World Autism Awareness Day.

テーマ:

先日4月2日は国連が定める"世界自閉症啓発デー"
でした。

この活動に対し、うっすら把握はしていたものの
深める機会が今までありませんでした。

ウィズがオープンするにあたり、専門的な分野からも知識を広めたい‼︎
そんな想いから...今日は虎ノ門まで来ております(°▽°)📝



みんなのさらなる笑顔の為に✨
山根ちゃんは頑張るからね(*´꒳`*)


後ほどレポート致します。
では、午後の部頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界自閉症デー2017

シンポジウムを終えて

 

 

参加させて頂いてから早1週間。

ご無沙汰しております。山根です

 

なかなか続きが書けずじまいでいました。が、

今ある気持ちとともに後半をあげますので

お時間ある方はお付き合い下さいませ。

 

 

 

シンポジウムの内容はこんなものでした。

 

{DB6D2555-B8A3-4916-876A-C6482ED89643}


開会式から始まり

 

一部では各市町村の代表者様から、障害者支援への取り組み等の発表がありました。
 
どちらの地域各所での取り組み方も素敵な内容でした。それとともに、浦安市で行われている地域活動への取り組む現状等深く知りたいと感じました。
 
 
浦安市は助成金制度など、放課後等デイサービスを利用するにあたってとても手厚く支援して下さる街です。しかしながら....
"支援学校"とゆう、もっとも需要が高い学校が市内に無いのですね。
 
 
必要なお子様はみんな市川まで車やバスで通っているのが現状なのです。
 
手厚いとゆってもまだまだ足りてない現状を、
どうしてなのか調べたくなりました。
(各所の支援学級は学校独自のカラーで先生方も熱心。先生方にはその子の特徴や成長過程などあらゆる方面からご指導頂き、とても有難いです。)
 
 
 
午後は
マスメディアを通しての効果的な伝え方を、ゲストの皆さまとディスカッションされていました。
 
そこには当事者や家族の思い
活動に対する熱意
メディア側の偉大な効力...の深い内容がぎゅっと詰まっておりました。
 
 
お恥ずかしながら...ここで話題とされた事件等過去の情報に疎い私。内容もさながらノー知識である事が情けなかったです。
 
 
 
これ程までに本気で向き合い、障害をお持ちの当事者にとって良い伝え方、広がり方がないか
懸命に向き合い考える人が沢山いる。
 
 
 
 
自分のあり方、またこの環境で働いていることの喜びと難しさを痛感した時間でした。
 
 
 
 
ゆってしまうと....
泣きっぱなしだった訳です。
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に小学生が書いた作文
障害福祉賞で選ばれた優勝賞作品の発表とお話を聞くことが出来ました。
 
 
 
そこには兄弟愛、家族の愛
夫婦や支援施設の重要さ、必要性が分かりやすく述べられていました。
 
 
自閉症、発達障害、鬱、知的障害
 
 
みんな当事者と本気で向き合いヘトヘトになっても深い愛情で包まれている。そんな暖かい光景が何度も何度も見えてきます。
 
 
また、支援施設が当事者やご家族にとってとても重要度の高い無くてはならない存在であり、
私たちも本気で応えるには誠意だけではなく、知識も理解ももっと高めて精進してくべきだと改めて感じました。
 
 
 
 
 
私はこの放課後等デイサービスのお仕事を始めて丁度1年です。
元々高齢者福祉を仕事としてました。学生の頃から選んだ道でしたので、それ程迷うことなくやり甲斐もあり続けてました。
 
児童支援に関わったのは異動とゆうきっかけだけでした。それまでは私が子どもと関わる仕事に就くとも、やってみようという気持ちも無かったのです。
 
 
 
 
そんな私がウィズに出会い、
自分から初めて"児童支援"という道を選び、指導員として日々過ごしています。
 
 
毎日があっとゆーまに駆け抜け💨
ふと行き着く時に"あー、今日は子どもたちに何がしてあげられたかな。"教えてあげられたのかなーと振り返るのです。
 
 
 
 
子どもの笑顔は宝物です💎✨ウィズのスタッフは管理者を始め子どもたちの笑顔が大好き
 
笑顔は伝染します
 
 
 
そんな子供達やスタッフといるだけで私も笑えるのです。
 
 
 
 
お子さんのお話をしているお母様のお顔を見るのも好きです。お子さんへの愛情が伝わってくるから....❤
 
 
ふと考えます
 
 
 
明日は何しようかな?
どこ行こうかな..?
 
 
 
 
数年後どんな子に成長しているのだろう!
 
何が出来るようになっているのだろう。
 
 
 
成人になるまでの今の子供たちをずっとずーーっと見守っていきたい。
 
 
 
 
 
 
言葉足らずでまとまりが無いですが、このシンポジウムを通して山根が感じたことはこのブログ内に書ききれませんでした。
 
 
それはこれから、ウィズの子どもたちに1つでも2つでも伝えてあげたいっ🎁✨
そう思います。
 
 
 
 
"みんなと一緒に山根さんもおーっきくなるよう
頑張るよ🌱"
 
 
以上シンポジウムの内容でした。
長文で失礼しました。
 
AD