埼玉県飯能市の山中に犬や猫など約100匹の死骸(しがい)が捨てられていた事件で、県警は7日、同県三芳町藤久保の元同町議で動物葬祭業、阿部忍容疑者(71)を廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した。阿部容疑者は「悪いと思いながらやってしまった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、3月26~31日、同県飯能市坂元二ノ渡戸の山中に、犬1匹を捨てたとしている。

【関連ニュース】
動物死骸:埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い
動物死骸:犬や猫100匹…ペット葬儀業者が不法投棄か
廃棄物不法投棄:3容疑者を逮捕--今治署 /愛媛
不法投棄:潮美台1自治会、県民局、市が撲滅で協定--南あわじ /兵庫
廃棄物処理法違反:不法投棄ほう助、容疑者を逮捕--大村署など /長崎

<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…-容疑で女逮捕・福岡(時事通信)
【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
「適切な立証に努めたい」 名張毒ぶどう酒事件で最高検(産経新聞)
AD