With Cattleのブログ

〜福島旧警戒区域:命ある全ての牛たちのために〜


テーマ:
ウィズキャトルへの応援・支援をして下さった皆様へ


いつも温かいお気持ちを頂きましてありがとうございます。

2013年11月に発足して以来、北関東を中心に不要となった牧草ロールを集め、福島県浪江町の「希望の牧場」へと運び込みました。ロールの行く先は希望の牧場を主とし
他、被災牛を保護している20キロ圏内の農家さんへと配られました。

当初は震災後3年余り過ぎて新しく発足した団体に支援が集まるとは考えられず、その行く先に不安を感じましたが沢山の方々から沢山のご支援を頂き本日まで餌となるロールを運び込む事が出来ました。

発足するに至ったのは、希望の牧場・事務局が牛の餌となる牧草の万年不足により牧草集めに集中出来るような人材を望まれていた所から、賛同した永澤・ 和田が20キロ圏内の牛たちの餌を確保するべく立ち上げました。

その冬の餌不足はどこも深刻でした。

目標は2014年春までに3000個・同時に今後の牛たちの餌の確保を目標としました。

2015年6月末にて北関東の農家さんのご協力で集まった3000個以上のロールは希望の牧場へ運び終わりました。まだくまなく探せば那須近辺に不要なロールはあるかもしれませんが、それにかかる費用・時間・品質を考えこれで那須周辺の牧草ロール探し及び運送は終了したいと思います。

ウィズキャトルとしての今後の活動は以下の通りです。

1、毎年、牧草が作られる5月には不要となったロールを無料あるいは実費で希望の牧場に搬入する
2、那須の農家さんが富岡町の松村さんの為に実費で作って下さった牧草ロールの運送手配
3、北海道から不要ロールの運送手配

上記の2、3の牧草ロール代、運搬費は富岡町の松村さんが支払らわれる事から、ウィズキャトルとしての募金依頼は8月いっぱいにて停止させて頂きたいと思います。

この先、どの様な活動をして行くかを決定した時点で資金が必要であればまた募金のお願いをさせて頂きたいと思います。

ご質問がありましたら下記のメールアドレスにて返答させて頂きます。
info@withcattle.org


With Cattle
永澤敬
和田生
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

With Cattleさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

プロフィール
  • お住まいの地域:福島県
  • 自己紹介:東日本大震災により発生した福島第一原発事故が引き金となり、20キロ圏内(旧警戒区域)には沢山の家畜が... 続きを見る
カレンダー
<<4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りブログ
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。