次屋妙子オフィシャルブログ

A woman does not become interesting until she is over 40.


テーマ:
先日ご縁があって、織田友理子さんというたいへん美しい女性のポートレートを撮影させていただいて来ました。実は彼女は、車椅子ユーザー。22歳の時、進行性の筋疾患「遠位型ミオパチー」との診断を受け、2005年からずっと車椅子生活を送っておられる女性です。(遠位型ミオパチーは、日本国内の患者数がわずか数百人という非常に珍しい病気で、未だ治療法が確立されていない超希少疾病)。
でも彼女といると、そんなことを微塵も感じさせません。たいへんなご病気を抱えていらっしゃるはずなのに、同情や憐み、悲嘆や悲観などとはおよそ無縁の凛とした佇まい――。いつもお会いするたびに、こちらの方が元気をいただいて帰ってきます。撮影日のこの日もそうでした。
実は、車椅子の方を撮るのは生まれて初めてだったので、いつも以上にアングルや撮影時間などには気を使いましたが、ファインダー越しに見える彼女の美しさに何度息を呑んだことでしょう!美しいばかりではありません。覚悟に裏打ちされた、強さとしなやかさが共存している女性。彼女のその透明感は、まるで西洋絵画に出て来るミューズのようでもありました。あの日、光も風も味方に変えて、「織田友理子」という、いま心から尊敬してやまない女性を切り取らせていただけたことを心から誇りに思います。


友理子さんは、元々公認会計士を目指されていたとのことで、人一倍努力家で負けず嫌いな性分だそう(笑)。25歳の時に大学時代から付き合っていた洋一さんと結婚をされ、一年後には男の子を出産されています。30歳の時、障害者留学支援制度により、半年間デンマークにも留学。その後、ご主人と二人でバリアフリー動画情報サイト「車椅子ウォーカー」を開設。障害当事者による画期的な取り組みだとして、様々なメディアにも取り上げられています。車椅子ウォーカー☞http://www.oda-y.com/
また昨年は、織田さんが代表を務める「遠位型ミオパチー患者会(NPO法人PADM)」の「みんなでつくるバリアフリーマップ」がGoogleインパクトチャレンジのグランプリを受賞!現在、「世界中の車椅子ユーザーが訪問したエリアのバリアフリー情報をスマートフォン機能を利用してMAP化する」という事業内容を着々と進行中だそうです。
とにかく、人一倍好奇心旺盛で、チャレンジ精神旺盛な友理子さん。その彼女の活躍の陰には、常にご主人である洋一さんの献身的な支えがあり、まさに「水魚の交わり」という故事はこのご夫妻のためにあるのでは?と思えるほど、いつも仲睦まじいお二人の姿に胸が熱くなります。
実はこの秋、織田友理子さんとのトークイベントを予定しております。詳細に関しましては、またあらためて発表させていただきますので、どうぞお楽しみに。




AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨年末、全国展開する総合広告代理店DACグループ(DAILY ADVERTISEMENT COMMUNITY GROUP)様のメッセージブック制作に携わらせていただきました。タイトルは、「DAC PRIDE/PRIDEに生きるDACな女性たち」――。今回は、DACグループで活躍されている、選りすぐりの女性管理職13名のポートレイトを撮影しましたが、北は北海道から南は福岡まで、文字通り才色兼備な女性たちばかり。出張先で一人ひとりとお会いするたびに、たいへん多くのことを学ばせていただきました。

政府は2020年までに指導的な立場に就く女性を30%に引き上げるという目標を掲げていますが、何とこのDACグループでは、既に女性管理職比率38%を誇っているそうです。そこで、一際輝いている女性管理職の姿をもっと広く世の中に発信していこうということになり、このような形でメッセージブックを制作することになりました。入社してからの道のり、日頃から心の支えにしているモノ、仕事に対するマインドなど、13人の女性管理職それぞれのストーリーが一冊に集約されています。☞DAC PRIDE

そして何と嬉しいことに、このメッセージブックが完成する間際、ある朗報が舞い込みました。DACグループが「東京都女性活躍推進大賞」を受賞することが決定したのです。あまりのタイミングの良さに、鳥肌が立つほどビックリしてしまいました。日頃より尊敬してやまない石川社長の先見の明をあらためてリスペクトすると同時に、私どももこのような形で少しでも花を添えるお手伝いができたことを心から誇りに思います。

東京都では、全ての女性が意欲と能力に応じた多様な生き方を選択できる社会の実現に向け、女性の活躍推進の気運を醸成するため、2014年から「東京都女性活躍推進大賞」を新設。産業、医療・福祉、教育、地域の4分野から各1団体が選出されるそうですが、DACグループが2015年度の産業部門にて大賞を受賞!これまでどの会社よりも先んじて、女性社員をはじめ、多様な社員が働きやすい環境づくりに取り組んで来たことが高く評価され、民間企業としては2015年度唯一の大賞受賞となりました。☞東京都女性活躍推進大賞授賞式の模様

私自身も長年に渡り、多方面に於いて女性の活躍を応援する仕事に携わって参りましたが、このような形で企業様とタッグを組み、ビジュアルを通じてお手伝いをさせていただけることに、たいへん大きな遣り甲斐と手ごたえを感じております。今後も、様々な企業様に最適なご提案をさせていただきながら、イベント企画や写真、映像などのビジュアルを通じて、女性の活躍を応援していきたいと願っております。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にご相談下さい。☞お問い合わせ





DAC PRIDE 
PRIDEに生きる13人の女性たち
撮影:次屋妙子  ヘアメイク:安並幸江
















AD
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
読者の皆さま、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

年末に搭乗した全日空の機内誌「翼の王国」に、たいへん興味深い記事が掲載されていました。ANAの篠辺修CEOの巻頭言です。そこには、こうありました。「創業当初から身のほど知らずと言われるような夢を掲げ、努力と挑戦を続けてきた結果、今のANAグル―プがある。(中略)行けない未来はない」と。
この「身のほど知らずな夢」――という言葉に、こんなにもワクワクさせられてしまったのは私だけでしょうか。そういえば、私の最も尊敬するクリエーターの一人、クリエイティブディレクターの箭内道彦さんもこんなことを仰っていたっけ。「分不相応でいい。自分の身の丈を自分で決めてしまったら、いつまで経ってもそのサイズ通りの人間でしかいられない。ヤドカリは、一回り大きい貝殻に入れば、いつの間にかその貝殻がピッタリのヤドカリになる。貝殻が縮むのではない。ヤドカリの体が一回り大きくなるのだ」――と。
そうだ!私もヤドカリになろう。単純な私は、空の上でそう思いました。しかも、“身の程知らずな夢”を背負ったヤドカリに。
そんな私の2016年のテーマは「Exceed」です。年賀状にも、毎年好きな言葉を添えることにしているのですが、今年はアメリカの名司会者オプラ・ウィンフリーさんの言葉を引用させていただきました。「Luck is a matter of preparation meeting opportunity.(準備万端の人にチャンスが訪れることを幸運と呼ぶの)」。
大人だからこその努力。大人だからこその進化。私も“身の程の知らずな夢”を掲げ、一つでも多くの目標を体現できる、そんな年にしていきたいと思います。





AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
去る12月6日(日)、御茶ノ水にあるワテラスコモンホールにて、働く女性のためのヘルスケアイベント「あかずきんアカデミー」が開催されました。主催は、スイスに本社のある外資系のヘルスケア企業で、検査に使うお薬を開発、製造、販売しているロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 。今回は、このロシュ様からオファーをいただき、プロデューサーとして子宮頸がん検診の予防啓発イベントのコンセプトデザインから、トークショーの企画運営に至るまで、イベントそのものの「旗揚げ」にも関わらせていただきました。

コンセプトは、「心もからだも健やかに」――。職場で、家庭で、地域でがんばっている女性たちを心とからだの両面からサポートしようと、従来の「健康セミナー」というイメージをいい意味で取っ払い、健康な人も、闘病中の人も元気になれるトークショーをということで、子宮頸がん検診の予防啓発イベント「あかずきんアカデミー」を企画させていただきました。今後、このアカデミーでは、様々な試練を乗り越えてきた女性ゲストを招聘。彼女たちのポジティブな生き方に触れることで、「私もがんばってみよう」と、上質な感化を受けて帰っていただく「学びと触発の場」をご提供させていただきたいと思っております。
なぜ「あかずきんアカデミー」なのかという、ネーミングの由来についてはコチラをご覧下さい☞

今回、初回に相応しいゲストとしてお招きしたのは、和紙デザイナーの堀木エリ子さん。銀行員から和紙デザイナーに転職をされ、文字通り「天職」を手に入れられた異色の経歴の持ち主です。今では世界を舞台にご活躍されている日本を代表するトップクリエーターのお一人ですが、大きなご病気を二度も経験されている癌サバイバーでもいらっしゃいます。今回は満を持して、ご病気の話にも触れさせていただきました。堀木さんとのトークショーは今回で7回目となりますが、何度ご一緒しても心が震えます。「できないという選択肢を捨てる」というお話や、「二年に一度遺言状を書き換えている」というお話、更には「天職とは見つけるものではなく、“この仕事を生涯かけてやろう”と決意し、覚悟をすること」なのだというお話にも、たいへん多くのお客様が感銘を受け、涙を流されていらっしゃいました。



私は長年に渡り、女性のためのトークイベントをプロデュースして来ましたが、今まではキャリアやビューティー、ファッションなど、とかく華やかに見える世界でお仕事をさせていただいて参りました。しかしながらこのたび、ロシュ様とお仕事をさせていただき、初めて「ヘルスケア」という分野に携わらせていただく中で、自分の中の何かが大きく変わったような気がしています。
イベントに参加して下さったお客様の中には、さっそく検診に足を運び、病気の早期発見に繋がる方もいらっしゃるかも知れません。これからの人生において、病気以外にも様々な逆境に出遭うこともあるでしょう。そんな時、トークショーのことを思い出していただけたら、これ以上の喜びはありません。あの日、あの時、あのイベントに参加したおかげで、今の私がある――そう言っていただける人を何人作ることができるか…それがプロデューサーとしての私の新しいミッションとなりました。
たかがイベント。されどイベント。私は医療関係者ではありませんが、病気を未然に防ぐ知識を身につけていただいたり、たとえ病気になったとしても、病に立ち向かっていける心の強さを学んでいただける「場づくり」のお手伝いならできる――そう気が付かせていただいたのです。

堀木さんとのトークショーの中で、特に印象的だったお話があります。それは「利他の精神を磨く」ということ。堀木さん曰く「40代以降は利他の精神を持つことが大事なのではないでしょうか。自分だけの楽しみから卒業すること。本当の成人式は40歳です。社会に貢献できるようになって、初めて一人前なのです」とありました。私も40代――世の為、人の為に尽くせる人生をと、心から願わずにはいられません。
師走のお忙しい中、会場に足をお運び下さいました、たくさんのお客様にこの場をお借りいたしまして、心からの御礼を申し上げます。たいへんにありがとうございました。
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、人気フリーアナウンサーのあまやゆか さんのポートレイトを撮影させていただきました。あまやさんは、ナレーターや司会などのお仕事の他に、着物コミュニケーターとしてもご活躍中。オーガニックコットンの木綿着物ブランド「るるん 」を立ち上げられ、着物のデザインやトータルプロデュースなども手掛けていらっしゃいます。
今回は、その「るるん」用にお写真を一新されたいとのことで、終日お着物での撮影となりました。ブランドイメージを損なわないよう、オーガニックコットンの名に相応しい穏やかで柔らかな印象の写真を撮らせていただきました。一方、カジュアルなデニム着物は、あまやさんがお召しになると、まるで藍色の紬のよう。着る人によって、こんなにも上品な着こなしになるのかと、正直驚いてしまいました。
着物はたいへん奥深い世界です。着物の似合う大人の女性って、やっぱり素敵ですよね。特にあまやさんのように、ご自身で着付けができる女性は、本当に美しいと思います。私もいつの日か、さらりと着物をまとい、女友達とランチにでも出かけられるようになるといいな。




コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このたびご縁があって、素敵な女性のお写真を撮らせていただきました。
今夏、「戦地で生きる支えとなった115通の恋文」(扶桑社) という新刊を上梓された、著者の稲垣麻由美さんのポートレイトです。この本は、稲垣さんが6年もの歳月をかけて、丁寧に丁寧に取材を積み重ねて来られた“思いの結晶”なんだそう。その“きっかけ”も、まるで映画のようです。
実は、稲垣さんがこの手紙と最初に出逢ったのは2009年のこと。「鎌倉の母」とも慕う、料理研究家の渡辺喜久代さんから「実はね、あなたに見せたいものがあるの」と手渡されたのが、この手紙の束だったんだとか。それは、陸軍軍人であった喜久代さんのお父様と、お母様が戦時下に交わしたという115通の恋文でした。巡り巡って、稲垣さんの元へ届けられたのも、決して偶然ではなかったに違いありません。

恋文を手にした後、自分だけが感動して終わることだって、いくらでもできたことでしょう。しかし、稲垣さんは違いました。「私がこれを伝えなくては」とご自身の使命に奮い立ち、ペンを握り続けて来られたからこそ、この一冊の美しい本が誕生したのかと思うと、巡り逢いの不思議を思わずにはいられません。稲垣さんは、幾星霜もの歳月を経て、恋文を世に出すためにペンを持つことを許された、まさに「選ばれし人」だったのです。言葉のタイムカプセルは、こうして稲垣麻由美さんの手によって、現代に蘇ることができました。
戦後70年、「今だからこそ伝えたい言葉と想いがある」――
強烈な使命感に裏打ちされた稲垣さんの言葉たちには、声なき声を伝えたいという平和への願いが込められています。
「文は人なり」――稲垣さんの生き方そのものにも上質な感化を受けた夏でした。

【著者/稲垣 麻由美】
1968年、神戸生まれ。エッセイスト、ブランディングプロデューサー
株式会社一凛堂 代表取締役
ライター・編集者を経て執筆活動をスタート。現在は出版プロデュース、執筆の活動と並行し、経営者・政治家・ビジネス書著者を主なクライアントとしたイメージコンサルティング事業も展開。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、表参道で180センチのイケメン美大生を撮影してきました。
元々弊社の「百花」は、女性のポートレイト撮影がメインですが、実は男性版のプログラム「メンズ百花」もあって、今までにも多くの男性を撮影させていただいてまいりました。起業家やクリエーターなど、大人の男性からのご依頼がほとんどですが、今回のように現役大学生からのリクエストも大歓迎です(笑)。

今回ご依頼下さったのは、俳優志望のR君。まだまだ荒削りな部分はありますが、どこまでも清らかで、まっすぐな素直さが魅力の“ダイヤモンドの原石”のような青年でした。
何かを表現したい。誰かに伝えたい。――そう強く願っている人には誰もかないません。触ると火傷しそうなほどリアルな情熱こそが、やっぱり人の心を動かしていくのだと思います。そして私自身も、そんなパッショニストたちを応援したくて、この仕事を続けているのかも――R君を撮影しながら、あらためてそう感じさせてもらうことができました。

撮影中は、二人で映画の話をしたり、写真の話をしたり。そういえば、レディ・ガガのこんなエピソードも紹介してあげたっけ。俳優を目指しているR君には、これくらいハイレベルな言霊やプライドを握りしめてもらいたいと思って。
これは、Googleのインタビュー番組に登場した際のレディ・ガガの言葉です。
「高校の時、友達はみんな『Googleで働きたい』って言ったわ。でも私は『そこで検索される人間』になりたかったの」“When I was in high school all my girlfriends wanted to get jobs here(at Google). And I wanted to be what they were searching for.(Lady Gaga)”
R君、うんと努力して一流の俳優さんになってね。そして、一日も早く私を専属カメラマンに指名して下さい(笑)。








コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2011年に中東オマーンへご一緒させていただいて以来、書道家・矢部澄翔さんの「World Performance 世界書紀行」というプロジェクトをプロデュースさせていただいております。プロデューサーとして、またビデオグラファーとして、毎回澄翔さんと寝食を共にしながら、文字通り体を張っての密着取材です(笑)。今回は、そのシリーズ第三弾。極東ロシアのハバロフスクでカメラを回してきました。中でも凍結したアムール川の上で、10メートルの書に挑んでもらったシーンは圧巻で、プロデューサー冥利に尽きました。

10月には再び澄翔さんとのコラボ展も開催致します。書道展×写真展の他、世界書紀行全シリーズの映像上映や、澄翔さんの公開制作など、前回よりも更にバージョンアップした内容でお届けする予定です。二人のトークショーでは、各国での武勇伝や撮影秘話なども飛び出すかも知れません(笑)。詳細はまた追ってお知らせしますが、一人でも多くの皆様と会場でお目にかかれることを楽しみに致しております。

【世界書紀行シリーズ】
2011年
 中東/オマーン→ ★★
2013年 アメリカオレゴン州/セーレム市→ ★★
2015年 極東ロシア/ハバロフスク→ ★★
コラボ展「一日だけの展覧会」

コチラが予告編(約3分間)の映像です。YouTube用に少し画質を落としてありますが、ますますワールドワイドに活躍する澄翔さんの魅力と、ハバロフスクの広大な風景をお楽しみいただけましたら幸いです。
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近お気に入りのCMは、ブランコを使った演出がとってもキュートな「Air France(エールフランス航空)」のTV-CM「France is in the air」。大人の遊園地を思わせる“浮遊感”が何ともオシャレ。飛行機好きの私には、たまりません。(まんまと)また旅に出たくなりました(笑)。

CMのメイキングはコチラ。現場もめちゃめちゃ楽しそう!
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、撮影のお仕事のため、初めてロシアへ行って来ました。訪れたのは、極東ロシアの中心地ハバロフスクという街――。何と、日本からたったの2時間で行けるヨーロッパなんですよ。今回の旅は、公私共に仲良くさせていただいている、友人の書道家・矢部澄翔さん を密着取材させていただくことがミッションでした。実は2011年にも、中東のオマーン へご一緒させていただいているのですが、その時以来、彼女の「World Performance 世界書紀行」というプロジェクトをプロデュースさせていただいています。今回もオマーンに引き続き、外務省の文化事業の一環ということで、ハバロフスクの日本総領事館からお招きをいただき、二人でロシアに行かせていただくことになりました。


実は、私たちがロシア入りする前日まで、70年ぶりの大雪が降っていたとのことで、空港に降り立つと見渡す限りの銀世界。まるで物語の中に迷いこんだような、それは美しい氷の世界が広がっていました。出国前から極寒のシベリアを覚悟して行ったものの、いざ現地に着くと、拍子抜けするくらい暖かくてビックリ。滞在中はお天気にも恵まれ、元祖晴れ女は海外でも記録を更新して来ることができました(笑)。3月とは言え、屋外の気温はマイナス10度。しかし、どこへ行っても暖房設備が整っているせいか、室内ではTシャツ姿のロシア人を数多く見受けました。人一倍寒がりの私は、出発前から相当ビビっており、使い捨てカイロを山程買い込んで行ったのですが、結果嬉しい誤算と相成りました。冬のロシアを旅する際は、どうぞ「Tシャツ」もお忘れなく(笑)。

「ロシア」といえば――大文豪トルストイとか、作曲家のチャイコフスキーとか、人類初の宇宙飛行士ガガーリンなど、錚々たる顔ぶれが思い浮かびますが、正直なところ、政治情勢も不安定なせいか、行く前まではロシアに対してちょっぴり怖いイメージを持っていました。しかし、澄翔さんが「書道」を通じて、現地の人々と楽しそうに交流している姿を見ていたら、そんな不安は一気に解消!あらためて、文化の持つ底力を痛感することができました。

今回の主な行事は――ハバロフスク市内にある最古の映画館「ソフキノ」にて日本映画祭があり、そのオープニングステージで書道パフォーマンスを披露させていただいたり、ギムナジウムを訪問して8歳から16歳までの学生たちに書道の特別授業を行ったり、普段は一切撮影禁止のスパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂内で特別に掛け軸の奉納をさせていただいたり、その他にも一般市民へのワークショップや、芸術学校での三味線奏者とのコラボなど、連日分刻みのスケジュールが続きました。

そうした中にあって、「世界書紀行」のプロデューサー(兼ディレクター)として、どうしても澄翔さんにやっていただきたいことがありました。それは、凍結したアムール川の氷上で書を書いてほしいという無理難題なリクエストに応えていただくこと(笑)。ちょうど4年前は、オマーンの砂漠で、童謡「月の砂漠」を書いてもらいましたが、今回は雪の上に全長10メートルほどの和紙を広げ、澄翔さんの書いた文字が川の中に流れ込むようなイメージを演出させていただきました。題して、「氷上の詩人」。冷たい雪の上にも関わらず、上着ひとつ羽織ることなく、ひたすら書と向き合ってくれた澄翔さん。彼女の人並外れたプロ意識の高さには、ただただ頭が下がる思いです。太陽が沈み、時々刻々と青味がかった紫色に染まって行くアムール川は息を呑むほどに美しく、静寂に包まれた氷の世界は、いつしか神聖な場所へと昇華していきました。一生忘れられない光景です。これからも澄翔さんと一緒に世界中を回り、「世界書紀行」を通じて日本の文化を発信していけたら…と願っています。今回も佳き出逢い、佳き巡り合いに深謝。




コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。