ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!


テーマ:

こんにちは。ワタナベです。

昨日は朝から晩まで出かけていて、ただ今深夜12時に

頭がもうろうとした中ブログ記事上げていますが、

誤字脱字、いつものようにあるかもですが、

今日はもっとあるかも(笑)お許しを~。



今日はめっちゃ、眠いので簡潔な記事です。



よく私たちは他人にイライラさせられた、という言い方をしますが、

イライラさせられた、と思っていると、他責の人生になってしまいます。

他責とは、思いどおりに物事が運ばない時に、それを自分以外のもの

状況や他の人などのせいにしようとする傾向



つまり、常に周りの誰かのせいにして生きていくことになります。

その点、コーチングでは自責、つまり人生のすべての責任は自分にある

ということがベースです。



なので、イライラしても、「他人にイライラさせられた」のではなく、

「自分がイライラした感情をチョイスして、イライラしている」

・・・という理解になります。



ゆえに、イライラしたときには、素直にこう思うのです。

「あ、私イライラした感情を選んだ」って。

こう思いますと、違う感情も選べるんだ、ということになります。



そして、もしイライラや、怒りと言う感情をチョイスしたくなかったら、

一つ提案がございます。それは、イライラや怒りの感情をチョイスする前に、

ワンクッション置いてみること。これはビジネス書の中でベストセラーである

「7つの習慣」の著者、コヴィーの勧めでもありますが、ワンクッションです。

つまり、次の感情エネルギーが起きる前に、クッションを置いてみる。



$美人になる方法



ワンクッションって、どうやったらワンクッションだと思いますか?

人によって様々だと思うのですが、もしかしたらそれは、

そこで深呼吸を数回することだったり、本当に相手と自分の間に

イメージのクッションを置くことかもしれませんし、

または、そのイライラや怒りのエネルギーが頂点に達する前に、

自分のフォーカスしているものの対象を変えてみるとか・・・



いろいろとあるかもしれませんが、

イライラさせられた、といつもいつも思ってばかりいますと、

自分の責任逃れをするようになるので、感情のすべては

自分が選んでいる、ということをまずは理解してみましょう。

そうしますと、他の人へのイライラも少し減るかもです。



今日の記事はここまでです。

たまには短い記事もよいですね(^∀^)



フェイスブックいいですね~。ブログではどなたが読んでいるか?が

わからないですが、フェイスブックの記事では、「いいね!」ボタンというのが

ありまして、そこを開くと誰が訪問してくださったか、わかるようになっていて、

セミナーご参加者様や、いつもみるお名前などを見つけることができ、

本当にうれしい気持ちになります。



フェイスブックでは、日常の日記や教訓的な記事も加えて、

一日数回記事更新をしております。ブログの一番左のメニューバーに

ワタナベのフェイスブックのページがありますので、そこから入って、

フェイスブックのアカウトとってみてください。



そして、今後音声プログラムの受講生さんやセミナー受講生さんの

フォローアップを兼ねて、非公開記事などもやっていく計画でおります。

なので、読者様はアカウントと私への友達申請しててくださいね。

その際、メッセ―ジで自己紹介をお願いいたします。それがないと

承認できない場合がございますのでよろしくお願いいたします。




それでは、楽しい日曜日を!また明日ー。




快便は美容と健康の土台。天然オリゴ糖





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ワタナベ薫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース