1 | 2 次ページ >> ▼ /
Tue, February 28, 2006 05:31:02

時に環境を変えるのは良いこと

テーマ:ブログ

書店でありながら、立ち読みOKの古本屋って結構最近よくありますよね。

B●●K●FFとかB●●KMARKETとか色々。

漫喫やネットカフェの拡大によって本の売上なんてのも結構きびしいんじゃないでしょうか?


そんな、厳しい売上競争の中、こんな書店もあります。

書店にカフェが併設していて、好きな本を数冊、

売り物の本を数冊そのカフェに持ち込んで読んで良いという、、、

素晴らしく消費者に優しい書店もあります。


買う意思もなく、

ただ立ち読みがしたいって人であってもOK。

立ち読みなんていわないで、

こっちで座ってお読みくださいといわんばかりの好待遇。


実際問題として、

カフェに座るには何かしら注文はしないといけないわけだけど、

高価な本を一冊買うよりもはるかにリーズナブル、

ちょっと雑誌を読みたいときとか、

待ち合わせで時間があるときもとても便利だよね。


なんて前置きをしながら、



最近自宅では勉強すにくいのでそぉーいう環境のいい?!所にいって勉強したりしてます、

少し調べ物がしたくなったりしたら本棚へ(笑)まるで図書館にいるよな状態。

図書館までの交通費を考えるとこっちのほうが近いし便利なんだよね。。。


時々気分でいろんな所に繰り出してみたいなぁなんて想っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, February 25, 2006 23:23:08

わずかでも目指す方向へ 鮮やかな記憶が突き動かす

テーマ:ラルクアンシエル


My beloved season calls me


because I always feel you in me



大きな意味でのlove song


RSGでの復活からしばらくはkey wordとして「未来」ってモノが見え隠れしていた気がしたんだけど、

Link及びAwakeあたりから、また新しいというわけはないのだけれど「大きな愛、無償の愛」といった

大きな意味でのlove song的な流れが最近来ている。


これがkey wordとして、新しいわけではないと言ったのは、666におけるsweet vanillaを始めとした

作品でもこのような傾向は以前から見受けられていたからである。誰かに、みせてあげたい、何々してあげたい、という奉仕というのか、なんというえばうまくいえるのかわからないけれど。ひたすら直向に、誰かのために・・・、という、誰かを幸せにすることによって、結果として自分も幸せになれる?みたいな気持ちなのか、定かではないが。


もちろん復活直後のrsg,living in your eyes,invitation to freedom,killing me,new worldという一連の流れの中でもその様な片鱗は見受けられるが、どちらかというと上に述べたような、「未来」というkey wordの方が表に立ってるように感じた。


こんな風に振り返ってみると、逆に浮かび上がるのは叙情詩であったりする、この曲を聴いて虹らしい感じを受け取ったのはおそらく僕だけではないだろう。この曲を聴いていると「未来」よりも「過去」に重きをおいているようなニュアンスを感じる。



the love to you is alive in me everyday


For love you are aside of me everyday


この英語詞に叙情詩のすべてが集約されていると感じた、といことは以前の記事でも描いた記憶がある。


未来をみつめながらも、時に過去に縋る。そしてまた、明日への階段を歩み始める。後ろを振り返ることは

悪い事ではない。時に振り返ることは、人が前に進んでいく上で不可欠なことなんだと想う。

そんな人間らしさを醸し出させる近頃は、昔も曲によってはそぉいうモノもあったが、

以前よりも「気持ちの入り方」に重きをおいていて、テクニックよりも真っ向から勝負するというような

より感情が表に出でいるように感じる。



時々泣きそうになります。



昔が人の形をしたアンドロイドであるとすれば

今は、アンドロイドの形をした人間のような感じであろうか。


昔は、綺麗なものは綺麗なままで、一点の曇りもない方が美しいと想っていた。

今も、こぉゆう気持ちは完全には消えないけれど、粗があってこそ美しさが引き立つというか、

それがいいスパイスになる、いい味を醸し出すのかもしれないと想うようになった。



How many cuts should I repeat?

How many fates should I accept?

Does it have an end?



You taught me how to love.

I feel . I can do anything.



My beloved season calls me

because I always feel you in me




もう発売していたんだね、最近情報に疎くてしばしばTVでお目にかかることができない時があるのですが、、、それはそれとして、今夜のCDTVとMFはちゃんとチェックしたいと思います・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, February 13, 2006 17:09:47

いつか生まれ変わる世界がその目に届くといいな

テーマ:ブログ

音 


ひとつ 


甦る 


記憶


愛しく



想った



音が外れててもいい。

声が出てなくてもいい。

つくりものの美しさ。

洗練されたモノを求めているわけではない



もっと人間臭さを、感情を、より表現できるほうがよっぽど素晴らしいと想う。

きっと君たちは昔よりもおおきくなったんだろう。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。