大阪府の橋下徹知事は8日、近く発足する地域政党「大阪維新の会」について「国政に影響を持とうというスケベ心を持つと府民が離れていく」と述べ、地域政党の活動は国政選挙などと一線を画すというスタンスを明らかにした。

 橋下知事は中田宏・前横浜市長が、参院選に向けて新党結成の準備をしていることなどについて触れ「個人的な思いは控えたいが、首長経験者が国政に入ることは有意義なことだと期待している」としたうえで、「あくまで大阪を変えるという一点でやっていきたい」と述べた。

 さらに、明治維新を引き合いに「大久保利通がやったように、もう1回、白紙の状態にしないと日本が沈没してしまう。大阪のことが終われば、日本のことを考えるが、今は大阪のことでいっぱいいっぱい」とした。

 大阪維新の会をめぐっては今月1日に橋下知事を支持する議員らが府議会の新会派が結成。19日に地域政党を立ち上げる予定にしており、大阪市議や堺市議らにも参加を呼びかけている。

【関連記事】
大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」
分裂3度目、自民府議3人離脱 「橋下新党」に含み
橋下知事、新政治集団「4月中旬までに形あるものに」
山田、中田両氏ら「日本志民会議」新党結成を視野
「いい人といい政治家は違う」“迷走”する鳩山首相を批判

「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」(スポーツ報知)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
雑記帳 マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)
喫茶店に散弾銃飾る「捕まったら懲役」と自慢(読売新聞)
AD