アクセスランキング
2017-05-12 12:41:25

あきらめないと言う人ほど、やめちゃうのはなぜ!?

テーマ:大好きだけで生きる秘訣
【あきらめないという人ほど、やめちゃうのはなぜ!?】

いつも見守って下さり、心からありがとうございます☆

魔法の言葉セラピスト☆ぴこたんこと、江藤崇彦です♪


今日も応援クリックを、心からありがとうございます☆
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ


先日、愛する妻のゆりちゃんと、NHKBSのグレートレースという番組を見ている時、思わず二人で、顔を見合った瞬間がありました☆


今回のグレートレースは、カナダの北極圏567キロを、1週間ほどで、走破するという極めて過酷なレースです。

参加者は、20名ちょっとくらいで、毎年、わずか3割くらいの人しか、完走しない、すごいレースです。


そこで、ある選手が、3日目くらいで、カメラに向かって話しているシーンがありました。

彼が、口から何度も言っていた言葉が、

「あきらめない」(never give up)というフレーズ。。。


漫画とか、ドラマとか、映画とか、多くの人が見るものは、たいてい、その多くの人の現実を作る原因となる程、幸せ度が低くなる原因になります。


売れるためには、多くの人を対象にせざるを得ないため、

多くの人たちが集まるようなものには、「普通」になってしまう原因の言葉が満載なのです。

人は、共感するものに集まるので、人を集める側も賢いから、「普通の人が共感する言葉」を用意します。

そしてその言葉は、決して、より幸せにしていく言葉ではなく、普通にしてしまう原因となります。

辛いレベルの人なら、それはプラスになり、励ましの言葉になりますが、

普通よりは幸せ度が高いレベルを望んでいる人にとっては、望んでいることを遠のかせてしまう言葉たちなのです。


この「決してあきらめない」というフレーズも、漫画とかで、あなたも良く知っているのではありませんか?

「僕は、夢を諦めないよ」というフレーズを、良い言葉だと勘違いしていたり。。。


現実には、言葉に、良い言葉も、悪い言葉もありませんが、

必ず、原因と結果の因果関係があります。


つまり、その言葉を言えば、こういう結果がきますという、結びつきのようなものがあるのです。


これらの基本的な仕組みは、とても簡単です。

潜在意識は、主語と否定語を理解しない、という法則です。


例えば、「あなたは、あきらめる」と言えば、「私が、あきらめるよう」な行動を将来行ってしまう、という結果がやってきます。

「あなたは、あきらめない」と言えば、「私が、あきらめるよう」な行動を、将来、「行ってしまう」という結果がやってきます。


とってもシンプルだから、一生覚えておくと、あなたにとっては、素晴らしい結果を引き寄せるために活用ができる金言です。


主語を理解しないということは、相手に対していうことも、相手がそうしたと思ったことも、すべて、あなた自身がこれから行う行動や、見たり聞いたり、体験すること、になってしまうということです。

あの人は、ひどいと言えば、自分がひどい行動をしてしまう。

あの人は、ひどくないと言えば、自分がひどい行動をしてしまう。

素晴らしい人たちは、この「ひどい」という単語そのものを全く使わず、代わりに「素晴らしい」というフレーズを使って話すような、感じになります☆


さらに、否定語を理解しないということは、

〜しないというフレーズを言えば、かえって、それをするはめになるということです。


あなたがもし、なかなか望み通りにならないと思っているのなら、あなたは、望みを言う(思う)代わりに、望んでいないことを、しないように思っている可能性が高いかもしれませんね♪

怪我をしないように、と言えば、怪我をする確率が上がり、

間違わないように、と思えば、間違う可能性が高まる。


学校や、普通の人間が決して言わないことですが、

引き寄せの法則や、ザ・シークレットや、一流の自己啓発では、必ず書いている常識のようなお話です☆


ゆりちゃんとも私も、それくらい知っているので、

「あきらめない」なんて言葉を言っている人を見たこと自体が、とてもレアで、びっくりしました。

ちなみに、

グレートレースに参加している人で、その番組で話された部分では、彼以外の人で、「あきらめない」と言った人は、一人もいないのです。


私もゆりちゃんも、「決してあきらめない」なんて言葉を使った彼が、実際に完走するのかどうか、と〜っても興味津々でした☆


というのも、言葉は、それだけを話すわけではないですよね。

人は、だいたい1日に、7万語ほど話していて、そのうち500語〜3000語くらいの同じ言葉を繰り返して使っています。

だから、グレートレースで、完走するかどうかは、

完走する原因となる言葉と、完走しない原因となる言葉を、

どちらをどれだけ頻繁に、どれだけ感情を大きく伴わせて思っているのかの、綱引きのような形で、現実化されていくからです。


たった1回、「あきらめない」と言っても、「ゴールするんだ!」とか「時間内に、ゴールをしたら最高だ!」という「望みを実現する原因となる言葉」をより多く、より感情を高めて言っていたら、そちらの方が、より現実化されます。


番組では、その後の彼の話す言葉が、どう変わっていくのかも、楽しみでした☆

ところが、番組では、それ以降、彼が出てくるシーンは、ありませんでした。。。


日本人の選手の方がゴールをなさって、いよいよ終わりになった時、完走者全員の名前が、出て来ました。

全員で、7名!


やっぱり、彼はいませんでした。。。


彼は、僕は絶対あきらめないということで、私たちの予測通り、しっかりと、あきらめておられました。


グレートレースは、そもそも参加しようと思うこと自体が、信じられないほどレアなことです。

参加することだけに、数百万円はかかってそうですし。

だから、彼がそれに挑戦をし、実際に参加なさったこと自体、心から素晴らしいと、私は尊敬しています。


その上で、引き寄せの法則や、言葉の法則から、とてもわかりやすい例だと思い、

あなたにお話することで、望みを実現していく秘訣を、お話していこう☆と考えています☆


ゆりちゃんも、私も、予想通りだという感じなのですが、

こうした常識を、あなたがまだ身につけていないのなら、もう一度復習です。


「あきらめない」と言えば、「あきらめる」のです。


では、同じ過酷なレースなのに、実際に完走した人たちは、いったいどんなことを考えていたのでしょうか?


あきらめないというフレーズを一切使わないというのは、具体的にどんなことを考えて、思っているから、ゴールなさったのでしょうか?


引き寄せの法則を学んでいるつもりの方々は、たくさんいらっしゃると思いますが、

「あきらめない」という一言が、「あきらめる」ことを引き寄せていると、理解している人は、

もしかしたら、あまりいないんだろうと思います。

漫画やドラマや映画や小説など、そして学校で教えている教師の方々やサラリーマンやOLの人たちは、

そういうことで、くるしい現実を耐える選択をなさっておられます。

もちろん、そうした選択も素晴らしいですよね☆

人は、それぞれの価値観で、すでに幸せに生きておられますから、それでいいわけです☆


だけれど、今のあなたが、同じように、「あきらめない」と言えば言うほど、「あきらめてしまう」ことになっていることに、気づいていないのなら、

ここで学んで、ご自身の思考を改善することは、あなたのさらなる幸せを選ぶことにつながることでしょう♪


もし、あなたも、これくらいごく基本的なことを、知らなかったのなら、

あなたの幸せのために、望んでいることを引き寄せるために何をすれば良いのかを、

大きな勘違いをしているのかもしれませんね。


身につけるべきことは、「多くの人が言っていること」や「普通の人が言うこと」ではなく、

望み通りに生きている幸せな人たちの価値観や言葉です☆


原因と結果の法則があるわけですから、その答えを引き寄せる原因を知っている人は、時とともに、どんどん望み通りにご自身の現実をしていきます☆


現実が、どんどん望み通りになっていくのです☆


実際にゴールをした人たちが考えていたことから、あなたの望みを実現するヒントが隠されています☆

あなたは、このお話に、ご興味ございますか?

詳しいお話は、3日後に、

こちらの【女性専用】の無料メルマガのプレゼントメール

で、お話させて頂きますね☆(受け取るには、登録後にクリックが必要です☆)


私は、あなたのことが大好きです☆(^0^)

あなたが何をしても、しなくても、私は、あなたのことが大好きです☆

今日もご縁を深めて下さり、心からありがとうございます☆

あなたが、ますます幸運に包まれますように♪

ぴこ
_____

【応援ブログランキングクリック☆】

↓↓↓↓↓↓



応援クリックをなさって下さり、心からありがとうございます☆
大好きです☆

_____

アメブロさん、素晴らしいブログをご用意して下さり、心からありがとうございます。

アメブロさんのおかげで、こうしてブログを通じて、人とのご縁を頂いています。

アメブロに関わって下さっている方々、心からありがとうございます☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

魔法の言葉セラピスト☆ぴこたんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿