ホテル アッシュ-Asche- **福岡市 中央区 天神 今泉 一部屋料金で利用できるホテル** 

人気の今泉ど真ん中! 天神西通りまで徒歩3分! 天神ビッグタワー3階にオープンいたしました。
新スタイルホテル『Asche-アッシュ-』です。

一部屋料金で料金できるシェアホテルとしては、日本発の旅館営業法で営業してるホテルとなります。


テーマ:

1984年に魅了されたヒーロー&ヒロイン

写真 1984年、夏休みの間にたくさんのヒーロー、ヒロインが誕生した。体操の森末慎二、具志堅幸司、レスリングの高田裕司、そして柔道の山下泰裕、さらにアメリカ代表のカール・ルイス(陸上)などなど、多くのメダリストに感動させられた。中学に上がったばかりの少年にとって、ロサンゼルスオリンピックが初めて見た世界と言える。もしも、1980年モスクワオリンピックに日本がボイコットしなかったら、テレビで見ることができていれば、ちょうどゴールデンエイジだった筆者の人生も違う道が開けていたかもしれない。アメリカとソ連(現ロシア)による冷戦の被害を間接的に受けていたわけだ。戦争のバカ。

ロサンゼルスオリンピックの3年前からバスケットを始めていた。ミニバス時代の部室にあった月刊バスケットボールにはアフロでダンクするという小学生にとってはとんどもないインパクトある写真が載っていた。一番最初に好きになったNBA選手はダンクの神様"Dr.J"(ジュリアス・アーヴィング)であり、その写真で見た選手だ。
ロサンゼルスオリンピックでのバスケ中継を見る機会は、何も知らない少年にとっては終ぞ訪れなかった。しかし、大会後の月刊バスケットボールを見て、我がバスケ部内にも「ジョーダンという何だかスゴイヤツがいるらしいゾ」という噂は広まった。今であれば、ネットで探したり、動画が見られたりするが、当時は月刊バスケットボールが唯一、そして最大の情報源だった。もちろん動いてる姿は想像するしかない。動いているDr.Jの映像を見ることができたのは、存在を知ってから6年以上経ってからだった。

初JORDANはJODANだった!?

ロサンゼルスオリンピック後、NBAシカゴ・ブルズに入団したジョーダンは、数々の歴史を作っていったことは説明不要。
ジョーダンは思いのほか早くに映像で見ることができた。報道ステーションでおなじみのアナウンサー古舘伊知郎氏が、まだテレビ朝日の局アナだった時代であり、ワールドプロレスリングの実況中継をしていた頃。当時、日曜深夜に「スポーツUSA」というスポーツ番組が放送されていた。全体像はあまり覚えていないが、動くジョーダンを初めて見た時のことは鮮明に覚えている。

日曜日の部活後、友人の家へ遊びに行き、ベータで録画された「スポーツUSA」をみんなで見た。ブラウン管の中で繰り広げられているあの跳躍力とボールを叩きつける破壊力。今となってはトレードマークとも言えるベロを出してプレイするのを初めて見た時は「舌を噛まないのかなぁ」と不思議に思った。全てにおいて目が離せなかった。と同時に、耳を疑った。
今ではアラフォー世代にとっては語り草となっているが、この番組でジョーダンを取り上げる時のBGMは決まって「JODAN JODAN」。武田鉄矢氏のフォークグループ「海援隊」のヒットソング。あまりにも映像とかけ離れたこの曲は思わず笑ってしまう。目だけでなく、耳でもやられた動くジョーダン初体験であった。

履きつぶされたカラフルなエアジョーダンの山

次なる刺激はエアジョーダン。黒いバッシュさえ見かけることが無かった時代に、ブラック×レッドという配色は、逆に嫌煙された。バッシュと言えば、ナイキもアシックスもコンバースも、白ベースに赤か青のマークと相場は決まっていた。正月にオールジャパン女子決勝で見た中村和雄氏率いる共同石油(現JX)の選手たちがチームカラーに合わせてグリーンラインのアシックスを履いているのさえ、スゲーと思っていた。
エアジョーダンは少年たちにとっては全く想像できない配色もまた話題となり、ジョーダンの名前は一気に日本のケイジャーたちに広まった。チームメイトも2人が購入し、一人は無難に白×メタリックブルー、もう一人は白×赤×黒をチョイス。田舎町には似合わないほど派手だった。しかし、1年もすれば当たり前になるもので、新1年生たちはこぞってエアジョーダンを履いていた。数ヶ月後、部室の一角に履きつぶしたバッシュの山があったが、今ではお宝とも言えるほど、様々なカラーリングのエアジョーダンが積み上げられていたっけ。

次世代ジョーダンチルドレン

ブラウン管、雑誌の中だけのヒーローだったジョーダンが、1996年ついに日本を訪れる。
チャールズ・バークレー、ジェイソン・キッド、マイケル・フィンリーとともに「Nike Hoop Heroes」というイベントに参加。ジョーダンと1on1をした松井啓十郎もそこで初めて見たわけだ。NBA引退後の2004年、美竹公園にジョーダンコート寄贈式に、今度はひっそりと来日。たまたま某テレビ局のディレクターからジョーダンの特集番組を作るのでレプリカユニフォームを貸して欲しいと言う連絡をもらい、その御礼として出没する時間と場所を教えてくれた。おかげで2度日本で出会うことができた。
我が愛しのワシントン・ウィザーズのユニフォームを着たジョーダンを本拠地で、フィラデルフィアで、そしてロサンゼルスの3箇所で見ることもできた。アメリカで生観戦した時にはすでにジョーダンの存在を知ってから17年も過ぎていた。

今、バスケ部でがんばっている子供たちはジョーダンを知らない世代へと移っていると聞く。

text by IZUMI

最強ホテル検索⇒⇒ ハッピーホテル

★お問合せ、ご予約受付中です


ホテル アッシュ-Asche- **福岡市 中央区 天神 今泉 一部屋料金で利用できるホテル** 



〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-2

携帯092-791-7779

f http://www.facebook.com/hotelasche#!/hotelasche

twitter https://twitter.com/HotelAsche

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、友人に聞いた
「クリスマスプレゼント」という
話をご紹介しますね。


海外では、クリスマスは
家族と過ごす日です。



家族でプレゼント交換をしたり、
チキンを食べたり、家族みんなでお祝いをします。



3歳のその女の子は、
クリスマスツリーの下に置く
プレゼントを包んでいたのです。



きらきらする金色の髪で、
小さな箱を包むその子の目は、
喜びで輝いていました。


そこへ、彼女のお父さんが帰ってきます。
お父さんはとても疲れた様子で、
イライラしているみたいです。


お父さんは、プレゼントを包んでいる
娘に向かって、こう言います。


「金色の包装紙を無駄にするな!」


実は、その女の子の家の生活状況は厳しく、
金色の包装紙は高価なものでしたから、
お父さんが叱るのもしょうがありません。


女の子は、とてもがっかりしたでしょう。



クリスマスの朝、
女の子は父親のところへ金色で包んだ
箱を持って行って、こう言いました。


 「はい。これはパパのため。」



父親は、自分が包装紙のことで
行き過ぎた反応をしてしまったことで
きまり悪く思いましたが、
箱の中に何も入っていないのを見ると、
またもや怒ってしまいました。



娘が悪ふざけをしていると思ったのです。


 「誰かにプレゼントをあげるときには、
  ちゃんと中身を入れておくものだ!」


涙で目を潤ませた女の子は、
父親を見上げて言いました。

 
 「パパ、空っぽじゃないわ。
  私、箱の中に投げキッスをいっぱい入れたの。
  みんなパパのためよ。」


父親は愕然として、
思わず娘を抱き締めると、何度も謝りました。


今では、その女の子も成長し、
もう父親に抱きつくような年頃ではありません。


しかし、この父親は、
それ以来何年も何年も、
自分のベッドのそばにその箱を置いておきました。



落胆したときは、
いつでもこの箱を手にして
娘からのキスを想像し、
その箱に詰まっている娘の愛を思ったのです。


なんだか、素敵な親子の話ですよね。



プレゼントって、
本当はこういうものなんだと思います。



高価な指輪やバックも素敵ですが、
心のこもったプレゼントほど、本当は
相手に伝わるのではないでしょうか?



あ~、妻よ!!娘も産んで下さーい!(笑)


(注)我が家は息子3人の「暴れん坊さんたち」(笑)


キッスをいっぱい、
正直、欲しいですね~。


最強ホテル検索⇒⇒ ハッピーホテル

★お問合せ、ご予約受付中です


ホテル アッシュ-Asche- **福岡市 中央区 天神 今泉 一部屋料金で利用できるホテル** 



〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-2

携帯092-791-7779

f http://www.facebook.com/hotelasche#!/hotelasche

twitter https://twitter.com/HotelAsche

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ホテル アッシュ-Asche- **福岡市 中央区 天神 今泉 一部屋料金で利用できるホテル** 

あるクリスマスの日の出来事です。

うちには6才の息子がいます。
我が家では、クリスマスイヴの夜、子供たちが寝静まった枕もとにおもちゃをそっと置いて、翌日の朝、子供たちが目を覚ました時に、おもちゃを見つけて、
「わ~、サンタがきた~!」
と、喜び、そして、そのおもちゃで遊ぶ、ということを年中行事にしていました。

その年もまた、同じように、子供たちの枕もとにおもちゃを置きました。
寝静まってから・・・。


次の朝、子供たちが起きた時に、「わ~、サンタがきた~!」 といつもと同じ光景が起こると思っていました。

そう信じていました・・・。


買ったおもちゃは、子供用のコンピューターでした。
そのコンピューターの電源を入れた時に、事件が起こりました。

電源をいくら入れてもつかないんです。
壊れていたんです。

お昼になるのを待って、買ったおもちゃ屋さんに電話を入れました。
責任者の方が出てこられて、こんな対応をされました。

「あー、故障ですか。それは申し訳ないですねー。
でもね、それは作ったメーカー側の責任なんです。
メーカーのお客様相談室に電話をしてください。
電話番号を言いますんでー」と。

少し「ん?」と思いながらも、おもちゃメーカーに、妻が電話をしたんです。

クリスマスの日に、おもちゃメーカーに電話してみるとわかりますが、繋がらないんですよね。

1時間に4回くらいの割合で、夕方くらいまでかけたんです。
タイミングも悪かったとも思うんですが・・・。

けれども、その日はとうとう繋がらなかったんです。

お昼をすぎた頃、息子は泣き始めました。
新しいおもちゃで遊べない。。。

泣く気持ちもわかるんだけど、その泣く息子を見て、妻は
「あんた、ちょっとくらい我慢しなさいよ」 と・・・。

これはサンタさんからのプレゼントだから、僕も
「俺らが我慢しろよってのもおかしいだろ!」
と取り乱す一幕もあったんですが・・・。


しびれをきらして、夕方4時を回ったころに、買ったおもちゃ屋さんにもう一度、妻が電話をしました。
同じ人が出てきて、同じ対応をされました。

そこで、僕はちょっと腹が立つのをこらえて、電話を変わりました。
そしてこう言いました。

「クリスマスの日、お忙しいのに、故障の電話なんかして申し訳ありません。
もう修理は結構です。もういいんです。
電話を変わったのは、一つだけ、お伝えしたい事があったんです」

「はあ?」
と相手の人は、警戒心を強められました。

何、言うんだろうな、電話を変わってまで・・・と思ったでしょうね。
僕はかまわず、こう続けました。

「僕が、そちらのお店で買ったもの、それはなんだか解りますか?
僕が買ったもの、それは・・・
サンタクロースは、子供たちの心の中にいますよね。
子供たちは、イヴの夜、サンタに会おうと、夜更かしをするんです。

一時間経っても二時間経っても現れる様子はないんです。
そして、睡魔には勝てず、とうとう寝てしまいます。

次の朝には、枕もとにはおもちゃが置かれている。

そのおもちゃを見て、
「あー、サンタは本当にいたんだー」
そう思って、心踊らされて、遊ぶ。

その夢と子供たちの感動に、僕はお金を払ったんです。

僕がそちらで買ったもの、それはおもちゃでは無いんですよ。
その夢と感動です。

だから、クリスマスに、このおもちゃで遊べる事が、どれ程大切かという事を、それだけは理解していただきたいと思うんです。

また、余裕がある時に修理の方をお願いします」

そう言いました。

そして電話を切ろうとした時です。
その人は、しばらく黙っていました。
その後こう言われました。

「お客様、時間をいただけますか?」

「お客様がお買いになった子供用のコンピューター。
超人気商品で、この店には在庫はございません」

それを聞いて、調べてくれたんだなぁと思って、胸が「ぐっ」となりました。

「でも支店を探してみれば、一つくらいあるかも知れません。
もしあれば、今日中に届けさせていただきたいと思います。
ちょっと時間をいただけますか?」

「えっ、本当ですか?本当にあれば子供は凄く喜びます。お願いします」

僕は、そう言って電話を切りました。


電話を切ったあと僕は、「頼む。あってくれよ!」と期待に胸が張り裂けんばかりでした。
そして、ピンポンが鳴るのを心待ちにして、待ちました。

しかし、夜の8時になっても、誰も来る気配はありません。
子供たちは、すっかり寝支度ができて、布団の中に入りました。

「間に合わなかったな。きっと無かったんだな。今年のクリスマスはガッカリだったな。
でも、こんな時もあるよな・・・」

と諦めていた、その時です。9時頃でした。
「ピンポ~ン!」 とベルが鳴りました。

僕は「よし、来た!」っと、小さくガッツポーズをしながらも、何食わぬ顔で子供たちを部屋に残し、玄関に向かいました。

ドアを開けたら、その人がコンピューターを抱えて立っていました。
しかも、サンタクロースの服を着て・・・。

僕は驚きました。

「えっ、サンタ?!」 と思わず口に出ました。

その人は言いました。

「サンタクロースです。お子さんをお呼び下さい」

僕は、漠然とスーツ姿の人を、想像していました。
スーツ姿で、代わりのコンピューターを持ってくる、そう思っていました。

でも、僕の前に立っていたのはサンタでした。

僕は興奮して、子供たちを呼びに行きました。

「早く降りておいで」

子供たちは、何事かと、どたどた階段を下りてきました。
そして、その人の姿を見た瞬間

「サンター!サンタだー!!」

驚きながらも、次の瞬間にはピョンピョン跳ねていました。
サンタはしゃがんで、子供たちの目線に合わせてこう言いました。

「ごめんね。サンタのおじさん忙しくてね。
壊れたおもちゃを持ってきてしまったんだ。
ごめんね。はい、これはちゃんと動くからね。
お利口にしていたら、来年もまた来るからね」

そう言って、頭を撫でてくれました。

僕は、子供たちを部屋に戻して、その人にお礼を言いました。

「ありがとうございました。本当に子供の夢をつないでくれました。
サンタにまでなっていただいて、本当にありがとうございました」

その人はこう言いました。
 
「私たちが売っている物はおもちゃではないんです。
夢と感動なんです。
忙しさにかまけて、大切な物を忘れていました。
それを教えてくれて、ありがとうございます」 と。

「とんでもないです。こちらこそ本当にありがとうございます。
こんなことをしていただけるなんて、これから僕は一生あなたの店からおもちゃを買います。
いい社員さんがいる会社ですね」

と僕はそう言いました。

その人は泣かれました。
僕も思わず泣いてしまいました。

その夜はとても不思議な気分で眠れませんでした。
眠らなくてもいい、そう思いました。

「なぜ、あの人はサンタの服できたんだろう?」
そう考えるとずーっと考えていました。

そして、いきついた言葉、それは「感動」でした


最強ホテル検索⇒⇒ ハッピーホテル

★お問合せ、ご予約受付中です


ホテル アッシュ-Asche- **福岡市 中央区 天神 今泉 一部屋料金で利用できるホテル** 



〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-2

携帯092-791-7779

f http://www.facebook.com/hotelasche#!/hotelasche

twitter https://twitter.com/HotelAsche

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。