TEN×TENでガラス絵の公募に出すべく、
一週間あたためてきたネタを投下してきたやまのさちです。

写真がないのでまた続報は後日!



さて、久々の狼の力作。
一山超えた!と思ってからが本番だと痛感しながら
あがいてもがいてどうにか仕上がりましたー。

経過報告一回目 ベロア描きパステル狼画 一筆目
経過報告二回目 途中経過が怖いのは毎度のことながら…【パステル狼画 その2】




$あしあと工房 in 神戸波止場町TEN×TEN-ベロア狼顔アップ



こんな感じになりました♪
全体は展示に出すかどうか決まったらアップします(*^ー^)ノ



こうして描いていると毎回思うんですが
身近に的確なダメ出ししてくれる人がいるって大事!!!
です。

うちの場合母が絵心のある人なので
ちょこちょこ母に途中経過を見てもらいます。
(しかももふスキー。自分以上に動物の美醜にはうるさい)

で、反応が「うーん…」
だと自分でどれだけ「おっしゃ完璧!!」と思ってても×。
「ウキーーっ」となりながら、どこが悪いのか唸りつつあがきます。

母から「うん、よくなったね」
という言葉を引き出せれば、概ねOK。
あとはさらに細かく見ていって、より一層完成度を高めるべく
最終微調整に入ります。

この段階でさわるのはほんのわずか。
だけど、1ミリに満たない点一つ、線一本が全体に影響する大切な工程です。
時には大胆にモチーフを削ったりすることも。
(今回は背景の木を一本消しました)


ところでこれ、円山動物園の狼祭に出すつもりで描いてたんですよ。

応募規定サイズ…額装込みでB4程度

で。
A4サイズになるようレイアウトして描き始めたんですが…
紙が大きいからついつい描き過ぎて

できた絵のサイズ…B4弱

つまり

額装したら規定サイズ大幅オーバーΣ( ̄д ̄;)

まさかのもう一枚描かざるを得ない?

そんな渾身の力作、細部をチラ見せ。



$あしあと工房 in 神戸波止場町TEN×TEN-ベロア狼首1


一山超えたー!から足し引きしてこんな段階を経て


$あしあと工房 in 神戸波止場町TEN×TEN-ベロア狼首2


ここまで描き込みました!
ようやっと今回納得のいくクオリティの狼が描けたと思います。
実際難しいのは単に細かく描くよりも、全体のバランスを取ること。
時には描き込み過ぎた部分を抑えることも必要。
そのあたりの駆け引きが画家の演出だったり、技量だったりするのかなぁ、なんて。

普段は入念過ぎるほど入念に下書きして描くんですよ!念のため。
今回下書きなしだったとはいえ、このレイアウト自体は長く温めていたものです。


それからベロアペーパーはかなり特殊です!!
普通の紙ではこんな風に乗らないのでご注意を。

AD

コメント(4)