2006-10-16 00:50:42

TV On The Radio "Return To Cookie Mountain"

テーマ:US Rock
もう一つのブログ にかかりっきりで、こちらは10月に入ってからの更新が全くされていませんでしたけど、本日からちょこちょこと再開したいと思います。今回に限らず、ここはかなり不定期な更新状態ですので、覗いていただいている少数派の皆さん、ありがとうございます。

さて、本日からしばらくは、今年に入ってから出たアルバムを中心に紹介して行きたいと思っています。

関連性のあるアーティストの連鎖エントリは一先ずお休みして、ちょっとは溜まってきた新譜など。新譜紹介はThe Replacementsの"Don't You Know Who I Think I Was ?" 以来でしょうか。

今日の一枚は、デビューアルバムでいきなり高い評価を受けて、サマーソニックでも去年すばらしいパフォーマンスを披露してくれたTV On The Radio(以下TVOTR)の2作目"Return To Cookie Mountain"です。

もう晩秋にもなろうかという時期ですから、サマソニっぽいのはどうもなぁ、と思っていらっしゃる方がいたら、一先ずそれは杞憂というものだと申し添えておきます。


Return To Cookie Mountain


このアルバムをまず新譜紹介のトップにしたのは、前回紹介した2枚のアルバムをプロデュースしたJon Brionが関わったKanye Westの"Late Registration"の質感になんとなく近いものを感じたからです。そのアルバムについてはここでは詳しくは述べませんけど、2つのアルバムの共通項について一つ言えるとしたら"どちらもかなり先鋭的なことをやっているのに、聴いてみた後の感触は非常にオーソドックス"という事でしょうか。それに音自体も、決して尖り過ぎている感じは受けません。

ボーカルがブラックの人であることは大きく関係してくるのは勿論なんですけど、両アーティストともにR&B・Hip Hop・Rock・Popそんな垣根を飛び越えて音を鳴らそうとしているところ、その感性が似ているように感じます。そういうハイブリッドな音楽性を持っていても、聴いてみるとポップな印象が残るようなアーティストがいたよなー、と思っていたらPrinceもそうでした。

そういえば、TVOTRのVo.もファルセットを多用していたりして、どことなくプリンスにも通じるものがあります。彼が80年代に鳴らしていた音ほど弾けた感じは当然ながらありませんし、Princeが一番弾けていた時期にはHip Hopはそれほど主流ではありませんでしたけど、それでもTVOTRがプリンスあたりの影響も受けて、その音楽に取り込んでいることは想像に難くありません。

当然のことながらも、TVOTRはバンドですからKanyeやPrinceのように一ソロアーティストとしての個性や多彩なゲストを活かして作った音というよりは、バンドとしてのまとまりがそこにはあります。それに前作を作った後のツアーでの経験もそこには盛り込まれているのか、よりライブ感も増しているように聞こえます。ライブでの彼らを見たことの無い人に想像しろというのは難しいかも知れませんが、ライブでの彼らはかなり肉体派な一面を見せてくれます(YouTubeのこちら などを見てもらうと良く解ると思います)。アルバムでは数々の実験精神を発揮しながらですので、ライブ盤での興奮をそのまま!という即物的な訳ではないのは、もう言うまでもないでしょうか。リズムが躍動的であったとしても、全体の印象は非常にクールにまとまっています。夏の暑さの激しさというよりは、寒風吹きすさぶ激しさのようです。

そんなTVOTRの新作を、是非ともチェックしてみてください。

・TV On The RadioのMP3はこちら で(insound
・彼らのオフィシャル
・彼らのMySpace
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

withinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。