鳩山由紀夫首相は26日の記者会見で、中央省庁の幹部人事について「官から民、民から官、もっと自由自在に行き交うことができるような役所の在り方につくり替えていくことが大事ではないか」と述べ、民間との交流を促進させる考えを示した。
 また、官僚の天下りに関しては「新政権として強く天下り根絶を期待されてきた。さらに厳しく行っていくことを誓う」と語った。 

【関連ニュース】
幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で
出向拡充で新規採用確保=総務相
来月に50公益法人選定=仕分け対象、不透明な実態続々
NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理
駐車場機構、1年以内に解散=業務は民間に委託

自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)
<プライバシー侵害>関ケ原町長に賠償命令 岐阜地裁支部(毎日新聞)
「新型インフル対策は成功」=政府諮問委員長が会見で総括(時事通信)
水泳教室の送迎バスが炎上、11人死傷 大阪・高槻(産経新聞)
非日常を身近に体験…東京湾の工場夜景(読売新聞)
AD