1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年03月01日

ヨンジ「KARAのお姉さんたち、メイクの時も正しい姿勢…自己管理が徹底している」

テーマ:KARA



KARAのヨンジが、少女らしい魅力を引き出した。

ヨンジは最近行われたファッション雑誌「CeCi」とのグラビア撮影で、幻想的な魅力を持った少女に変身した。

その後続いたインタビューでヨンジは、KARAの新メンバーとして加入し、どのように適応したのかという質問に「それは、私がKARAというグループを好きだったからでしょう。練習生の時の月末評価では、KARAのお姉さんたちの歌を流して練習したりしました。そして、お姉さんたちがよく面倒を見てくれます。年末の受賞式が終わってファンたちが詰め掛けた時に、スンヨン姉さんがここで道に迷ったらダメだと、手をしっかり握ってくれました」と、KARAのメンバーに対する感謝の気持ちを伝えた。

すでにデビュー9年目のグループとなるKARAのメンバーたちにどのような点を学びたいかという質問には「お姉さんたちは練習する時、たった1回でも本当に死ぬほど力を尽くします。一日も休まずに。休みの日があっても運動をしたり、自己管理をします。今では私もいつが休みなのかが分かると、運動やレッスンのような他のスケジュールを入れます。全てお姉さんたちを見ながら学びました。お姉さんたちはメイクしてもらう時も姿勢が正しいんですよ。いつも自己管理をしているんです」と答えた。

また、学生時代に関する質問に「私は本当に男の子のようでした。毎日サッカーをしながらヘディングし、一年で眼鏡を最高6個壊したこともあり、ギプスをよくしていました。ある日、先生に『まだギプスがとれないの?』と聞かれて『先生、その時は左側で、今は右側です』と答えたほどでした」と、予想外のキュートな魅力を明らかにした。

ヨンジは昨年5月、KARAの新しい末っ子メンバーとして加入し、各バラエティ番組での突拍子のないハツラツとした魅力で多くの人々に支持を得ている。





野生児ヨンジが美少女ヨンジになったイエ~イ!!!!!



AD
2015年02月27日

ソジン知人語る、「何度もデビューが失敗に終わった。挫折感が相当あっただろう。」

テーマ:KARA


[ヘラルド経済=キム・ジユン記者]

やっと二十四. 花のように美しい年齢に身を投げたペイビーカラのソジンがデビューを目前に置いていつも失敗に終わった事実が伝えられた。

ソジンの知人は27日ヘラルド経済に“ソジンはペイビーカラの前にも何度もデビューが失敗に終わった。これに対し挫折感が相当あっただろう”と残念だといった。

この知人は“ソジンは2012年にもアイドルコンセプトと合わない20台という理由でデビューが延ばされたことがある。それでもソジンは午前にアルバイトをして夜には練習生生活をしてきつく持ちこたえた”と伝えた。

引き続き“その後にも誠実に練習生生活をしたがDSPは永らくトレーニングを受けたソジンの代わりに、今しがた迎え入れたばかりのホ・ヨンジを最終的にKARAのメンバーでデビューさせた”と話した。

また “カラープロジェクト放送出演者中心に作られた新しいガールグループ‘エープリル’にもソジンは結局除外された”と付け加えた。

実際にソジンは5年間も練習生身分だった。

昨年5月にはMBCミュージック‘カラープロジェクト:カラーザピギニング’を通じてそのように望んだデビューに一歩近付くこともした。



やっぱり僕はDSPが彼女の心を打ち砕いたと思う。

デビューさせるさせる詐欺で少女の青春を夢を奪ったと。

ヨジャチングの女の子ともう一人の3人組でのデビューが流れて、それでも諦めず練習を重ねKARAメンバーに入るチャンスにかけた。

結果はヨンジに栄冠が下り、彼女は天を見上げてまたデビューできなかったと嘆いた。

それでもBabykaraの人気とチーム内のリーダーという位置から彼女は次こそ間違いないと思ってたはず。

3度目の正直でデビューが叶うと。

で、なければKARASIAでBabykaraを登場させたり年末企画を組んで彼女たちを再びファンの前に登場させたのはなんだったの?

ぬか喜びさせたかったの?

ファンの誰もが残ったメンバー全員が同じチームでデビューすることを望んでるのに会社の都合で人数減らしてコンセプト変えて・・・

ファンの期待も思いも無視した。

G-friend、Loveryz、若く溌剌としたコンセプトのガールズグループに人気があるからそっちに方針転換ですか?

5人組と聞いたときユジやチェウォンはまだ練習期間が短いから次なのかと思った。

まさか本命のソジンが外されるなんて・・・

持ち上げて持ち上げて夢膨らませてズドンと落とす

金儲けの為なら血も涙もない会社ですね。

双方合意の上で契約解除?

よくもぬけぬけと。冷たく切ったの間違いじゃないの?

だから絶望したんだろ?

3度目のチャンスを。ファンの。メンバーの思いを無視して潰したDSPの功罪は大きいよパンチ!

AD
2015年02月27日

知英、近況を公開…より成熟した美貌

テーマ:KARA
美しいらぶ1




元KARAのメンバー、カン・ジヨンが近況を公開し、注目を集めている。

カン・ジヨンは27日、インスタグラムに「私はどこにいるでしょう(Guess where I am!!)」というコメントとともに写真を掲載した。カン・ジヨンは強烈な目でカメラを見つめている。

KARAから脱退した後、日本で活動中であるカン・ジヨンは、さらに成熟した美貌で視線を引いている。
AD
2015年02月26日

【SCAN】知英 for Hanako N°1082

テーマ:KARA
2015年02月26日

ティパ・ハラ・ミンキー・Girl'sday、ピンクウィングスキャンペーンの輝くスターたち!

テーマ:KARA
2015年02月26日

"ラブリー、神秘的な少女"...ヨンジ、最年少の逆襲

テーマ:KARA



[Dispatch =ソンスミン記者]

KARAのホ・ヨンジが神秘的な魅力のグラビアを披露した。

ファッション誌「セーシー」は26日午前3月号に掲載されたヨンジのグラビアカットを公開した。清楚な顔で少女の画像を演出した写真であった。

ファッションはラブリーた。ウェーブした長いヘアスタイルとカラフルな衣装で春感を充満した。アプリコット光ミニドレスは、美しい魅力を加えた。メイクもちゃっかりした。真っ赤なボールタッチで恥ずかしがり屋の少女の姿を表現した。

KARAに適応するようになった所感も明らかにした。「私が「KARA」と呼ばれるグループが好きだったからだろう。練習生の時月末評価を見ると、KARA姉の歌を流して練習しましたよ」と、「あまりにも姉がちゃんとしてくれる。年末授賞式が終わってファンが殺到したときスンヨン姉がここで道失ってしまわないようにと言いながら、手もしっかり取ってくれた」とメンバーに感謝の気持ちを伝えた。


2015年02月26日

「透明人間」ク·ハラ、「エレベーターガール」に変身"愛嬌爆発"

テーマ:KARA



ク·ハラがエレベーターガールに変身して嵐愛嬌を披露した。

25日放送されたKBS2「透明人間」ではチャンスウォンとク·ハラが出演して会社員たちと一緒に愉快な笑いを伝えた。

この日のク·ハラは、最初の状況劇ランナーに出た。彼女が引き受けた役割は、まさにエレベーターガール。エレベーターの中で出勤をする会社員を迎え応援をするのが「エレベーターガール」ク·ハラの役割であった。

ところが、ク·ハラは開始前から「気づいてもらえなかったらどうしよう」と心配した。これについてMCカン・ホドンは「ハラの知らない人がどこにいるの?」と言ったが、ハラは「デパートやスーパーで普通にエレベーターに乗っても気づかない人がかなりいる」と告白した。これにハハは「アピールしてよ」と直球アドバイスに笑いを伝えハラは、蒸気した表情でエレベーターに乗った。





こんなエレベーターなら1,000円払っても乗りたい。1万でもいいかなきゃー
2015年02月26日

「透明人間」カン·ホドン、ク·ハラ登場に「人形が歩いてくる!」美貌絶賛

テーマ:KARA



「透明人間」のMCカン·ホドンがゲストハラの美貌を賞賛した。

2月25日放送されたKBS2「透明人間」には、ク·ハラとチャンスウォンが出演して会社員たちと愉快で楽しい時間を過ごした。

この日の放送オープニングでハラが登場するとMCは、大きな歓声をあげた。特にカン·ホドンは「人形が歩いてくると思った」と美貌を賞賛し、他のMCたちもカン·ホドンの言葉に激しく共感した。

以来、カン·ホドンはハラに「今日撮影のための秘密兵器があるのか」と質問し、ク·ハラは「笑顔」と答えたり、明るく笑って見せ、男性ファンの心をときめかせた。特にこの日ハラはエレベーターガール変身、回復若々しさを誇って視線を集中させた。


2015年02月25日

DSP、BABY KARA出身ソジンさんの訃報にコメント…1ヶ月前に契約解除

テーマ:KARA



DSPメディア側がBABY KARAのメンバーだったソジンさんが死亡した事実を確認した。

25日、DSPメディアの関係者はTVレポートに「本日突然悲報を聞いた。残念だ。まず、遺族のために私たちができる部分を手助けしなければならない」と辛い心境を表した。

ソジンさんは昨年、ケーブルチャンネルMBC MUSICMBC MUSIC「KARA PROJECT-KARA THE BEGINNING」に出演した。当時、ソジンさんは「楽しく生きるのがモットーである。考えてみれば、辛くて堪え切れない、このような瞬間は時間が経過すれば、すべてが幸せだった瞬間として思い出される」と涙を見せた。

ソジンさんは「その時はそうだったが、過ぎ去ってからは大したことなかったなと思った。その時から、しんどくても楽しもうという気持ちで生活を楽しんでいる。そうじゃなきゃだめだ。しがみつかないとと思っている」と胸の内を打ち明けた。

「KARA PROJECT」を終えたソジンさんは、大邱(テグ)にある家に戻って過ごしていた。しかし25日午前、アパートに倒れているのを発見され、病院に緊急搬送されたが死亡した。また、練習生生活を送っていたDSPメディアとは1ヶ月前に双方の合意のもと、契約を解除したことが知られた。


DSP公式声明

こんにちは。DSPメディアです。

本日報道された故アンソジンの悲報と関連して公式立場をお知らせします。

長い時間当社で練習生として過ごしてきた故人の突然のニュースに残念な気持ちと哀悼の意を表します。

24日の夜、遺族から連絡を受けた当社の関係者は、故人の弔問を終えた状態であり、若い年齢で亡くなった故人の冥福を心から祈ります。

遺族は、現在深い悲しみに沈んでおり、故人と関連した内容の言及を自制してほしいという立場と一緒に静かに故人の最後を一緒にしたいという意思を伝えてきました。

したがって、遺族の意向により、このような公式の立場をお届けします。

本気で推測性記事や悪意のある表現の自制をお願いします。

ご冥福を祈ります。

ありがとうございます。
2015年02月25日

死亡した「KARA」候補生ソジン、座右の銘は「楽しく生きよう」だった…

テーマ:KARA



ガールズグループでのデビューを夢みて「Baby KARA」として夢を追っていたソジン(23)がこの世を去った。訃報に衝撃が走る中、ソジンの過去インタビューでの発言に注目が集まっている。

 ソジンは昨年放送されたMBCミュージック「KARAプロジェクトThe Beginning」内で「(心に)傷はたくさん受けることになると思うが、それらは全て向けられた関心だと考え、一生懸命に練習して、舞台でよい姿をお見せし、そのような(良くない)声を聞かないように私が努力しなければ、と考えている」と語っていた。

 また「楽しく生きよう」を自身の座右の銘に選び、涙をみせる場面も。ソジンは「楽しく生きることが私の座右の銘。考えてみると、ただつらく弱っても、そのような瞬間も時間が経てば、全ては幸せだった瞬間として記憶されるもの。全てが良い思い出になると思っている」とし、「本当に頑張るという言葉が自然と出てくる」とし、出演のきっかけと明かしていた。

 同プロジェクトは、これまでDSPメディアで数年間、全体的なトレーニングを積んできた6人のメンバーで「Baby KARA」を結成。過酷なトレーニングを経て、「KARA」メンバーに選ばれるため、ミッションを遂行していくプロジェクトだった。ソジンは最終オーディションで脱落していた。また、最近DSPメディアを去り、故郷の大田(テジョン)で生活していたことが確認されている。

 一方、ソジンは24日午後2時17分頃、大田にあるアパートの花壇で倒れているのを発見された。通報を受けて駆け付けた救急隊によって近隣の病院へ運ばれたが、死亡が確認された。



アイドルになるだけが人生じゃないのに夢破れて生きる力を見失ってしまったのかな?

共にDSPで練習した仲間たちがG.FriendやAprilでデビューしていく・・・

自分との対比に耐えきれなかったのかな


あまりにも惜しい

泣き虫ソジン

天国でやすらかに。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>