所属する社民党が連立政権を離脱するのに伴い、前原誠司国土交通相に正式に辞表を提出した辻元清美副国交相は31日の登庁時、記者団に「国交省は利権の巣窟(そうくつ)というイメージがあったが、そうではなかった。不安いっぱいだったが、多くの職員が変えていこうという思いに賛同してくれた。辞めるのは寂しいしつらい」と号泣し悔しさをあらわにした。

【関連記事】社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

 辞表を受け取った前原国交相は「JAL(日本航空)問題で他省庁を説得し再建を進められたのは辻元さんの力が大きい」と切り出した。これに対して、辻元氏は「(今後は)野党で質問に立って、追及していく立場でご協力申し上げたい」と応じ、笑顔を見せた。

 辻元氏は着任直後から、日本航空の再建問題にかかわった。同社が会社更生法の適用を申請した1月19日前後は、日航機の運航が止まらないか寝ずに見守ったという。【寺田剛】

【関連ニュース】
鳩山首相VS記者団:「社民党の連立離脱は大変残念」5月31日午前8時28分
社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
社民党:連立離脱へ 地方、国会議員大半「容認」
社民党:政権を離脱 国会審議「是々非々」/内閣支持20%--毎日新聞世論調査

自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
テニアン市長「普天間誘致考えている」(読売新聞)
リアル!最古級!縄文のビーナス出土(読売新聞)
財政中期フレーム、会期中に=野田財務副大臣(時事通信)
<大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞)
AD