働く日本の女性を元気にするブログby WOMenらぼ(ウーマンラボ)

エン・ジャパンを『世界で一番、女性が活躍する会社にするプロジェクト』に参加する女性メンバー達のブログです。


テーマ:

 

こんにちは。WOMenらぼ編集部の塩冶(えんな)です。

 

今回ご紹介するのは、入社6年目。営業として圧倒的な成果を残している申由和(シンユファ)さん。全社で唯一の社長賞に選ばれるなど、さらなる活躍が期待される営業ウーマンです。

しかし、彼女の入社当初を振り返ってみるとはじめから成果を残せていたわけではありませんでした。彼女の飛躍のキッカケは何か。そして仕事をどのように捉えているのか。彼女の言葉から、キャリアに悩む若手女性に届けたいヒントが見つかりました。

 

 

│同期をライバルと思うのではなく、目指せる先輩を見つけること。

 

-今は大活躍の申さんですが、入社当初はどんな感じだったんですか?

 

銀行や保険会社を担当する金融グループに配属されたんですけど、とにかく同期をライバル視していました。1人、すごくキラキラした同期の女の子がいて。なんていうか…人当たりがすごくいいんですよね。おじさんにモテそうなタイプ。私はその子のことを「すごいな、負けたくないな」と思っていました。

-バチバチ、と?

いやいや、プライベートではめちゃめちゃ仲がいいんですよ(笑)。でも、仕事では負けるもんか、と。

ただ、結局私が彼女に勝てることはなくて、3ヶ月くらいで心がボキっといきました。たぶん、ムリしていたんでしょうね。

自分には彼女と同じ営業スタイルはできないな、と思ったんですけど、そのときから、「同期をライバルと思うよりも目指せる先輩を見つけよう」と考えるようになったんです。横を見るよりも、1つ上の人を目指したほうがいいんじゃないかと。以来、ずっとある人の背中を追いかけ続けています。

 

 

-その方は、どんな方なんですか?

 

元々同じ金融グループの営業で、今は新人育成を中心とした仕事をされています。人当たりの良さとか、みんなから相談される存在であることとか、すごいな、と。「こういう人になりたい」と思っていました。

実際に営業として活躍している姿は覚えていないんですけど、周りの人から「あの人はすごかった」という逸話を聞くことも多くて。私は先輩の過去を追いかけ続けている感覚です(笑)。

実は、今担当しているお客さんって、元々ほとんどその先輩が担当していて。リーマン・ショックがあってガタッと景気が傾いたときでも、年間1億円売っていたんです。1億円売れるってエンではかなりスゴイことなんですね。それを聞いてから、「年間1億円」という数字は意識するようになりましたね。

 

 

│弱みを克服するよりも、強みを伸ばすこと。

 

 

-年間1億円という目標はどのように追いかけていったんですか?

 

1億円という自分で立てた目標も大事なんですけど、まずは会社から与えられた目標を最低限達成しないといけないですよね。私は目標を達成しないと気がすまないタイプなので、いかに確実に達成するか?ということを常に考えていたんです。

 

そこで行き着いたのが、「目標を調整する」という考え方でした。

 

-目標を、調整する…?

 

たとえば「君は今月1000万ね」という目標を与えられたときに、「こういう理由から、900万じゃないと絶対達成できません」と交渉すること。逆に目標が低すぎる月は、「これは低すぎて簡単に達成できるから、もっと目標を上げてください」とか。そういう交渉は、結構やりますね。

 

長く担当しているお客さんが多いので、この時期はこういう理由で採用活動が控えめだとか、その代わり2ヶ月後にはかなり採用に力を入れるから発注いただけそうだとか、ある程度分かります。今も社名だけ聞けばぱっと思い浮かびますよ。

 

 

-言い方は悪いですが、すごすぎてちょっと引きます(笑)。

ところで、申さんはこれまでどのようにキャリアを築いてきたんですか?

 

3年目の夏に、初めてリーダーを経験しました。最初にメンバーになったのは年上の男性。経験してきたことも考え方も違いすぎて、チームは3ヶ月で崩壊(笑)。マネジメントって難しいなと痛感しましたね。その後は年次の近い女の子をメンバーに持って、2年くらいリーダーをやりました。

 

5年目の夏、今後マネジメントの道に進むか、ハイプレーヤーとしてやっていくのかという岐路に立たされて。答えは迷わずプレーヤーでした。そのほうが、組織全体にも貢献できるんじゃないかと思ったんです。

 

プレーヤーに戻ってからは、効率化を意識するようになりましたね。今まで100の力でやっていたことを7割の力でやるようにして、残り3割で同じ組織のメンバーの相談を受けたり、「もっとこうした方が良いのでは?」と上司に提案してみたり。

 

実は今、プロジェクトをやっていて。営業部1人あたりの生産性を上げるにはどうしたら良いか?ということを日々考えています。

 

-リーダーというミッションを減らした分、自分で新たなミッションを作っているんですね。

 

そうですね。私がこれまで大事にしてきた考え方の一つに、「弱みを克服するのではなく、強みをさらに伸ばす」というのがあって。私の場合、データを分析して定量的に物事を進めていくのが得意。この強みを活かして組織に貢献したいんです。だからこそ、自分から手を挙げて新たなミッションにチャレンジしています。

 

 

│やりたいことを、やれる自分でいたい。

 

-今後のキャリアについて、どのように考えていますか?

 

やりたいことがないんですよ、私。だから、見つかるまでは今いる場所で最大限のパフォーマンスを出そうと思っていて。やりたいことができたときに、「この人だったら任せられるな」って思ってもらわないと。会社ってそういうものだと思うんです。

 

たとえば人事をやりたいって思ったときに、それなりの知識を持っているかどうか。お客さんを引き継げる後輩を育成できているかどうか、とか。その辺りはきっと見られているんじゃないかなと思います。

 

今年の4月、社長賞に立候補したのもそういう理由ですね。目標の「1億円」を達成した、というタイミングでもあったんですけど。やりたいことができたとき、それを選択できる自分でいたいんです。だから今は、目の前のことを全力でやっていこうと思っています。

 

-自分の強みを伸ばすことで勝負に勝ち続けてきた申さん。ブレない姿勢が本当にかっこいいなと思いました。貴重なお話をありがとうございました!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

WOMenらぼ編集部の森本です。


9月12日。

 

エン・ジャパンでは今年度2回目(1回目はコチラから)となる、WOMenらぼ主催の社内講演会を開催しました。本日は講演会レポートver.2 をお届けします!

 

講師にお招きしたのは、プロノバ株式会社代表取締役の岡島悦子さん。
三菱商事、ハーバード大でのMBA取得、マッキンゼー・アンド・カンパニーと、一見近寄りがたい経歴の方。ご本人はそんな経歴もネタに、場内を笑いの渦に包む話術の持ち主です。

 

 

先月も同じく岡島さんが講師となり実施した講演では、1~3年目を中心とした若手社員が参加。満足度97%、管理職への意欲は7割も上昇!と驚異的な成果が出ました。

 

この女性社員たちの熱を冷ましてはいけない。現場に戻って、上司たちとの温度差があっては意味がない!そんな想いを込めて、今回の対象は管理職(ご多分に漏れず、男性ばかり…)の社員たちです。

 

全国の拠点をつなぎ、200名近くの管理職社員が参加しました。


参加者の満足度は100

 

一体なにが管理職たちの胸に刺さったのか?開催後、参加者へ行なったアンケートをもとに、講演会の興奮をお伝えします。

 

 

特に参考になったポイント(複数選択可)


それぞれの項目を選択した社員の声は、コチラ。


>管理職が心がけること

 

○「期待を示すこと」。何か役割を与えるときやリーダー昇格時など、相手のやる気や覚悟を求めてしまいがちです。「お前なら出来る」という期待を伝えるコミュニケーションを意識して行なっていきます。

 

○メンバーへ何かを任せるにあたり、「本人の意思や意欲を重視しすぎるのはよくない」という話にハッとさせられた。確かにそれだとなかなか人選できないし、そういう踏み絵を踏ませるのは、何かあったときにマネジメント側が責任を取りたくないからじゃないか、と気づいた。

 

○「管理職が不幸自慢しすぎ」というのも、まさに!と思い、反省しました。ポジションを得ることで、顧客に与える価値が大きくなるし、仕事の面白みも増すので、プラス面を前に出していきたいと思います。

 


>女性のキャリア開発(前倒しのキャリア®・タグ)

 

○前回の講演時(2014年7月)に「キャリアの前倒し」という話を聞いたので、昨年チャンスが来た際に迷わず手を挙げられました。おかげで昨年昇格し、現在リーダー職についています。仕事の幅・視野が広がりとてもやりがいを感じています。

 

○女性メンバーからのキャリア相談を受ける中、ライフイベントが多いため、中々適切な回答をしてあげることができていませんでした。キャリアの早い段階で様々な経験を積ませてあげること、タグを増やしてあげること。意識していきます。

 

○リーダー適性はあるのに、意志がない女性メンバーに対してタグの話をして、3回目の打診にチャレンジしてみようと思いました。

 


>「妙齢女性の10大疾病」とマインドセット

 

○10大疾病は思い当たるところが多かった。疾病を患う女性がダメなのではなく、そのような気持ちに至りやすい女性の働き方や生き方を理解し、活躍できる環境を整えることが重要だと感じた。

 

○10大疾病含めて、なぜそう思うのか?の理解が出来たので、改めてコミュニケーションの取り方を気にしたいと思います。

 


>多様性推進経営の本質とは


○「女性」「女性」ということに多少違和感を感じていました。女性活躍がゴールではなく、多様な視点を取り入れるための選択肢の1つ、とっかかりとして動き始めていることが非常に納得できました。

 

 

 

 

「女性に覚悟を問うのではなく、期待をかける」というフレーズが胸に刺さった管理職は多かったようです。

 

「前倒しのキャリア®」を実現するには「20代で3部署(ミッション)経験」という話では、「やっぱりソレかーーー」と苦悶の表情を浮かべる場面も。

 

どの上司たちも、育った社員は手放したくないものですが、人材輩出上司として名を馳せる方がもっと増えることを期待しています!!

 

 

講演会の冒頭で、管理職へのハッパをかける、女性役員。

 

 

 

最後に岡島さんを囲んで、一枚。

 

2年前の岡島さん講演会で示唆を得て、管理職へチャレンジして活躍中。そんな社員も参加していたようで、感慨深いものがありました。講演会で得た気づきが、どんな変化をもたらすのか楽しみです!

 

引き続き、WOMenらぼの活動にもご期待ください!

 

 

 

▼Facebookで更新情報をお届け!
『いいね!』でWOMenらぼブログの更新情報を随時お届けします。
Facebookページはコチラから

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

WOMenらぼ編集部の森本です。


8月17日。

 

エン・ジャパンでは、WOMenらぼ主催の社内講演会を開催しました!今日はその講演会についてレポートします。

 

講師にお招きしたのは、プロノバ株式会社代表取締役の岡島悦子さん。
三菱商事、ハーバード大でのMBA取得、マッキンゼー・アンド・カンパニーと、絵に描いたようなハイキャリアを歩まれてきた方です。


実は2年前にも、女性社員200名以上に向けて講演を実施。その時に「もっと早く聞きたかった!」という声が多数噴出しました。キャリアに対する心構え形成は早いに越したことはない、と今年は1~3年目の若手社員を中心に実施することになりました。

 

参加者の満足度は97%!

 

 

 

開催後、参加者に行なったアンケートをもとに、講演の様子をお伝えします。


特に面白かったポイント(複数選択可)

 


 

それぞれの項目を選択した社員の声は、コチラ。

 

>妙齢女性の10大疾病とマインドセット
○女性が持ちやすい考え方や対策について理解できた。それに陥らないようにするためにどうしたらいいかの対策まで教えてもらえ、とても勉強になりました。

○10大疾病の話については自分に当てはまる点があったことで、「それは自分だけじゃないんだ」と思えたこととそれに対するマインドのお話がとても参考になりました。

 

>前倒しのキャリア
○自分の人生を考えたときに、出産を視野に入れた場合、いれなかった場合、どちらも考えておく必要があると思いました。どちらの場合も、キャリアを前倒ししておくのに損はないなと思いました。

○なぜ前倒しのキャリアが必要なのか?という点について、「こうすべきだと思うから」ではなく、人口減少など社会の変化や、女性特有の出産というライフイベントと絡めて論理的かつ分かりやすく説明いただいたので納得感が強く持てました。


>自分のタグ(強み)探し

○タグを掛け合わせる、が気づきだった。昔から器用貧乏であったために突飛したものがないのが悩みだったが、掛け合わせることで唯一無二になる点が嬉しかった。

 

 

考えや意識が変わったポイント(複数選択可)

 

 

「キャリアへの向き合い方」に大きな変化が生じた、若手社員たち。具体的に、どのような変化が起きたのか、コメントをご紹介します。

 

○「掛け合わせたタグの希少性と市場性」というお話を聞き、今の業務の中で、希少性と市場性の高い状態にするにはどうしたらよいのかを考えました。講演後にデスクへ戻って、早速上司に自分の伸ばしていきたい業務について相談をしたところ、その業務を重点的に任せてもらえそうです。

 

○正直、2-3年後には結婚して専業主婦になる未来を夢見ていました。今回岡島さんのお話を伺い、それは無理だし、辞めることを前提に仕事をするのは勿体無いとも思いました。キャリアアップも含めて、きちんと仕事に向き合おうと考えられるようになりました。


○キャリアを考えるというと、すごく大きな変化をしなければいけないんじゃないかと思ってしまいますが、「打席に立つ」、「自分の小さな強み(タグ)を作り組み合わせる」という、小さなことを少しずつ仕事をしながらやることが、大きな変化に繋がるんだなと思い、少し気持ちが楽になる感じがしました。

 

○キャリアを築くことは「選択の自由を手に入れること」と、新たな視点をもらった。

 

 


 

 

管理職へのチャレンジに対して意識の変化はありましたか?

 

 

「もともとやりたいと思っていた」(23%)に加えて、講演を聞いてから「やりたい」「やっても良い」となった社員が7割超!これは、すごい変化!具体的にどんな話が心に響いたのでしょうか…?

 

○“出世は手段”という言葉がすごくしっくりきました!

 

 

○管理職は向いていないと思っていました。が、管理職にならないという選択肢は自身のタグ、強みの開発にならない。その結果市場価値のない人材になってしまう、と理解したからです。

 

○能力開発のためにはとにかく打席に立つこと。出世も、同じことだなと思いました。これまでは特に出世したいという気持ちも、逆にしたくないという気持ちもなかったのですが、出来ることが増える、権限が持てるという意味では出世したいなと感じました。

 

○自分の可能性を広げる一つのチャンスだと強く感じた。

 

○管理職をやる、やらないに関わらず、この段階で「やらない」と決めてしまうことは、それこそ機会損失だと思ったからです。  

 


明日から実践!

「バッターボックスに立つこと」
死なないので、手を挙げられるチャンスがあれば、積極的に手を挙げに行こうと思います!

 

そんな心強い決意表明をたくさんもらうことができました。

 

エン・ジャパンの女性社員を大いに奮い立たせてくださった岡島さん。本当にありがとうございました!!

 


私自身は、入社11年目。

 

「もっと早く聞きたかった」という思いが脳裏をよぎりつつ、、2年前に講演を伺った時よりも、タグの数を多く挙げられたことに一安心しました。

 

講演で岡島さんからのお話に出た「同じ穴のムジナとばかりつるまない」。積極的に異分野から学んでいく姿勢。そして、何より打席に立つ!ということを習慣化していきたいと、改めて決意しました。

 

 

最後は運営をサポートしていたWOMenらぼ事務局のメンバーで、岡島さんを囲んで。

 

上司のみなさん、熱いうちにぜひ色々なチャンスを振ってみてくださいね!

 

引き続き、WOMenらぼの活動にもご期待ください!

 

 

 

▼Facebookで更新情報をお届け!
『いいね!』でWOMenらぼブログの更新情報を随時お届けします。
Facebookページはコチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは。WOMenらぼ 編集部の田中です。 

 

今回紹介するのは、営業部門のリーダーとして4名のメンバーをマネジメントしつつ、自らも第一線で活躍する宮田緑さん。 

 

“バリバリの営業ウーマン”的な雰囲気を醸し出す宮田さんですが、前職はアパレルの販売スタッフ。しかも、エン・ジャパンには事務職として入社した女性です。 

 

事務職として働いていたのに、なぜ営業に?そしてなぜ営業リーダーに??彼女のターニングポイントに迫ってみたいと思います。 

 

 

母親の教え。エン・ジャパンとの出会い。 

 

本題に入る前に、アパレルの販売スタッフからエン・ジャパンへ転職した理由から教えてください。 

 

アパレルの販売スタッフは"なんとなく”で選んだ仕事だったので、キャリアプランや福利厚生についてちゃんと調べていなかったんです。私が働いていた会社は、先輩社員が誰一人結婚・出産はしていなくて、産休制度もなかった。仕事自体は楽しかったけど、まったく先が見えない職場でした。 

 

このままじゃいけないと思い転職活動を始めて、たまたま見かけたのがエンの営業事務の募集です。月並みですけどエンが掲げる理念の「人間成長」という言葉が後押しになりました。 

 

実は私、母子家庭なんです。女手ひとつで私と弟を育ててくれた母親から「女性が男性に頼って生活する時代は終わった。万が一のとき、女性ひとりでもやっていける能力を身につけないといけない」と言われていて。「人間成長」を掲げている会社なら自分が理想としている人物像に近づけるような気がしましたね。 

 

ただですね…そこそこ有名だし、上場しているし…という点も応募動機のひとつです(笑)。 

 

-​正直すぎる。 

 

余談ですが、母親からは「彼氏をつくるなら一緒にいて成長できる相手を選べ」と言われていました。でも、実際はうまくはいかないんですよね…(苦笑)。 

 

-えっと……話題を変えましょう! 

 

 

|たった一度の営業同行が楽しかった。 

 

 

 

-事務として入社した宮田さんが営業にキャリアチェンジしたのはなぜだったんですか? 

 

自分で上司に伝えたんです。「営業になりたい」って。 

 

事務の仕事自体は楽しかったです。雰囲気は良かったし。そんなときに「うちは営業がメインの会社だから、管理部門も営業現場をもっと理解したほうがいい」ということで、営業同行させてもらえるイベントの時期がありました。他の事務のメンバーはめちゃめちゃ怖がっているんですよね。「名刺交換なんてやったことない~!」「緊張する~!」って。でも、私は楽しかった。企業へ足を運んで、お客さんと話し込んで、ランチして…。ひとりだけ営業同行を満喫していたんです。 

 

そこですぐに上司に相談しました。「今すぐじゃなくてもいいから、チャンスがあったらでいいから、営業へのキャリアチェンジに挑戦したい」と。そこからスグに営業部門に話がいって、異動が決まりました。 

 

-すごい行動力ですね。 

 

やっぱり、何もしないで後悔なんてしたくないじゃないですか。ダメかもしれないけど、言ってみる、行動してみるっていうのも母ゆずりかもしれません。上司にもまったく驚かれることもなく「いつか言われると思ってた」と言われましたね(笑)。 

 

-営業に異動してからはどうでしたか? 

 

忙しかったけど、楽しかったです。新聞や本も読まなきゃいけなかったり、仕事で遅くまで残業することもあったり…といったことはあったけど、当時のリーダーや先輩が支えてくれたし、お客さんから「とてもステキな人が入社してくれたよ」「あのとき採用した彼、大活躍しているよ」といった声を直接聞けることは大きなやりがいでした。だから、「営業にならなきゃよかった」とか「事務に戻りたい」とかは思ったことはありませんでしたね。 

 

 

|全てをさらけ出したら、周りが変わった。 

 

-なぜリーダーを目指すように? 

 

ずっと迷っていたんです。リーダーには興味があったけど、忙しそうな先輩たちの背中を見ていたから。エンでリーダーをやる意味ってなんだろう?とずっと考えていました。 

 

ただ考えながらも、少しずつ営業の仕事にも慣れて、目標もサラッと達成できるようになって、仕事が楽しくなくなってしまったんです。部署も目標の数字が上がることが広報された直後だったので、メンバーのモチベーションはあまりよくなくて私も周りも雰囲気は最悪。「もう辞めてしまおうかな」と考えました。 

 

でも、部署に改善できるポイントはたくさんあったから、辞める前に全部ぶちまけてしまえと思ってみんなを集めたんです。思っていることを洗いざらい吐き出すために。 

 

-スゴイ。 

 

想定していたのは、自分だけが好き勝手言ってみんなは黙って聞いていて…みたいな場だったんですけど、実際は違いました。上司はメモを取るし、後輩は泣いちゃうしで、みんなすごい反応をしてくれたんです。みんなで意見を出し合って、お互いの悪いところを直そうっていう一体感が生まれたというか。 

 

同時に私自身の改善点にも気付かされました。私が不満に思っていたことって、結局自分に原因があったんです。それまでってオン・オフを切り分けていたから勝手に周囲との間に壁が生まれていました。だから、うまく周囲を巻き込めずに成果も残せないという。たぶん、“できない自分”をさらすことが恥ずかしかったんでしょうね…。 

 

自分のなかでいろいろ覚悟が固まって、残ることとリーダーにチャレンジすることを決めました。 

 

 

-心の壁をとっぱらって、リーダーをやってみてどうですか? 

 

壁をなくしたことについては周りはポジティブに捉えてくれていると思います。話しかけてもらう機会が増えた気がするし。あと、メンバーのみんなは私の弱点とかもちゃんと見ているんですよね。だからちゃんと支えてくれる。リーダーがカンペキだと、メンバーが育たないんですよ。「ウチのリーダー、大丈夫かな…?」くらいのほうが、みんな自立するし、主体的に行動する。…という自己正当化かな(笑)。 

 

リーダーをやってみて思うのは、「どうせやるならもっと早くやっておけばよかった」ってことですね。だから、リーダーになってからあまり時間は経ってないけど、今はリーダーだけではなく、他にも自分が周囲に好影響を与えられることであればドンドンチャレンジしてみたいと思ってます。新しいことにチャレンジすると、自分にできていないことが次々と見つかる。でも、それは成長のマイルストーンなわけです。目の前にあることを困難ととらえるか、成長のチャンスととらえるか。私は後者でいたいと思います。 

 

-しびれるお話、ありがとうございました!宮田さんと一緒に働いている人たちはとても刺激的でしょうね。さらなるご活躍を期待しています!! 

 

 

 

▼Facebookで更新情報をお届け!
『いいね!』でWOMenらぼブログの更新情報を随時お届けします。
Facebookページはコチラから

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!エン・ジャパンで営業をしている萩田です。

入社2年目、今年は人生2度目のフルマラソン出場を目指しています走る人

 

新しいことに挑戦してみたい気持ちと、キャリアについて不安を感じていたことから、WOMenらぼの活動に参加させていただいています。

 

今回は、私が担当している「若手社員対象の社内交流会」の分科会について、ご紹介いたします音譜

 

=================

チューリップ紫活動目的チューリップ紫

若手女子が「自分のキャリアをどう作るか」を考える機会をつくる

 

チューリップ紫参加メンバーチューリップ紫

全員入社2~3年目の若手女子なので、自身の経験や悩みを元に意見交換から。先輩社員の方々にサポートしていただきながら、活動を進めていますヒヨコ

 

《イベント班》

太田さん(3年目)

土肥さん(3年目)

露木さん(2年目)

細越さん(3年目)

馬屋原さん(2年目)

嶋山さん(2年目)

 

《ブログ班》

塩冶さん(2年目)

藤本さん(2年目)

萩田(2年目)

 

《サポーター》

柴本さん(12年目)

吉久さん(10年目) ※過去にこのブログにも登場!

 

 

 

チューリップ紫具体的な活動内容チューリップ紫

「若手活躍」に向けて、若手女子の現状について議論&情報収集

自分のキャリアについて考えている人は少なく、エン・ジャパンで長く働くことや「活躍」のイメージを持てていない人が多いのが現状。例えば…

・選択肢が欲しい

・自分が何を目指したら良いか分からない

 

⇒課題を分析して、どんな”学び”があればサポートになるか議論しています!

 

「ロールモデル」「メンター」探しの機会を企画

⇒活躍されている先輩方にインタビューにご協力いただき、らぼブログで情報発信!

⇒先輩社員とのランチ会(仮)の企画

※ブログでのアウトプットフォーマットや、インタビューの質問項目も検討していきます。

 

=================

 

イベント班、ブログ班に役割分担をして活動していきますウインク

こちらのらぼブログで活動報告をしていく予定ですので、お楽しみに~チューリップオレンジチューリップ紫チューリップピンク

 

▼Facebookで更新情報をお届け!
『いいね!』でWOMenらぼブログの更新情報を随時お届けします。
Facebookページはコチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)