の女子8人が登場します。



(藤堂里香選手。写真は8/20びわこ)



各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。


テーマ:


下関オールレディースは2日目。



(来春からのナイター実施に向けて工事進行中の下関。
 照明塔は6基中3基がもう出来上がっているようです)



激しい雨も降るなか行なわれた
今日のレース結果は、


1R ①喜井つかさ 1コース逃げ
2R ②坂 咲友理 2コースまくり
3R ③三松 直美 3コースまくり (3連単10560円)
4R ①西坂 香松 1コース抜き
5R ④佐々木裕美 4コースまくり
6R ③原田 佑実 3コースまくり差し
7R ②松尾 夏海 2コース差し (3連単24070円)
8R ④垣内 清美 4コースまくり (3連単34450円)
9R ①佐々木裕美 1コース逃げ
10R ⑥津田 裕絵 6コースまくり差し (3連単19740円)
11R ②原田 佑実 2コース差し
12R ①山川美由紀 1コース逃げ



【今節上がりタイムベスト5】

1 岸  恵子 1:50.6 (初日11R)
2 津田 裕絵 1:50.9 (2日目10R)
2 松尾 夏海 1:50.9 (2日目7R)
4 清埜 翔子 1:51.0 (初日5R)
5 松本 晶恵 1:51.2 (初日4R)


【今節の部品交換状況】

樋口由加里 ②キャブレター
高橋 悠花 ①新プロペラ
(※○内の数字はシリーズ○日目)


【今節支部別1着回数】

香川支部 4勝 (山川②、西坂①、松尾夏①)
山口支部 4勝 (佐々木②、津田②)
大阪支部 3勝 (原田②、坂①)
岡山支部 3勝 (寺田①、三松①、喜井①)
愛知支部 2勝 (谷川①、大瀧①)
福岡支部 2勝 (鳥居①、大山博①)
群馬支部 1勝 (松本①)
埼玉支部 1勝 (清埜①)
東京支部 1勝 (永井①)
三重支部 1勝 (垣内①)
徳島支部 1勝 (岸①)

佐賀支部 1勝 (太田①)






(左:加藤奈月選手、右:原田佑実選手)


今日のMVPは原田佑実選手でしょう。


前半6Rでは3コースからコンマ06のトップスタートでまくり差し一閃。
持ち前のスタート力と旋回力が見事に噛み合った快勝劇でした。


すると後半11Rも2コース差しで制して今日2連勝
2・2・1・1着得点率トップに浮上しました。


ここまで4走のSTはコンマ13、13、06、11とさすがの数字。
今節平均STコンマ11でさっそくトップに躍り出てきました。


【今節平均STベスト5】
1 原田 佑実 ST.11 ST順1.25
2 西村美智子 ST.11 ST順2.33
3 大瀧明日香 ST.11 ST順3.33
4 永井 聖美 ST.13 ST順2.67
5 森田 太陽 ST.13 ST順3.00


また今節手にしたモーター68号機は2連対率33位の中堅機ですが、
前々節の男女ダブル戦で守屋美穂選手が優勝したモーター。
注目を集めるなかで今節も好パワーを見せています。


明日は10R4号艇の1回走り。
シリーズリーダーの座を守るのでしょうか。





もう一人今日2連勝を飾ったのが地元の佐々木裕美選手
5Rで4コースまくり、9Rでイン逃げを決めました。


佐々木選手は下関で実に優出11回
当地前走となる1月の正月レースでも優出6着に入るなど、
女子屈指の下関巧者といえる存在です。


今節もここまで4走すべてトップスタート
地元で気合が伝わってくる走りを見せてくれています。


今日の連勝で2・5・1・1着として得点率3位まで浮上。
明日は9R3号艇と12R5号艇で登場です。





地元からもう一人、津田裕絵選手も魅せました。


10Rで強烈な6コースまくり差しを決め、
3連単1万9740円の高配当を提供。


昨日書きましたが、前節の鳴門お盆レースで
6コースまくり差しを決めて7万舟を出したばかりの津田選手。
これで6コース2連勝となっています。


昨日は5コース差し、今日は6コースまくり差しと
外枠で見せ場満載の走りを披露し、
1・4・1着で得点率4位につける好調ぶり。


明日は10R2号艇でポイントアップを狙いたいところです。


今節は地元山口支部が2人だけとちょっと寂しい陣容ですが、
その2人で早くも計4勝と大暴れ。
地元ファンを大いに沸かせるレースを見せています。





喜井つかさ選手は1Rでイン逃げ快勝。
4・4・1・4着で得点率14位まで挽回してきました。


喜井選手にとって下関は、
12年女子リーグでデビュー初優出を飾って
優勝戦2着の準Vという活躍を見せた思い出の水面。
(※参照、http://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-11339422538.html
昨年11月の男女ダブル戦でも優出6着に入っており、
当地2優出の実績があります。


明日は4R4号艇と8R6号艇で登場。

近況6コースでも3・3・3・5・3・2着
ほとんど連を外さない走りが続いているだけに、
どんなさばきを見せるのか注目したいところです。





坂咲友理選手は2Rで2コースまくり一撃。
4・3・1着で得点率11位につけています。


今節手にしたモーター63号機は2連対率1位。
通算7優出1Vを誇る下関のエース機です。


前検タイムで2位と持ち前の快速ぶりを見せていた坂選手。
昨日は3着連絡みで10万舟に貢献し、
今日は白星と前評判どおりのパワーを発揮している印象です。


坂選手とエース機といえば、思い出すのが5月の丸亀男女ダブル戦
ハイパワーを引き出して節間6勝のピンラッシュを演じ、
予選トップ通過という快進撃がありました。
今節もそんな大暴れを見せてくれそうな期待充分です。


明日は3R3号艇と8R4号艇で登場。
中枠2走で楽しみが尽きない一日になります。





(3R終了直後。左から寺田千恵選手、③三松直美選手、佐々木裕美選手)


三松直美選手は3Rを3コースまくりで快勝。


F2持ちの苦しい状況ですが、
ここまで4走のSTはコンマ18、12、18、15という安定感。


そういえば前節の宮島オールレディースでも
4日目からコンマ17、12、12、12、11、14と好スタートを連発しており、
これでトータル10走連続でコンマ10台です。


F2は自身5回目で、F3の経験もある三松選手。
F持ちでの走り方は知り尽くしている印象です。


ここまでエ・2・1・4着で、
初日に不運なエンスト失格がありながらも
得点率6.00の21位まで挽回。

明日は9R1号艇でさらにポイントアップしてくるのでしょうか。





西坂香松選手は4Rで道中逆転の1着。


3艇大接戦の激しい先頭争いとなるなか、
2周1マークで2艇を先に回し、まとめて差し切って勝利を手中に。
好旋回と好パワーが光るレースでした。


今節手にしたモーター34号機は2連対率27位の中堅機。
しかし前節乗った樋口喜彦選手が、約2年ぶりの優出を果たして
優勝戦2着の準Vに入った注目モーターです。


ここまで3・1・3着で得点率8位につける好調ぶりの西坂選手。
明日は2R5号艇と10R6号艇の外枠2走
踏ん張りどころの一日となりそうです。




(左:黒澤めぐみ選手、右:松尾夏海選手)


松尾夏海選手は7Rで2コース差し一閃。


今節手にしたモーター60号機は2連対率3位の好調機。
6月の一般戦では中谷朋子選手が優出2着
8月の男女ダブル戦では仁科さやか選手が優出6着に入るなど、
通算7優出をマークしている評判機です。


松尾選手は前検トップタイムを出して好気配を見せると、
ここまで3走すべて展示一番時計という快速ぶり。


今日7Rでは勝ちタイム1分50秒9
節間二番時計の好ラップも叩き出していました。


6・4・1着で得点率27位まで巻き返し、
明日は2R4号艇で登場。
快速ぶりを生かしたレースを見せたいところです。







2日目を終えての得点率ランキングと、
3日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)


1(8) 原田 佑実 9.50 10R④
2(4) 大瀧明日香 9.00 4R② 10R①
3(17) 佐々木裕美 8.50 9R③ 12R⑤
4(1) 津田 裕絵 8.33 10R②
5(5) 山川美由紀 8.25 6R⑥ 11R③
6(6) 谷川 里江 8.00 3R⑥ 10R③
7(11) 松本 晶恵 7.75 4R⑥ 12R④
8(22) 西坂 香松 7.33 2R⑤ 10R⑥
9(16) 西村美智子 7.33 6R④ 12R⑥
10(14) 岸  恵子 7.00 8R③ 11R⑥
11(24) 坂 咲友理 7.00 3R③ 8R④
12(18) 池田 紫乃 7.00 6R③
13(15) 寺田 千恵 6.75 5R④ 12R①
14(25) 喜井つかさ 6.75 4R④ 8R⑥
15(9) 鳥居 智恵 6.67 5R③ 10R⑤
16(10) 大山 博美 6.67 3R② 12R③
17(2) 永井 聖美 6.67 2R② 8R①
18(31) 高田ひかる 6.67 8R⑤
―――――――準優ボーダー―――――――
19(13) 本部めぐみ 6.67 5R②
20(7) 清埜 翔子 6.33 4R③ 11R⑤
21(28) 三松 直美 6.00 9R①
22(19) 海野ゆかり 6.00 7R③ 11R①
23(22) 柳澤 千春 6.00 1R⑤ 7R④
24(29) 樋口由加里 5.75 1R① 9R④
25(32) 垣内 清美 5.67 7R① 12R②
26(12) 高橋 淳美 5.67 4R① 9R②
27(37) 松尾 夏海 5.33 2R④
28(21) 渡辺 千草 5.33 3R① 11R②
29(35) 茶谷  桜 5.00 2R① 7R②
30(26) 松瀬 弘美 4.67 5R① 11R④
31(3) 太田 雅美 4.33 5R⑤
32(27) 五反田 忍 4.00 1R③ 8R②
33(40) 加藤 奈月 4.00 9R⑤
34(20) 深川麻奈美 3.67 2R③ 6R①
35(30) 前田 紗希 3.67 4R⑤
36(34) 宮本 紀美 3.00 1R②
37(44) 森田 太陽 2.67 7R⑤
38(36) 松尾美和子 2.67 1R④ 6R②
39(33) 深尾 巴恵 2.00 6R⑤
40(38) 清水さくら 2.00 3R⑤ 9R⑥
41(41) 渡邉 千晴 1.67 3R④ 7R⑥
41(41) 黒澤めぐみ 1.67 5R⑥
43(38) 池田奈津美 1.33 1R⑥
44(43) 高橋 悠花 1.00 2R⑥
帰郷 木村沙友希
(※赤字はA1級、青字はA2級。緑は内枠2回走り。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)





山川美由紀選手は12Rのダブルドリーム後半戦で
インからコンマ06のトップスタートを決めて逃げ切り。
2・1・5・1着で得点率5位につけています。


近況4節連続で準優敗退とリズムに乗り切れず、
女子賞金ランクも13位まで下がっているだけに、
今節はなんとか流れを変えたい一節です。



垣内清美選手は8Rで4コースまくり一撃。
これがデビュー通算1199勝目となっています。

明日は7R1号艇と12R2号艇の内枠2走。
女子8人目の1200勝到達となるでしょうか。



女王・海野ゆかり選手5・2・3着で得点率22位
当地12優出3Vの下関巧者が意外な苦戦を強いられています。
明日は7R3号艇と11R1号艇で登場。
反撃開始の一日となるでしょうか。


森田太陽選手は7R3着で2万舟に貢献し、
前田紗希選手は8R3着で3万舟に貢献。
115期勢が配当を跳ね上げる活躍を見せてくれました。


森田選手は3月の下関ヴィーナスシリーズでも
2着1本、3着3本と好走を連発したばかり。

前田選手は前々節の唐津一般戦でデビュー2勝目を飾るなど
自力アップを見せている近況です。



高田ひかる選手は3Rで2コースから2着
8Rで3コースから2着に入っていずれも万舟に貢献しました。


昨日書きましたが、前々節から内枠も回ってくるようになったばかりで、
スローからのレースを始めて今節でまだ3節目


しかし1~3コースはこれまで計11走で
1着1本、2着2本、3着3本と連絡みを連発しており、
3連対率は50%を超えてきました。


4・2・2着で得点率18位まで上がってきた高田選手。
明日は8R5号艇の1回走りで、
自身2回目の予選突破に向けて大事な一日になります。





というわけで2日目を終えた下関オールレディース


桐生でのSGボートレースメモリアルも終わり、
明日から女子戦が艇界の主役を担いましょう。





【'16女子賞金ランキング】 (8/28現在)
1 遠藤 エミ 25,402,000円 ('15)
2 海野ゆかり 23,651,000円★('13、'14)
3 平山 智加▼22,966,000円 ('12、'13、'14)
4 松本 晶恵 21,854,000円★('15)
5 小野 生奈 20,511,000円 ('14、'15)
6 長嶋 万記 19,548,000円 ('13)
7↑寺田 千恵 19,018,000円★('12、'13、'14、'15)
8↓中谷 朋子▼19,001,000円 ('12)
9 竹井 奈美 18,314,000円
10 渡邉 優美 17,534,000円
11 樋口由加里 17,337,680円★
12 細川 裕子 17,104,000円
――――クイーンズクライマックスボーダー――――――
13 山川美由紀 17,069,500円★('12、'13、'15)
14 魚谷 香織 16,654,000円
15 田口 節子▼16,210,000円 ('12)
16 藤崎小百合 16,117,000円
17 谷川 里江▽15,612,000円★('13)
18 平田さやか 15,306,000円
19 川野 芽唯 15,239,680円 ('15)
20 平高 奈菜▽15,134,000円 ('14、'15)
――――レディースチャレンジカップボーダー―――――
21 山下 友貴▼14,828,000円
22 今井 美亜▼14,757,000円
23 日高 逸子 14,662,000円 ('12、'13、'14、'15)
24 佐々木裕美 14,445,000円★
25↑喜井つかさ 13,878,000円★
26↓中里 優子▼13,865,680円
27 水口 由紀 13,686,000円 ('14)
28 宇野 弥生▼12,763,000円 ('12)
29 西村  歩 12,644,000円
30 大瀧明日香 12,629,000円★('15)
(※★は今節下関出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場年。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化。
 青地はレディースチャレンジカップF休みが確定)


【F休み中の女子レーサー】

松堂 留美 8/7~9/5
糸數 由里 8/8~9/6
中里 優子 8/8~9/6
中谷 朋子 8/8~9/6
田口 節子 8/8~9/6
金田 幸子 8/8~9/6
宇野 弥生 8/8~9/6
落合 直子 8/8~9/6
今井 美亜 8/8~9/6、9/26~11/24(F2、60日間)
喜多須杏奈 8/8~9/6
角 ひとみ 8/19~9/17
渋田 治代 8/19~9/17
藤原 菜希 8/25~9/23
伊藤 玲奈 8/25~9/23
戸敷 晃美 8/25~9/23
中澤 宏奈 8/26~9/24

平山 智加 8/29~9/27
西舘 果里 8/24~10/22(F2、60日間)
山下 友貴 8/26~11/23(F2、90日間)


【F休み未消化の女子レーサー】
谷川 里江★9/2~10/31(F2、60日間)
三松 直美★9/2~11/30(F2、90日間)
渡辺 千草★9/15~10/14
古川  舞 9/20~10/19
平高 奈菜 9/26~10/25
森岡 真希 10/3~12/1(F2、60日間)
(※★は今節下関出場メンバー)



桐生SGボートレースメモリアル(8/23~28)は最終日。


平山智加選手は4・2・5・4・6・1・4・4着、
遠藤エミ選手は2・1・2・6・5・6・3・2・3着で
6日間の戦いを終えました。


平山選手はこのあと30日間のF休みに入り、
若松一般戦(10/1~5)で復帰予定。
遠藤選手は次節が蒲郡ヴィーナスシリーズ(9/8~13)で
当地2節連続Vを狙って登場します。



(平山智加選手。写真は5/11浜名湖)

(遠藤エミ選手。写真は4/20蒲郡)


芦屋一般戦(8/24~29)は5日目を迎え、
日高逸子選手が準優10Rに5号艇で登場。


惜しくも3着で優出はなりませんでした。
明日は10R選抜戦の2号艇となります。



(日高逸子選手。写真は8/7津)


津一般戦(8/25~30)は
4日目が終わって予選ラウンドが終了。


渡邉優美選手が得点率4位
三浦永理選手が得点率11位で予選を突破しました。


明日の準優は渡邉選手が10R2号艇、
三浦選手が11R4号艇で登場です。



(渡邉優美選手。写真は4/30若松)


(三浦永理選手。写真は2/7児島)


鳴門一般戦(8/27~31)は2日目。


堀之内紀代子選手が10Rで2コース差し一閃。
1・3・1着で得点率トップに浮上しています。



(堀之内紀代子選手。写真は8/6津)


住之江一般戦(8/29~9/1)が明日スタート。


長田光子選手、橋谷田佳織選手、廣中智紗衣選手、
塩崎桐加選手、島田なぎさ選手、小城千奈選手、
小芦るり華選手の女子レーサー7人が登場です。



(塩崎桐加選手。写真は8/3津)



各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。

コメント(0)  |  リブログ(0)
Copyright (C) BOAT RACE BLOG All RIGHT RESERVED