$WO-un(ヲーウン)



【Outdoor Wedding】に関連する記事はコチラ
から。


お問い合わせに関しましてはコチラ
からどうぞ。














1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-22

森の冒険学校 9月17日開催!

テーマ:event


※このイベントは主催者の都合により中止となりました。※


「山の楽しい!を暮らしの力に」をコンセプトに昨年行われた森林体験ワークショップ&キャンプ、

山の食べ方」で近くて遠かった森への入り口を千葉市周辺へとつなげてくれたHELLO GARDENが今回、

東京芝浦にあるコミュニティースペースSHIBAURA HOUSEと共にその入り口を更に都心部へと広げます。


>>>HELLO GARDEN  >>>SHIBAURA HOUSE
 

会場は勿論私たちWO-unが管理するあわひの森。そこには電気も水道も、屋根もトイレも、

食事をするためのテーブルと椅子もありません。

そこに広がるのは大きな自然とあなたの想像力と創造力を繰り広げるための大きな余白。

その余白をカラフルに彩るのに必要なのは、ちょっとした知識と技術(ここは私たちスタッフがお手伝いさせて頂きます!)、

そして何よりも不便さえも面白がれる遊び心。



そうして創られていくのはきっと、生活と遊びが混じり合う非日常的な世界。

 でもその「非日常」には、あなたの暮らしを豊かにする沢山の栄養と気づきに満ちているはず!



以下「森の冒険学校」詳細です!
(イベントページはこちら>>>森の冒険学校-FOREST ADVENTURE-)



▲▲▲ ▲▲▲ ▲▲▲

自然の中で遊びながら「暮らし」を考えるワークショップ

都市に住んでいると、なかなか入る機会の少ない森。だけど、森で過ごす時間には暮らしを豊かにするヒントがいっぱい。そんな新しい発見を探しに、森 に入ってみませんか?木を切る、木に登る、火を起こす、音を聞く、においを嗅ぐ、草木に触れる。自然の山の中で遊びながら山を五感で感じて、自然を自分の 体の中にめいっぱい吸収したら、きっと日々の生活がもっと楽しく、もっとたくましいものになるはず。

ご飯も、寝るところも、遊び場も、トイレも、森で楽しく過ごすために必要なものは、みんなで協力してつくります。不便もたくさんあるけれど、一から なんでも自分でやってみる楽しさが待っています。大人も子どもも、自分の中にある好奇心を思いっきり解放して、森で冒険しよう!

どんなイベント?
千葉県山武市にある森で、キャンプ場とは一味ちがうアウトドアを楽しむ1泊2日のワークショップです。ご飯や寝床、トイレ、テーブル、遊び場など、森で楽しむために必要なものを、一からみんなでつくります。「楽しい暮らし」の案内人HELLO GARDENや森の案内人WO-unと共に、森のこと、森で楽しむスキルや知恵、森での体験を暮らしに取り込むヒントを学ぶことができます。2日間を通して、スタッフがサポートしますが、不便が多い場所なため、食事や宿泊などに不安を 持たれる場合にはご相談ください。

*本イベントはSHIBAURA HOUSEとHELLO GARDENによる共同企画です。 


詳細

■日時:9月17日(土)ー18日(日)
■場所:千葉県山武市湯坂〈あわひの森〉
■参加費:大人10,000円、子ども(3歳以上小学生以下)8,000円/昼、夜、朝の3食付き
■持ち物:2日分の飲み物、ヘッドライト、着替え、テント、寝袋、カップ、スプーンとフォーク、 ランタン(お持ちの場合のみ)
※テントをお持ちでない方 テントレンタル:4人用(6,000円/1組)、2人用(4,000円/1組)
1人用タープづくり: 2500円/1人
■雨天の場合:台風などの悪天候以外は、雨でも内容を少し変えて開催します。雨の場合の内容は、 後日ご案内します。
■内容:タイムスケジュールをご覧ください。詳しくは追ってご案内していきます。 
■お申込み方法:お名前、ご年齢、生年月日、ご住所、電話番号をご明記の上、 info@kohkoku.co.jp へメールにてお申込みください。レクリエーション保険に加入いたしますので、上記の情報は参加全員分のご明記にご協力ください。保険料は参加費に含まれます。
■お申し込み締め切り:9月15日まで
■定員:15組
 

タイムスケジュール



注意点

①服装について
・傾斜のある山道を歩くこともあります。山登りやアウトドアに適した靴でお越し下さい。
・動きやすく、体温調節がしやすい服装でお越しください。
・森の中では木の枝や葉っぱで怪我をすることや虫に刺されることがあります。露出の多い服は避けてください。
②環境・設備について
・水道や電気はありません。必要なものは各自でお持ちください。
・きちんとしたトイレはありません。みんなで簡易なものをつくります。
・鳥や虫など、自然の生き物たちもたくさんいます。
・ゴミは各自持ち帰ってください。
③その他
・ワークショップ参加中の事故等については自己責任でお願いいたします。
・参加者のみなさま全員に、保険に加入していただきます。(保険料は参加費に含まれています。)


Q&A

・子どもだけで参加できますか?
 →必ず保護者の方がご同伴の上、ご参加ください。 
・子どもは何歳から参加できますか?
 →ご参加に年齢制限はありません。
  年齢やスキルに合わせて参加の仕方をご相談いただき、その上で各家庭でご判断ください。
・キャンプ道具がなくても参加できますか?
 →寝袋とヘッドライトはご用意ください。
  テントはレンタルや、ご自身でDIYでつくるワークショップをご用意しています。
  調理器具などの特別な道具は必要ありません。 
・車で現地まで行ってもいいですか?
 →大丈夫です。駐車場をご用意しています。お車でいらっしゃる際は、その旨を事前にお伝え下さい。


お問合せ先
SHIBAURA HOUSE
info@kohkoku.co.jp
03-5419-6446
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-01

にわのわ2016

テーマ:NEWS&BLOG




「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」

2016年 6月4日(土)・5日(日) 佐倉城址公園にて開催!
http://niwanowa.info/


私たちは、丸太椅子などの什器貸し出しと
一時的な(有料)イベント会場として区分けするための、ナガラ材(山武杉)を利用したゲート/2ヵ所を制作します。



天気も良さそうです♪


今年もBゲートにはレシプロカル構造と呼ばれる組み方を用います。

昨年はその姿を観て「ドウナッテルノ??」と足をとめてくださる方が想いのほかおられました。

ので今年は、WO-unなりの解釈で
その[?/ハテナ]を[!/ビックリ]や[。/納得]、
にかえられるよう簡単なデモンストレーションをできたら、と考えてます。



(歴史民俗博物館側Bゲート付近で過ごす予定です。

是非お声がけくださいね!


kuri




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-31

[メディア掲載/雑誌] EARTH JOURNAL 02

テーマ:NEWS&BLOG




“今こそ選びたい生活スタイル”を考えるアナタに、、

食と自然エネルギーを楽しむ生活マガジン
雑誌「EARTH JOURNAL」vol.2

その特集[オイシイ・イナカ]へ掲載いただきました。
---


オイシイものには期限がある。

巡りがある、

それさえわかれば道はみえてくる。

与えられたものを受け取るばかりでなく
自ら変わり続けること、つくり続けること。


過去の価値は未来が決める、という。

この言葉をどうとらえるか?
それが最初の分かれ道になるかもしれない。





全国書店で、またはこちらから
http://www.fujisan.co.jp/product/1281693549/


kuri

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。