ハーストーリィプラスさんと有福温泉さん企画。石見に行こう!プロジェクト。で機織り体験。
その2

順調です。
うつくしい糸をバックに。
モデルもうつくしい!




わたしの一枚目、赤を締め色に、このあと合計6種類の糸を使って、「そんなに使った人は初めて!」と言われました。
でも、なかなかの出来映え。



工場の奥は大きな機織り機が並んでいます。


若い職人さん。


キビソ肌友だちを織っています。
糸が固いから扱いが難しいんですって。


仕事人の顔はうつくしいですね!




並んで織ったり。撮影したり大忙し。



一枚織ったらカフェタイム。
皆さんと色んな話をしましたよ。
西陣織の帯を作っていた時代からの色んなこと。


笑顔。


笑顔。




良いですねー!



さて、二枚目は
たて糸に色をいれて、横糸はあえての一色。
そして、ねじって織ってみる。

友達はおすすめのマロンカラー。


ワタシは元気な赤で!

たて糸がたてラインをつくります。

中島みゆきの「糸」が頭をグルグル。



完成でーす!

が、、これでは終わりませんでした。

こちらではキビソ肌友だちの他にも、やわらかい
大判ストールを作っています。

もちろん正絹!
これが!
軽い!柔らかい!温かい!
一生ものだと思うので、真剣に悩む悩む。


わたしは着物のときにも使いたいので少し渋い色にしました。



いまではこの方しか織ることが出来ないんですって!記念撮影。



そんなこんなで、長々とお世話になったみなさんとランチョンマットを持って記念撮影。


こちらの体験は
いわみんで申し込めますよ!

ここから、いわみんの伊藤さんがガイドでついてくださいました。
素敵な体験を教えてくださってありがとうございました!

さて、お宿に行く前にちょうど夕刻。
夕陽の時間です。

やさか村ワタブンアートファブリックの皆さんに見送られ夕陽をみに向かいました。

AD