ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!


テーマ:






もうね、引きこもラーで仕事してますと、

誰にも時間の束縛もなければ、社長に怒られることもなければ、

自由気ままに生活し、仕事のような遊びのような仕事も

好きな時にできてしまいますから、朝のスタートが悪いと、

本当、1日ダラダラと過ごしてしまいます。





今日はダラダラ過ごすぞ!と思ってダラダラするのと、

何となくダラダラになってしまって1日が終わるのとでは、

気分も全く違うものです。





私の場合は、つじつまが最終的に合えばいいような仕事なので、

夏休みの宿題は最後の日にまとめてやる!

そんな感じでラストスパートで乗り切るのもいいですが、

ここ1年くらいは、できるだけ前倒しでやる心地良さ

そこに「快スイッチ」が入ったので、

サクサク動けています。マイケル手帳で前日に、

翌日の予定を立ててしまう、というのも

効果があったのだと思います。

そうすると、脳はそう動きたくなるので。





中には、予定や計画や目標や夢を考えたり立てたりすると、

それができなかった時に、苦しさや罪悪感、自己否定するから

そんなのはいらない、と言われる方もいらっしゃいますが、

その前提が自分を苦しめているのです





人間の機能には、未来脳がちゃんと備わっていて、

それらを計画して動けた時に、快楽物質が出て、

もっともっと動きたくなる、そして、人生の充実感、

満足感が得られるようになっているのです。





「それができなかった時に」という前提と設定を

捨ててしまいましょう。それをやっている限りできない自分を

しっかりイメージしていることになるのです。





そして、完全主義的を捨てて「できなくても大丈夫」

という逃げ道も作っておき、それでいながら、

やる気スイッチを押して行動できる

やり方を習慣化してしまうこと。





考えてみたら、やろうと思っていたことが

たったの1割できただけでもいいじゃないですか。

やろうと思わなければ、ゼロなんだから。

そう思ったら、立てた計画目標に到達しなくても、

プロセスを楽しんだ、やろうとした、という

マインドを変えようとした自分にさえ、賛辞を与えて欲しいものです。





「逃げ道」というのは逃げてもいい道なので、

楽してそこに向かいたくなることはあったとしても大丈夫。

それは自分の目標や予定をガチガチにしないためもの。

それをちゃんと備えながらも、行動していく方法をお伝えしますね。





なかなか動けない人は、

そのダルい気(ダルいバイブレーション)が蔓延しているところで、

気の重さをしっかり背負っている状態。

その気というのは、波動、バイブレーション、電波、電磁波、

赤外線、音、振動、すべて含みますが、それらが影響して、

自分自身の周波数が乱れてしまうと、なんだか重くて動けない。





「気が重いわ~」とよく言う、「気」の重さは、

自分が発する気(波動)が重いわけでして、

動きづらいのです。





そんな時にオススメは、

よく昔から言われていることとして、

気を浄化するのに柏手(かしわで)を打つ

ということを言われますが、これは部屋中の乱れた電波やら

自分のダルダルな気などを整えるのに役立つます。

あと、体をパンパン!とあちこち叩くこと。





お相撲さんがほっぺ叩いたり、

よく除霊するときなどに背中をパン!と叩いたり、

あとは、「私によく任せて!」というときに、

胸の上をポン!と叩いたりしますが(そこは免疫が高まるとも言われている)

今思えば、全部、自分の気、周波数を正しいところに

ある程度戻している行為だな、と仮説ではありますが思います。





先日も思考の遮断について書きましたが、

この流れを断ち切るのに、私自身が気に入っているのは、

パン!と柏手を打ってから動くことや、

あとは、部屋の気の重さを感じたら、空気を入れ替え、

何発も柏手を部屋中打ち回って歩き、

「よっしゃー!やるぞー!」と声をかける。

「やるぞー!」の時は、右手をグーにして突き上げる、

または、四股を踏む、などのゼスチャー付きです。





言葉とゼスチャーを侮るなかれ!





7月発売の運の本にも書きましたが、

やる気の出るゼスチャーをすると、

体の中にある物質を放出します。

それは後のお楽しみ、とうことで。





さて、長々と前置きでしたが、

(え?こっから本題?笑)本題は短く。





やる気スイッチって、結局は

「少しでいいから動く」ことなのです。

本の少しでもいいから動くことで、

やる気のスイッチが入るのです。






脳にある「側坐核」が刺激されることで、

作業興奮となり、神経細胞が活性化されて、

もっと動きたくなる。ということ。





動かなければ、ずっと動きたくない

動けば、もっと動きたくなる





これがやる気スイッチなわけです。

「まずや動けや!」という一行で済むことを

親切に、前もって予定を立てることの益や、

柏手やゼスチャーなんてことまで説明してあげる私って

なんて親切~♬ヒュ~♬ (笑)





あと、「動けない動けない」「難しい難しい」

という自己暗示もやめましょうね。

言葉は、暗示を脳内にしっかりかけてしまいます。

どうしてもそれを言いたい時は、言い放ったあとに、

プラスの言葉で閉める癖付けをしましょう

言いたんですよね。言うことで安心したいから。

なので、例えばこうです。




「ああ、動けない。でも!ちょっとなら動けるよね!」とか

「難しい・・・でも、大丈夫!本当は簡単なんだよね!」とかね。

大人のほとんどの思考がネガティブなのは、

幼少時代からの親や大人の暗示がしっかり

かけられているからです。





我々はもう大人なので、

自分でいい暗示をしていきたいものですね。

ではまた明日。



いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(15)

ワタナベ薫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース