【2018年度  親子組はぐみぃ 登録説明会のお知らせ】

森のようちえん ウィズナチュラ の親子組「はぐみぃ」は0歳児〜2歳児までの親子のクラスです。

コロコロ転がるドングリを追いかけたり、カサカサ落ち葉に寝転んだり。
川にバシャバシャ入る子、石のかげに隠れているカニをじっと見つめている子。転んで抱っこ〜とお母さんに抱きついたと思えばもう笑っている子。
親子組はぐみぃは、子ども、そしてお母さん一人ひとりのペースで自然を感じ、自分の心を感じ、親子ともに成長していく、そんな場です。

{D7A81F6C-8C9B-4DAF-B0C7-0EF2C9C604A8}



【当日の主な内容】
10:00〜  ・「親子でハッピー〜森のようちえん的子育て」代表岡本より
                ・親子組(0、1歳児クラス、2歳児クラス)の活動について
                 ・質疑応答
〜12:00  ・終了

☆13:00まで1階休憩所にてスタッフが個別にご相談など対応させていただきます。ぜひ交流してください。

☆親子組の活動は、まだお子様の産まれていない妊婦さんが一人で参加することもできます。

☆2歳児クラスは森のようちえんに入園を希望される方が優先となります。他園に入園が決まっておられる方はご遠慮ください。

・日時
2018年 2月28日(水)10:00〜12:00

・場所
明日香村健康福祉センター たちばな 会議室1.2(2階の部屋)
奈良県高市郡明日香村大字立部754

・参加費
500円

☆託児はありませんが、会場内後方にキッズスペースを用意しています。ゆるく見守らせていただきます。

☆説明会会場内は飲食不可のため、食事等は1階休憩所をご利用ください。


親子組はぐみぃ登録説明会のお申し込みは hugme2016.withnatura@gmail.comまでお願いいたします。
タイトルに「親子組はぐみぃ登録説明会参加希望」とお書きいただき、
・お子様のお名前
・生年月日
・ご住所
・説明会当日連絡の取れる電話番号
・親御様のお名前と年齢
をお知らせください。
ご連絡お待ちしています。

{9A477E76-0680-4239-A969-5533852B5516}


AD

おむすびの会

去年の秋、自然料理家の田町まさよさん(たまちゃん)に"おむすびをむすぶ会"を開催して頂きました。
 
たまちゃんから教わったことの中には、ナチュラが大事にしていること、大事にしたいことがたくさん詰まっていました。
"おむすびをむすぶ"の中に詰まった大事な感覚をナチュラの子どもたち一人一人が自分の中に落とし込み、それが次へ次へと繋がっていってほしいなという想いで、月1回おむすびの会を続けています

 
昨日は2回目。
「おこめのなかにもかみさまがいてるねん」
「おにぎりはギュッてにぎるけど、おむすびはやさしくにぎる」
「やさしくやさしくあらうねん」
たまちゃんに教えてもらったことを思いだしながら、お米を洗い、土鍋で炊き、おむすびをむすびます。
 
今はやりたい気持ちが先走る。
やりたい気持ちも大事だけど 
お米の気持ちになって、どんな風に洗われたら心地良いかな~自分の心地良い感覚を思い出してほしいな。

 
「さいしょはつよいひ。ぐつぐつしてきたら、ゆげがでてきたらよわいひにするねん」
火にかけ、お米がグツグツ煮えてきた音や匂いを嗅ぎ五感の感覚を取り戻す。
 
「うわぁ~おいしそう~!」
「はやくたべたーい」
ふっくら炊きあがったお米を見て子どもたちの目が輝きます。
 
ご飯の温かさを感じながらやさしく握っていく。
 
ただ握るんじゃなくて、お米を感じながらやさしくやさしく。
やさしく自分を包み込んであげるように。
今自分はどんな気持ちなんだろう。
自分を感じながら握ることを大切にしていきたい。

 
自分を感じながらやさしく握ったおむすびを頂くことでさらに自分が愛しくなる。
私はそんなおむすびを食べると心が温かくなる時もあれば涙が溢れそうになる時もあります。
 
子どもたちも自然とおむすびの交換が始まります。
「○○のはあまいあじがする」
「○○のほうがやわらかい」
その子を感じ受け入れる心だったり、お米や塩の甘み、固さなどを味わうことで味覚や食感などの感覚も研ぎ澄まされるなと感じます。

 
自分を感じ、自分と繋がる感覚。
 
自分軸を整える、取り戻す感覚。
 
おむすびをむすぶの中に詰まった大事な感覚を落とし込めた時、子どもたちはどんな風に変わっているだろう。
 
これからの未来を生きていく子どもたちはずっと自分を好きでいてほしいな。
 
(スタッフ&のいちご保護者   花)

AD
【シェア歓迎/先進自治体が大集合!『“森と自然を活用した保育・幼児教育”自治体勉強会』を関西でも開催!(1/26・大阪)】
近年、欧米では幼児期において外遊びを義務化する動きの広がりなど、グローバル社会を「生き抜く力」を育むために、森と自然を活用した“保育・幼児教育”を推進し、“保育・幼児教育の質”を高めたり、“森林環境教育・森林ESD”推進したり、“地方創生・移住促進”を図る自治体も増えています。

そこで、2018年4月に新たな「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」が導入されるタイミングに合わせて、その動きをさらに拡げるために、11月に東京で開催して好評だった標記勉強会を、関西でも開催いたします

関西では、①認証・認定制度を創設している鳥取県・長野県・広島県に加えて、②子育て支援・林務・環境と多様な部署で支援策を講じている三重県・岐阜県・石川県、さらには③基礎的自治体レベルで移住促進等の側面を含めて支援策を講じている鳥取県智頭町、兵庫県多可町、島根県津和野町の事例紹介も行うなど、内容充実です!

さらには、翌日には林野庁近畿中国森林管理局の主催で、「森のようちえん」や「認可保育園」等の幼児期を含めた『森林環境教育(森林ESD)活動発表・意見交換会』も開催!
 
1日目(1/26)は行政の支援施策を、2日目(1/27)は森林を活用した具体的な教育内容を学べる充実の2日間。是非、多くの皆さまのご参加、お待ちしております!

◆“森と自然を活用した保育・幼児教育”自治体勉強会 in 関西(1日目)◆
【日程】2018年1月26日(金)13:30~17:45(受付 13:00~) 
【会場】林野庁 近畿中国森林管理局 4階 大会議室 
【主催】(公社)国土緑化推進機構 
【共催】林野庁近畿中国森林管理局、鳥取県、長野県、広島県(一部申請中) 
【参加費】無料 
【定員】100名(定員になり次第、締め切ります)
☆詳しくは、コチラ↓

◆平成29年度 森林環境教育(森林ESD)活動報告・意見交換会(2日目)◆
【日程】2018年1月27日(土)10時~18時 
【会場】林野庁 近畿中森林管理局 4階 大会議室 
【主催】林野庁近畿中国森林管理局
【共催】(公社)国土緑化推進機構、(特)近畿環境市民活動相互支援センター 
【参加費】無料 
【定員】100名(定員になり次第、締め切ります)
☆詳しくは、コチラ↓

{F029D2EB-3113-4D13-A5E7-E5E7C5D803FC}

{56660712-8E8E-4DB6-8AFF-B2AD7292C418}




AD