学びと教えへの導き

テーマ:

学びと教えること

 

前回の記事で、聖書をお教えさえて頂いていることについて、ちょこっと書いたのですが・・

 

次は英語を教えることになりました・・・

 

これは、たいしたものではなく、仕事上英語の勉強をせざるを得ないかたがいて、英語でラインに付き合うだけのものです。

 

 

ですので、わざわざ何月何日の何時 的に時間を作ってレッスンしてというものではありません。 レッスン内容を考えたり、テキストを用意したり等々は今の私には不可能なので

 

ただ単に英語ラインをする 要は英語に慣れるということを目的にスタートしたのですが

 

やってみて初日につまづきました。 手強い。

 

 

相手の方が理解できるセンテンスを作ること

 

相手の方の今のレベルにあわせた文章で、返信することが結構難しい

 

そして相手の方のセンテンスの間違えを、どうやって指摘するか、今はまだ文法のレベルを考えて、今はまだ指摘しないほうがいいのか

指摘したほうがいいのか その点から考えることに。。 

 

 

そもそも自分の文法の自信が無いのですが・・(笑)

 

で出した結論は、今はとにかくく苦手意識をなくしてもらうため、間違えてもいいから、どんどんぶつかってもらおう。継続を目標に楽しんでやってもらおう

 

なので、今は本気の文法の小難しいことを言うのはやめておこう 楽しんでもらうことを考えよう でした。

 

で、ふと気づきました「教える」 

 

今の私への導きは「教える」ということのようです。

 

 

そしてそのために自分自身も勉強するということなのだと・・

 

実際英会話も2ヶ月前に突然、英会話のレッスン受けようと思い立ち、英会話の授業を受け始めたばかり

 

2ヶ月前・・ 2月 私の精神的辛さがピークに達している時期に、聖書の勉強も、英会話の勉強も突然スタートし

そのどちらも、4月から人にお教えさせて頂くことになっていました・・・ 導きってすごい!

 

どちらも私にとって大切な2つを学び、そしてお教えさせて頂く展開に

 

 そう考えると、すごく辛かった時期も、全てが天が計画していたことの一つであり、何ひとつ無駄ではなかったのだ・・と思いました。

 

あの辛かった時期、私のした選択は間違えではなく、聖書を学ぶこと、英会話を学ぶこと

 

それらは自分で決めたようであり、本当はもっと大きな力が動いている導きだったのだと

 

今になって気づきました。 全ては祝福されていたのだと・・・

 

やっぱり天の愛ってすごい・・!

 

 

 

 

AD