幸福度NO.1 住みたい・働きたい街東海をつくる 《ワークライフバランス東海》

多種多様な会員の持ち味を生かして
ワークライフバランスの専門的な内容から
会員の日常まで発信していきます。


テーマ:

みなさん、こんにちは。代表理事の梶川です。
今回は、『わが社のWLBの取組みシリーズ その4』です。

 

前回、アップしてから2か月以上経ってしまいました(^^; 

その時の『その3』で弊社の取組みの概念について

書きました。

 

「ワーク」は「ライフ」の一部。

 

 

だから、幸せなライフを送るには、幸せな

ワークであるべきだ

 

ということで、

「Happy Work for Happy Life」

と名付けて、活動を進めることにした

 

ということでした。

 

 

それで、実際に進めていくにあたって、活動の

3本柱を決めました。

 

詳細はホームページに掲載していますので、

ここでは根幹となるところだけ紹介します。

 

一つ目が、

「Happy for ALL」


大事なのは、みんながHappyになること。


Happyなライフのためのワークなので、

お客様をHappyにするために自分たちが

unhappyになったのでは本末転倒です。

もちろん、お客様をHappyにしないで自分たちが

Happyになることもあり得ません。


また、自分がHappyでも家族の了解が得られないような

独りよがりではいけません。

 

 

二つ目が、

「自分たちで創り上げる」

 

なりたい、ありたい ところに達するためにどうするか?

阻害するものは取り除く。
新しい発想を取り入れる。業界常識の打破です。


自分たちの働く環境だから、だれかから

与えられるものでもなく、自分たちで創り上げる。

 

そのためには、自分たちが動く。

自分たちでつかみとっていこう という考え方です。

 

 

三つめが、

「お互いを尊重する」

 

自分たちの人生ですから、その価値観は人それぞれ。

そこには立ち入りません。


ただ、社会である以上、それぞれの思いが

100%達成されるとは限りません。


でも、お互いの100%に向けて、お互いを

尊重していきたいと思います。


そのために知恵を絞る。

 

そんな会社にしていきたい ということです。

 

 

 

ここでポイントになると考えていることがあります。

 

・働く目的は ひとそれぞれ で構わない。

 お金を稼ぎたい人、自己実現したい人、社会貢献したい人...

 そこに会社は立ち入らない。

 

ですが、

・仕事の目的は共通でなければならない。

 当社のミッション(現在)は

 「日本一お客様に信頼されるパートナーとなり、

  地域の人々に安全、安心、快適な暮らしを

  提供する」

 です。このミッションに反対する人の働く場所は

 当社ではない ということです。

 

長くなりましたので、今回はこの辺で。

次回からいよいよ具体的な取組みを紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梶川 洋(かじかわひろし) 

(一社)ワークライフバランス東海 代表理事 https://wlbtokai.jimdo.com/

株式会社梶川土木コンサルタント http://www.k-cc.co.jp/

代表取締役/中小企業診断士

ー安定して業績を上げるチームビルディングで社長も社員もHappyにするコンサルタントー

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ワークライフバランス東海の会員の鈴木啓介です。

 

==========================================

 

最近、ようやく年度変わりの仕事が一息ついたように感じます。

 

皆様の新年度の滑り出しは順調でしょうか?

 

年度初めとして、個人的にはいくつか目標を立てます。

目標は< 仕事 >と< プライベート >で分けて考えます。

プライベートの方はどうしても子ども中心になり、無理せず欲張らない感じですが、

仕事はかなり高い目標にしてしまいます。

学びたい分野や挑戦したい仕事も多く、どうしても無理しがちです。

 

そこで昨年度の反省点の話をしようと思います。

 

 

昨年、保育園の父母の会の会長を引き受けていました。

 

私は毎日保育園の送り迎えをしていて、

1歳児から保育参観や懇談会も欠かさず参加していました。

妻が仕事で参加できなかった時も、お父さん一人で懇談会に出ると、

園長先生より「黒一点」とも言われたりします。

 

ママ達の輪の中でパパ代表の意見を求められるという嫌な役もありますよ。

パパはすぐおもちゃを買うのが良くないとかね(苦笑)。

 

そんな中、会長をクジ引きであたってしまい、

妻からは「よろしく」という言葉をかけられました。

 

毎月のお便り配布の手伝いや夏祭り、クリスマス会、移動動物園などを手配するのですが、

最後のかなり大変な移動動物園の行事を、私は仕事の忙しさを理由に妻にバトンタッチしました。

 

父母の会の役員って他は皆さんお母さん達です。

一年間、意見をまとめる役の難しさを感じていて、

最後は仕事を理由にしてしまうなんて・・・。

 

 

実は私、「女性活躍」という言葉が好きではありません。

何で女性に活躍って押し付けるのかなと思います。

育児や介護、家事という家庭や地域で一生懸命頑張っていると思います。

そんな中、会社でももっと活躍しろと言っていますよね。

 

 

お父さん達はこれまで通り会社で働いていればいいのでしょうか?

仕事を理由に家庭や地域に出てこなくていいのでしょうか?

 

 

男性の家庭・地域活躍って分野をもっと作っていかないと、

女性の負担が増えるばかりだと思います。

 

 

・・・と普段思っているのにもかかわらず、

いくら仕事が大変になったとしても、

保育園の会長の役目をやり遂げることができなかったは本当に反省しています。

 

 

 

やはり仕事に忙殺される前に、仕事の量・質を見極め、

生産性の向上を常に意識して、

時間と気持ちの余裕を十分に確保しないといけません。

 

 

挑戦したい仕事に、

ワークライフバランス東海を通じ、

仕事と育児で奮闘されている社員及びその組織の、

ワークライフバランスの改善のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

 

 

鈴木啓介

(一社)ワークライフバランス東海 会員

https://wlbtokai.jimdo.com/

豊田スタジアムに2度、息子とグランパスの応援に行きました。

2試合とも引き分けです。残念。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワークライフバランス東海です!

 

 

 

 

このたび、ワークライフバランス東海は

設立一周年を迎えました。

 

 

 

それを記念して、イベントを開催します。

 

 

 

有識者によるパネルディスカッションで

ワークライフバランスの最新情報を公開!

 

 

 

ご興味のある方はぜひご来場ください。

 

 

日時 :2017年5月20日(土)

【第一部】総会(会員のみ)

【第二部】パネルディスカッション

      14:30~16:00(開場:14:15)      

【第三部】講師を招いて勉強会&懇親会

      17:00~20:00

会場 : ウインク愛知 (名古屋駅すぐ) 

 

 

 

 

 

リンクお申込みはこちらからお願いします

 

 

 

今後はこちらのブログでイベントの最新情報についても

ご案内していきますのでお楽しみに!!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

ワークライフバランス東海の吉岡規子(社会保険労務士)です。 

 

介護と無縁の時は、まったく興味がなかった介護用品等です。

どこに行ったらわかるのだろう、5年前に見つけたのが、

大阪南港(大阪市住之江区)にあるATCエイジレスセンターでした。

日本最大規模の介護・福祉・健康関連の常設展示場で、
平成8年頃に作られたとお聴きしています。
超高齢社会の日本を見据えたら、
日本のあちらこちらにエイジレスセンターが欲しいです。

 

見学コースを依頼しました。約1時間30分かかります。

まずは車いすコーナーです。

私の父は足が不自由なので車いすを使います。

歩けなくても、“道具”を使うことで“移動”することはできます。

“技術”とは被介護者の不足を補うことができるのです。

 

老いていても男性。

車いすを押す私(女)より体重があるため、坂道を登る時は一苦労。
車いすにも色々あって、力が無い女性が押しやすい車いすもありました。

“技術”とは介護者の不足を補うことができるのです。

 

また住宅をイメージした場所では、
私は車いすに乗りながら、
家の廊下を進んだり、ドアの開け閉め、洗面の利用等を体験します。

廊下の幅やドアが前後に開くのか左右に開くのか、
小さな気づきがたくさんたくさんありのです。

 

案内人の方が、ここで多くの人が体験すると、
もっと優しい人達が増えるのではないか…とおっしゃっていました。

腕や足におもりを付けたり、イエローセロファンがついた眼鏡をかけると、

私の身体に負荷がかかり、歩く感覚や見えている世界が変わります。

老いていくとは辛いものです。

当たり前だったことの“当たり前”のルールが変わることを、

私達子世代が理解してあげなければなりません。

 

“技術”の発展は、人生(または生活)の質QOL(Quality of life)を豊かにすることに繋がります。

“技術”に使う人の『愛』がなければ、
それに対する満足度や幸福感、生きがいなどの精神面は豊かになりませんが、
便利な物がこの世に存在することを知らなくて、
負担に感じたり、イライラするのは残念なことです。

 

私の夢は、というか今年中に実現したいことの一つ。

これは、仕事と介護の両立支援セミナーで知り合った方にお声がけして、
『ATCエイジレスセンター見学ツアー』をすることです!

 

有言実行します(^^)

 

文責:吉岡 規子

      (一社)ワークライフバランス東海 理事

      https://wlbtokai.jimdo.com/

特定社会保険労務士・ワークライフバランスコンサルタント

仕事と介護の両立支援に関する講師・アドバイザー

仕事と介護の両立8年め

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回のブログは、木本が担当します。

3月7日に投稿させて頂いた

「洗濯機で、ワークライフバランス➀」の続きです。

 

******************************

 

前回は、ドラム式とタテ型の違いなどについてお伝えしました。

 

今回は、乾燥の仕方やその他の特徴について書きたいと思います。

 

 

まずは乾燥の仕方についてですが、

 

乾燥機能が付いているものに関しては、

湿気を含んだ空気を機外に排水するタイプと、

排気するタイプがあります。

 

排気するタイプだと、湿った空気が部屋に出るので換気が必要です。

 

気になる方は、購入の際どちらのタイプなのかご確認頂くと良いと思います。

 

 

次にその他の特徴についてですが、

各社、使う人が手間をかけずに快適に洗濯できるよう色々な工夫をしています。

 

洗剤を泡にすることで汚れやニオイをスッキリさせるものがあったり、

アイロンがけなしで着られるように仕上げるものがあったり、

洗濯槽を自動で掃除したり、イオンを発生させたり、洗濯槽に防汚コートをすることで、

カビや菌をよせつけにくくするものもあります。

 

 

ライフスタイルに合った洗濯機を選んで家事を効率化し、

ワークもライフもますます充実したものにできるといいですね。

 

******************************

木本 真実(きもと まみ)

・一般社団法人ワークライフバランス東海 会員

https://wlbtokai.jimdo.com/

・株式会社ワーク・ライフバランス 認定

ワーク・ライフバランスコンサルタント

・愛知県豊川市 男女共同参画審議会 委員

・家電の販売促進に関わる仕事などをしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)